仕事をしていて「涙が出るくらい辛い」と感じた時の対処法3選

仕事が涙が出るくらい辛い
仕事上での心の悩み

仕事をしていれば誰でも「辛い」と感じることがあるものです。
中には「涙が出るくらい辛い」と嘆いている人もいるにちがいありません。

 

単なる「辛い」というレベルを超えてしまっているのですから、かなり深刻な事態と認識すべきでしょう。

 

今回はそんな涙が出るほど辛いと感じたときの対処法を3つご紹介したいと思います。

 

1.社内の人に悩みを打ち明け相談する

その際の対処法としては、やはり人に相談するのが一番です。

 

涙が出るくらい辛いということは、何か明確な理由があるはず。

 

「なんとなく辛い」という程度なら、そこまで悩むことはないでしょう。

 

その理由について、一度自分で整理してみましょう。そして、その悩みを社内の誰かに打ち明けるのです。

 

一人で悶々と悩んでいても、悩みや問題はなかなか解決しません。

 

相談する相手としては直属の上司がベスト。

 

ただし

 

「その上司との人間関係が最悪で悩んでいる」

 

「パワハラ上司こそ涙が出るくらい辛い原因」

 

関連記事→パワハラが辛いと感じている方ができる解決方法を考えてみた

 

というケースもあるに違いありません。

 

その場合は、部署内の年長者や親しい先輩に話すといいでしょう。

 

あるいは、就職する際にお世話になった人事の担当者の方が、悩みを打ち明けやすいという人もいるかもしれません。

 

いずれにしても、自分より上の立場の人や先輩に、正直に悩みを打ち明け、アドバイスを求めてみるのです。

 

仕事の内容に問題があって辛いと感じている場合などは、例えば社内の人事異動によって悩みが解決される可能性が大きいでしょう。

 

そうした具体的な解決策が、相談から生まれてくることも十分考えられます。

 

自分一人で悩んでいても、それは不可能なことですから、ぜひ、適切な人に話をしてみてください。

 

社内にカウンセリング窓口のようなシステムがあるなら、上司などに話をする前に、まずはその窓口に行ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク



 

2.がんばる目標を設定し、「ごほうび」を用意する

 

涙が出るくらい仕事が辛いという状況で働き続けるには、何らかの具体的な目標を設定したほうがいいでしょう。

 

たとえば、「次のボーナスまで、なんとか続けよう」というように自分で決めるのです。

 

もしボーナスの時期が比較的近いのであれば、これはかなり有効な目標設定になるはず。

 

同様に「夏季休暇まで」とか「正月休みまで」というように、「楽しみが待っている時」をがんばる目標にすると、辛いなりになんとか続けられるものです。

 

辛さのレベルがさらに深刻で、とてもそんな先の目標設定はできないというケースもあるでしょう。

 

その場合は「次の給料日まで」「週末まで」というように、より短いスパンの設定に変えることをお勧めします。

 

「今日1日がんばる」という目標設定をして、1日1日それをクリアしていくという方法もあります。

 

目標設定とともにお勧めしたいのが「自分へのごほうび」を用意することです。

 

例えば「次のボーナスが出るまで続ける」という目標にした場合、そのボーナスで自分へのごほうびをするのです。

 

夏季休暇や正月休みを目標にするのなら、その休みでを利用した、自分にとって最も楽しいことをごほうびにするといいでしょう。

 

いずれにしても、何か具体的な「楽しいこと」を目標クリアの「ごほうび」にすれば、モチベーションがアップし、辛いなりに仕事を続けていける可能性が高まります。

 

そのように仕事を続けていくうちに、状況が変わっていくということもありえます。

 

もし、「もう少しならがんばれそう」という精神状態であるなら、こうした「先延ばし対処法」を試してみてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク



関連記事→自分の仕事に対して目標を決めることがなぜ大事なのか?

 

3.転職を想定した事前準備を始めてみる

 

涙が出るくらい辛いという状況で仕事を続けることには、限界もあるに違いありません。

 

関連記事→仕事に限界が来てしまった場合の3つのケース別対処法

 

上記のような対処法を試してみても、事態がまったく改善されない、あるいは辛い状況がさらに深刻化しているというケースでは、当然、転職も選択肢の1つになります。

 

何も今の仕事に命を賭ける必要はありません。職業選択の自由が保証されているのですから、その権利を行使することを考えてみましょう。

 

関連記事→必ず知っておきたい転職準備のノウハウ3つ

 

ただし、現在の仕事は続けながら転職活動をした方が、うまくいきます。

 

転職にはお金も時間もかかります。退職して無職になってから転職活動を開始するのは、金銭的にも精神的にも、かなり危険なのです。

 

そうしたリスクを避けるには、今の仕事は続けたほうがいいでしょう。

 

「いずれ、転職すれば、この辛い状況とサヨナラできる」

 

という意識が生まれれば、辛さはそれだけで軽減されるはず。

 

前項同様、この場合は「転職するまで」というのが努力目標になると考えていいでしょう。

 

もちろん、仕事を続けながらの転職活動はある程度制約されます。

 

ですから、まずは無理なくできる「自己分析」と「情報収集」から始めてみるといいでしょう。

 

自分は今までどんな仕事を経験し、どんなキャリアを身に着けてきたのか、自分のやりたい仕事、自分に向いている仕事は何か、ということを自己分析によって把握するのです。

 

また、実際にはどんな転職の求人があるのか、どんな雇用条件なのか、転職活動に必要な心構えは何かなど、転職のための情報も集めてみましょう。

 

こうした下準備をしっかりしておけば、もし退職しても、転職実現までの時間が短縮できます。

 

また、そうした準備を進めていくうちに、涙が出るくらい辛いという状況や気持ちが、好転することもありえるのです。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ