圧迫面接の対応例

就職の悩み

みんなが恐れる圧迫面接への2つの対応例

投稿日:

転職活動、就職活動をしている方が恐れる圧迫面接。

 

今回はそんな圧迫面接の2つの対応例をご紹介したいと思います。

 

圧迫面接ってなに?正しく理解しよう

 

企業の採用試験では面接は非常に重要なものだといえますし、面接の出来次第で合格できるか不合格になるのかが決まってしまいます。

 

そんな重要な面接の中で企業側が参加者に仕掛けてくるのが圧迫面接と呼ばれる面接方法です。

 

圧迫面接とは

 

わざと参加者の精神を揺さぶるような行いや態度、言動を用いて精神的圧迫を行う面接方法のことを言います

 

圧迫面接の存在を知らない参加者の場合には、精神的圧迫により面接が上手くいかなくなる場合や、厳しい言動などで言いたいことが言えなくなるという状態に陥りやすくなります。

 

圧迫面接とは参加者のストレス耐性を測るために行われる方法です。

 

この時点で取り乱したりストレスに耐えられないと判断されてしまうと、その企業での採用は難しいと判断されてしまう可能性が極めて高くなってしまいます。

 

何故圧迫面接のような精神的圧迫を強いるような面接を行うのかというと、社会人としてスタートした新入社員は精神的なストレスを受けやすく

 

少しストレスを受けただけで退職してしまう

 

仕事が出来なくなってしまう

 

ということが非常に多いためです。

 

企業側もせっかく雇い入れた社員が精神的ストレスですぐに辞めてしまうと困りますので、面接の段階でストレス耐性の高い人材を出来るだけ採用しようとしてきます。

 

そのための圧迫面接であり、圧迫面接は嫌がらせで行っているのではなくこれも面接の質問などの一環として行われているものだと理解する必要性があります。

 

上記のことを踏まえてその対応例をこれから紹介していきます
スポンサーリンク



関連記事→転職活動に疲れたあなたに送るコトバと確実な改善策

1.圧迫面接で嫌な態度を受けても動じない精神力を持とう

 

圧迫面接の場合、そのほとんどが参加者の精神を揺さぶる態度や言動を行ってきます。

 

まず態度に関しては

 

  • こちらの話を真剣に聞かない
  • あくびや肘を付いて話を聞く
  • 面倒くさそうな態度で質問をしてくる

 

といった非常に分かりやすい態度で参加者の精神的動揺を誘ってきます。

 

この誘導に気づかないまま誘いに乗ってしまい精神的な動揺を見せてしまうと、ほぼ間違いなく面接は失敗に終わってしまうでしょう。

 

普通に考えた場合、会社に入社したくて来ている参加者にぞんざいな態度をとると言うことはまずありませんし、それによって企業の印象が悪くなり悪い風評が流れるおそれもあります。

 

なので冷静に判断すればそれが圧迫面接でありわざとそういった態度をとっていることは明白だといえます。

 

しかし面接に参加している方から見ると、精神状態が通常の状態ではない場合が多く、企業側の態度が自分のことが気に食わないからやっているんだと思い込みやすくなってしまいます。

 

その為あらかじめ圧迫面接があるかもしれないということを頭の中に入れておくことが大事です。

 

面倒くさそうな態度などをとり始めた場合には圧迫面接がはじまったと認識することが重要になります。

 

認識するかしないかで精神的なストレスの受け方も大きく変化します。

 

圧迫面接だと分かっていれば精神的な揺さぶりも単なる審査の一環だと分かりますので、動揺することなく対処が可能になるでしょう。

 

それと面接官を特別視しないことも重要で、相手は単なるおじさんやおばさんだと考えて臨めばさらに気分が楽になるでしょう。

スポンサーリンク



 

2.質問の意図を考え冷静に対処しましょう

 

圧迫面接では執拗な質問攻撃を行ってくる場合も多く、多くの参加者がその質問攻撃に耐えられなくなり精神的な動揺を見せてしまうことになります。

 

面接官が見ているのは質問攻撃による精神的動揺があるかどうかということです。

 

質問攻撃された場合にも冷静に対処できるかどうかが圧迫面接を受け流すことがでいるかどうかに繋がっていきます。

 

この時点で冷静に対処できれば圧迫面接でもストレス耐性があると判断されますので、事前に用意している質問への答えをしっかりと自分自身で理解しておくことが重要となります。

 

ほとんどの圧迫面接の場合、質問に対する答えに対して、重箱の隅をつつくような質問を繰り返してきます。

 

その為自分の答えの内容を理解して

 

ここをつつかれたらこう返す

 

ここを指摘されたらこのように返答する

 

といった具合に、事前のシミュレーションを行っておくことが重要になってきます。

 

どのような答えであっても100%完璧な答えは存在してませんから、そこを圧迫面接では追求してきます。

 

特に参考書に載っているようなテキストどおりの答えに関しては、圧迫面接で指摘されやすい絶好の的となってしまう恐れがあります。

 

マニュアルどおりではなく自分自身の言葉で質問に答えることが重要です。

 

質問攻撃された場合でも受け答えできるように何個も受け答えの答えを準備しておくことも必要になってくるでしょう。

 

基本的に圧迫面接は落とそうとして行っているわけではないため、きちんと冷静に対処できれば問題なくクリアできるでしょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-就職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.