仕事が早い人遅い人の違いと遅い人のための2つの改善策

人間嫌い
仕事の疑問

仕事が遅い人と早い人はどの会社にもいるはずです。

 

では、そんな遅い人と早い人とでは何が違うのでしょうか?

 

今回は仕事が遅い人と早い人の違いと、仕事が遅い人の改善策を書いていきます。

 

仕事が早い人と遅い人の違いって?

 

仕事が早い人と遅い人の違いというのは、やはりやり方の差異などもあるとして、その心構えに差があるといえるでしょう。

 

仕事が早い人というのは、指示を出されたら、すぐにアクションを起こし、すぐに行動に移す方が多いです。

 

つまり、仕事に取り掛かり始めることも非常に早いです。

 

しかし、仕事が遅い人は、指示を出されてからも、後回しにしてしまったり、悩んだりしている時間が多く、すぐに仕事に移ることができない、ということなどが挙げられます。

 

このように、仕事が早い人と遅い人は、最初の取りかかり方で差があるといえるでしょう。

 

また、仕事が早い人は常に時間に気を配り

 

  • 自分が作業をしている間にも作業時間がどれぐらいかかっているのか?
  • ほかの仕事に影響していないのか?

 

ということなどを考えてテキパキこなしています。

 

しかし、仕事が遅い人の場合、時間に気を配らずに、自分の作業だけに没頭し、やたらと丁寧に作業をしてしまう、ということなどが挙げられます。

 

このため、仕事が遅いと自覚しているのであれば、時間配分などに工夫をすることが必要です。

 

手を抜いていい部分、また丁寧にやる部分、このあたりを、明確にしましょう。

 

周りのことなども見ながら、作業をすることが必要となります。

 

仕事が遅いといわれている人は、その自分の心がけ次第で、仕事を速く済ませることもできますので、まずは心がけを変えてみることが必要です。

 

指示されたらすぐに行動に移す、ということをまずは実行しましょう。
スポンサーリンク



関連記事→仕事での完璧主義は損?損をしないための治し方

 

仕事が遅いなら、ほかの人の仕事を見て盗む

 

仕事が遅いということで悩んでいる方は少なくありません。

 

いくら丁寧に仕事を仕上げていたとしても、仕事が遅い場合、早い人と比べて評価などは低くなりがちです。

 

場合によっては、もっとテキパキすませて、と上司に怒られてしまうこともあります。

 

そこで、仕事が遅いと悩んでいる方は、どのように改善していけばよいのでしょうか?

 

まず、仕事が遅いという悩みがある場合、他の人の技術を盗むということが必要とされます。

 

たとえば、同じ作業をしている先輩などがいた場合、どのようにやっているのかな、ということなどを見ておくようにしましょう。

 

そして、その仕事のやり方、その方法を盗むという方法がお勧めのです。

 

仕事が遅い人の中には、仕事のやり方や、段取りなどがよくわかっていないということが多く、やり方が分かっていないので、もたついてしまったり、戸惑ってしまうため、仕事が遅くなってしまうのです。

 

このため、人がどのように仕事をこなしているのか、という点などを見てみることにしましょう。

 

そしてそれを参考にすると、とても役立つことが多いです。

 

ビジネスにおいては、上司、先輩や、また仕事ができる人の技を盗むことが、成功するための秘訣であるとよく言われています。

 

仕事に関するスピードにも、同じことが言えるでしょう。

 

仕事が早いといわれている人が社内にいる場合には、その人のやり方や方法などを真似てみるといった工夫が大切であるといえるでしょう。
スポンサーリンク



関連記事→今の仕事向いてないかもと思ったときに知ってほしいこと

 

仕事が遅い人が工夫するべきこととは?

 

仕事が遅いという自覚がある人、仕事が遅いとよく怒られる人は

 

まず仕事をする前に、その仕事はどうやったら早く終わらせることができるのか?

 

ということを考えるようにしましょう。

 

仕事のやり方には、さまざまなやり方がありますが

 

どうやれば早いのか、ということを考えながらやるとよいでしょう。

 

また、周りの人をうまく使うとよいでしょう。

 

たとえば、周辺で手が空いている人に手伝ってもらったり、だれでもフォローが可能なことであれば、フォローをしてもらうなど、工夫をしましょう。

 

そのためには、普段から人徳があるということが必要です。

 

人徳があれば、こういったときに、誰かがフォローをしてくれるものなのです。

 

また、仕事に取り掛かる前に、スケジュールなどを管理するとよいでしょう。

 

作業時間を何時間とるのか?

 

またどのぐらいのペースで仕事をするのか?

 

ということなどを考えるようにしましょう。

 

仕事が遅い人は、こういったことを最初に考えることをせず、ひたすら作業をするだけの人というのが多いです。

 

また、作業内容でわからないことがある場合には、すぐに聞くなどをして、解決することが必要です。

 

わからないまま進めていると、さらに作業が遅くなってしまいます。

 

仕事が遅い、というのは、ビジネスにおいて致命的であるといわれています。

 

いくら丁寧な仕事をしたとしても、時間がかかってしまいすぎると、迷惑がかかってしまいます。

 

このため、これらのことに気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ