苦手な仕事を無難にこなす3つの仕事術

苦手な仕事
仕事の疑問

苦手な仕事を任されたときって大体の人が嫌な気分になってしまいますよね?

 

今回はそんな苦手な仕事を無難にこなすことが出来る方法を3つ紹介したいと思います。

 

1.苦手な仕事も仕事のうちと割り切る

 

苦手な仕事にも、さまざまな種類があります。

 

単純作業が苦手な人もいれば、客と交渉することが苦手な人もいます。

 

人には適材適所という言葉があるように、仕事にも向き不向きがあります。

 

不向きの仕事は、苦手な仕事として感じられることが多いでしょう。

 

しかし、会社に入ったら、好きな仕事だけをしているわけにはいきません。

 

初めての仕事は、慣れるまではすべて苦手な仕事かもしれません。

 

入社当初は、与えられた仕事をひたすらこなしていく日々です。

 

しかし、会社も無駄に仕事をさせているわけではありません。

 

様々な仕事をさせてみる中で、その人に合った適性を見ているのです。

 

苦手な仕事は、進みが遅くなるものです。

 

会社としても、非効率な配置は長くはしないはずです。

 

しかし、実際に働き始めると苦手な仕事をこなすことは苦痛に感じてきます。

 

単純作業であれば、終わるまでは続けなければなりません。

 

客との交渉が苦手でも交渉から逃げるわけにはいかないのです。

 

そんな時は、心の持ちようをかえるしかありません。

 

おすすめの方法は、「苦手な仕事中もお金はもらえている」と考えることです。

 

社会人になって大きな違いは、仕事には対価が支払われることです。

 

どんなに苦手な仕事でも、こなしていればお金としてもらうことができるのです

 

そう考えると、ただ苦痛に耐えているのではないと思い、気持ちが楽になります。

 

苦手な仕事は、だれにでもあるものです。逃げようと考えるのではなく、ある程度お金のためと割り切ってこなしてしまうクールさも大切です。
スポンサーリンク



関連記事→仕事から逃げたいと思ったときの2つの対処法

 

2.苦手な仕事こそ早めに終わらせる

 

しばらく会社に勤めていると、どんな人でも嫌いな仕事と好きな仕事がでてきます。

 

嫌いな仕事は、ほとんどが苦手な仕事です。

 

苦手な仕事は進みも遅いため、時間がたつのも遅く感じます。

 

また、ミスやわからないことも多いものです。

 

そのため、つい先延ばしにしてしまいがちです。

 

しかし、苦手な仕事こそ一番に終わらせてしまうべきです。

 

なぜならば、苦手な仕事はミスや不明点が多くでてくる可能性があるからです。

 

仕事上での不明点は、上司や先輩に自ら聞きに行って解決しなければなりません。

 

どんな仕事にも締め切りがあります。

 

苦手な仕事を締め切りギリギリまで残してしまっては、ゆっくりと対処ができないのです。

 

仕事は無難にこなさなければなりません。

 

無難とは、難が無いことです。

 

難なく終わらせるためには、のちのちミスが問題となってはいけないのです。

 

間違いなく、早めに終わらせることが無難にこなす方法なのです。

 

また、苦手な仕事を後回しにしていると、常に頭の中がもんもんとしてしまいます。

 

いつかは残しておいた仕事も手を付けなければならないと気にしながら、ほかの仕事をこなさなければなりません。

 

気持ちが集中していないと、やはりミスを誘発します。気になるものから早く終わらせることが、すべてをうまくいかせるコツなのです。

 

苦手な仕事ほど、時間と手間がかかるものです。時間に余裕をもって向き合うことで、心にも余裕が生まれ苦手な仕事もミスなくこなすことができるのです。
スポンサーリンク



関連記事→「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

 

3.苦手な仕事を苦手でなくする

 

苦手な仕事を自分で苦手だと認識すると、人間は逃げたくなるものです。

 

しかし、配属先が変わらない限り、苦手な仕事から逃げることはできません。

 

また、一時は無難にこなせても似たような仕事はどこにでもあるため、またいつか出会うことになるのです。

 

苦手な仕事を無難にこなすには、無難にこなせるようになることが一番の方法です。

 

無難にこなすということは、難なくこなすことですから、できるようになることなのです。

 

苦手な仕事を苦手でなく、できる仕事にかえます。

 

苦手意識というものは、人間の能力に限界を作ります。

 

苦手な仕事から逃げ続けていると、それ以上の仕事はいつになってもできないのです。

 

学生は学ぶ人で、社会人は働く人と考えられています。

 

しかし、社会人になっても学ぶことは山のようにあるのです。

 

パソコンの技能は、日々進歩を求められます。

 

会社において、パソコンが苦手な仕事では仕事になりません。

 

苦手な仕事でも乗り越えなければならないハードルはあるのです。

 

社会人になってからでも学べる学校はたくさんあります。

 

時間がない人でも、土日だけの教室もあります。

 

苦手意識を持つのではなく、向上心にかえることで苦手な仕事を克服し、無難にこなすことができるようになるのです。

 

会社では、適材適所で配属を決めることを優先しますが、なかなかそうはいかない現実があります。

 

苦手な仕事は、確かにその人に合わない仕事かもしれません。しかし、合わないこともやらなければならないことが仕事なのです。

 

関連記事→ミスの連鎖をストップ! 仕事でミスを連発したときの3つの対処法

スポンサーリンク



ページの先頭へ