上から目線の上司

仕事上での心の悩み

上から目線の上司への3つの対処法

投稿日:

なんでもかんでも上から目線で嫌いな上司がいたとしても、嫌いだということをあからさまに態度に出すことは社会人として良くないことです。

 

そうした態度ではこの嫌いな上司だけでなく、他の従業員たちからもこの人は自分が嫌いな人に対しては態度が悪くなると思われてしまいます。

 

そうなると職場の人間関係がますます悪化してしまいます。

 

1.礼儀正しく接し、やるべきことを集中して、淡々とこなしましょう。

 

つまり態度を悪くすることで、その場の自分の気持ちは紛れても、違う人にまで良くない姿を露わにしてしまうことにつながるのです。

 

ですので、嫌いな上司こそ、礼儀正しく接することが一つの対処法となります。

 

そして、このような嫌いな上司がいても、仕事はしっかり行なわなければならないので、あまりその上司ばかりを気にすることなく、まずは自分の行なうべき仕事に集中しましょう。

 

自分に与えられたことは責任を持って完遂すると決めて集中して仕事に取り組むと、案外上司の存在などは、自分の中から消えてなくなってしまうものです。

 

理解のある上司であれば、こうした姿も見ていてくれ、集中して仕事ができることに対し、良い評価を与えてくれることでしょう。

 

そうなると少しは人間関係も良好になるかもしれません。

 

会社は嫌いな上司に対して悶々としたり、また、無理して仲良くなるための場所ではありません。

 

基本的にまず、仕事を行う場所です。

 

ですので、上司が嫌いだと感じた時は特に、もう一度こうしたことを自分自身に問い聞かせ、一瞬でも嫌いな上司が自分の心の中から消えてなくなってしまうくらい、行なうべき仕事に集中した方が得策でしょう。

 

関連記事→使えない上司と快適に働くためのケース別解決法3選
スポンサーリンク



1.完璧な上司などはいないので、上司の長所を探しましょう

 

人間はなにかしら誰でも欠点があるものです。

 

完璧な人間などいません。この上から目線の上司についてもまた同じです。

 

こうしたことを自分の心の中で言い聞かせるだけでも、多少は気持ち的にも楽になれるものです。

 

自分自身も、その上司も欠点があって当たり前です。

 

ご自身が上司に対して不満に思うように、上司もあなたに対して不満に感じ、ここは嫌いだと思っていることもあるでしょう。

 

これが現実だとしたら、この上司ばかりに責任を問えなくなってしまいます。

 

自分も上司も完璧ではないことをまず認識し、気持ちが静かに落ち着くまで何度も何度も唱えてみましょう。

 

何もせずにいるよりは、気持ちがうんと楽になります。

 

人間は、相手に対し、一度嫌いだと感じてしまうと、短所ばかりに目が行ってしまい、どんどんその人のことが嫌いになってしまう傾向があります。

 

そのため、嫌いと感じた相手に対し、短所に目をつぶるというのはなかなか難しいことではありますが、一か所でも半か所でも嫌いな人の長所を見つけるようにすると、以前より嫌いではなくなるかもしれません。

 

就職活動などで、自分の長所と短所を探し出した経験はないでしょうか?

 

たとえば、短所をそのまま履歴書に書いてしまったり、面接で口にしてしまえばマイナスになってしまいます。

 

短所を長所にも受け取られるように採用担当者に伝えることが鍵となります。

 

つまり、短所は裏を返せば長所にもなり、紙一重であるとも言えるのです。

 

この上司に対しても、もし好意的に見ることができる面もあれば、やがてそれがその上司にも伝わり、良好な関係に発展するかもしれません。

スポンサーリンク



 

関連記事→細かい上司にストレスがたまらないようにする確実な方法

 

3.できるだけ関わらず、仕事で結果を出し、追い抜く

 

嫌いな上司の長所も理解はできたけれど仕事上迷惑をかけられることもあり、どうしても好きになれないと感じた場合はできるだけ関わらないようにするというのも策の一つです。

 

ご自身がこの上司を嫌っていても、勤務時間内でいっしょにいるのは限られます。

 

一日のうちでも多少の時間だと割り切って、やり過ごして我慢するということも大切です。

 

そして、給料をこうした我慢に対する報酬とみなしましょう。

 

もし誰かに相談しなければならない場合でも、第三者に相談し、上司と二人きりという場面を避けてもよいでしょう。

 

休憩中なども、上司が雑談しているそばには極力近づかないなど、あまり自ら関わらないのも対処法です。

 

そもそも接触機会を少なくすれば、上司にマイナスの感情を抱かずに済んでしまうからです。

 

嫌いだと感じる上司がもしあなたのことを嫌っていて、毎日事あるごとに攻撃してくる場合は

 

攻撃されて精神的にボロボロになってしまう前に、反撃に出るのも一つの手です。

 

反撃といっても前述したような嫌いだという態度ばかりをあからさまにするのではなく、仕事内容で能力を高めていくのです。

 

嫌いな上司にはできない自分の能力や強みは何かもよく考え、どんな土俵なら自分は勝てるかを模索しましょう。

 

そして、実力も伴ってくれば、部署内の評価も上がり、部署外の評価もまた上がってくるかもしれません。

 

年功序列などがあまり関係ない会社の場合、上司以上の地位につけば、関係も改善されることでしょう。

 

関連記事→上司のパワハラモラハラ攻略マニュアル2選

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.