失敗が怖い

仕事上での心の悩み

仕事のプレッシャーに弱いことから抜け出す3つの方法

投稿日:

仕事に対してプレッシャーに弱い人の特徴として、気配りができる反面で常に周囲の状況が気になって仕方がない、という点があります。

 

自分に自信がない分、仕事の進み具合や上からの評価等に関してつい他人と比べてしまいがちです。

 

他の人が何をしているかが気になってしまうと、自分の仕事に対する集中力が散漫になってしまいます。

 

「大変だ」「しまった」などの声があるとそちらに注目してしまい、自分の仕事を中断しても相談にのってしまったりする方は多いのではないでしょうか?

 

今回そんなプレッシャーに弱い方がここぞで力を発揮する方法を3つご紹介したいと思います

 

1.集中力を付ける為に時間を区切って仕事をする

 

プレッシャーに弱い人がここぞで力を発揮できる方法は、集中力をつける為に時間を決めて一つの仕事をすることです。

 

ひとつの作業に対して何時までと時間を決めたら、必要なこと以外他の人達には一切関わらない様にしましょう。

 

楽しそうに会話が盛り上がっていた、おやつの時間になった、コピーを取りたいという時でも、仕事に区切りがつくまでは手を休めない様にします。

 

最初はまず聞こえないフリ、気付かないフリをすることで、段々と周囲の様子が気にならなくなります。

 

もちろん仕事のことで話しかけられたり、電話が鳴ったりした時にはきちんと対応して、すぐに仕事に戻りましょう。

 

時間を区切って仕事をすることで集中力がつきます。

 

他の人の様子が気にならなくなれば、人は人、自分は自分という考えになり、余計なプレッシャーを感じなくなるのです。

 

集中力が付けば仕事も効率的にさばけるので、ここぞという時に力を発揮できる様になるでしょう。

スポンサーリンク



 

関連記事→仕事に集中できない ケース別の対策と解決法を考えてみた

 

2.リラックスする為に長い呼吸を心がける

 

プレッシャーに弱い人がここぞで力を発揮できる方法は、なるべくリラックスして仕事を行うことです。

 

しかし締切が近づいていたり、取引が成立するかどうかの瀬戸際だとどんなにリラックスしようとしても緊張してしまうものです。

 

んな時には意識してゆっくりと呼吸をする様にしましょう。

 

人は緊張すると交感神経が働いて全身の筋肉が緊張して、血液の循環が悪くなります。

 

その為に呼吸が浅くなり、リラックスできなくなってしまうのです。

 

プレッシャーで緊張していると感じた時は、常に呼吸を長くする様にします。

 

ゆっくりと長く呼吸をすることで過呼吸を防ぎ、副交感神経を優位にする効果があります。

 

副交感神経が働くと精神が安定してリラックスできて、イライラや緊張感がなくなります。

 

まずはそれが本来の自分なのだと思いましょう。

 

そして次に、今出来る限りのことをして、失敗したとしても「誰かの命に関わる訳ではない」と思うことです。

 

自分が例え仕事を失敗して大恥をかいても、他の人は皆家に帰ればそのことは忘れてしまうだろうし、翌日になるとちゃんと朝が来る、誰かの命に関わる様な事態にはならないと思えば、かなり気が楽になります。

 

仕事に対して開き直れれば、一層今できることをやっておこうと思える様になり、今まで思いつかなかったアイデアが浮かび易くなります。

 

その結果意外な程の成果を出せる可能性も高くなるのです。

 

どうしてもプレッシャーを感じてしまう人は、「自分にそんなに期待する方が悪い」と思いましょう。
スポンサーリンク



関連記事→仕事が出来なくて辛いと悩むあなたはすばらしい人だといえるわけ

 

3.失敗を恐れないポジティブ思考になる

 

プレッシャーに弱い人というのは

 

「失敗したらどうしよう」

 

「目標を達成できなかったら自分のせいになる」

 

と思い込んでしまうものです。

 

しかし会社の仕事は一人でするものではありません、部署としてサポートするべき上司や先輩が必ずいる筈です。

 

ここぞで力を発揮できる方法として、たとえ失敗しても自分だけの責任ではないし、失敗した分経験が身に付くという「ポジティブ思考」になることも大切です。

 

人は成功してばかりでは本当の実力が身に付かないものです。

 

失敗をすればその原因を振り返ったり、どうすれば成功するかという工夫をしようと思い、その努力により大きく成長していけるのです。

 

転職をする際にも自分の知識や経験が大きなアピールポイントになります。

 

失敗を通じて学んだことは決して無駄にはならず、それどころか将来的に自分にとって強みになる可能性もあるのです。

 

そう考えると例え失敗しても悪いことばかりではない、と考えられるようになるでしょう。

 

プレッシャーに弱い人はどうしても従来の方法にこだわりがちで、仕事が無難にできてもここぞで力を発揮するまでには至りません。

 

しかし何事にもポジティブ思考になれば、失敗を恐れることなく色々なことにチャレンジできます。

 

転んでもタダでは起きない気持ちで仕事に集中すれば、今回の結果はどうでも将来的に成功するきっかけ作りになるのです。

 

そう考えることでいちいち悩まずにスムーズに行動できる様になり、今まで以上の実力を発揮できる様になれるでしょう。

 

関連記事→仕事での失敗が怖い?そんなあなたに送る3つのアドバイス

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.