嫌なことから逃げてしまう

仕事上での心の悩み

仕事で嫌なことから逃げてしまうことの3つのデメリット

投稿日:

仕事というものは常に、積極的に取り組みたいものです。

 

とはいえ、人間ですから誰にでも苦手なこと、嫌いな仕事はあるでしょう。

 

そうした仕事に対しては、つい嫌なことから逃げたくなるのが人情というもの。

 

しかし、嫌なことから逃げてしまうことには、大きなデメリットがあります。

 

というよりも、「デメリットしかない」といった方がいいでしょう。

 

今回は嫌なことから逃げてしまうことで仕事にどのようなデメリットがあるのか?というのを3つ紹介させていただきます

 

1.仕事の守備範囲が狭くなり、成長できない

まず最初に挙げられるのは、仕事の守備範囲が限定されてしまい、結果として成長できないというデメリットです。

 

例えばある仕事を上司や先輩から依頼されたとしましょう。

 

「苦手だな」と感じてもその依頼に応じ、仕事に取り組んだ場合、その仕事を自分の守備範囲に加えることが可能になります。

 

仕事上の新たなキャリアになるわけですね。

 

逆に、苦手な仕事、嫌なことから逃げて、その依頼を断ってしまうと、その仕事を経験することができません。

 

これを繰り返していったらどうなるでしょうか?

 

その人は「いつもの決まった仕事しかできない人間」になってしまうのです。

 

どんな職種であれ、キャリアアップのためには、仕事の守備範囲を少しずつ広げていく必要があります。

 

「自分はキャリアアップは考えていない」という人でも、長年、同じ仕事しかできないままでいれば、やがて職場に居づらくなるというリスクも想定されるのです。

 

守備範囲が狭く、成長できないままでいれば、上司や周囲から「使えない人間」と思われることは避けられないでしょう。

 

そんな評価を受けてしまっては、職場内の人間関係にもよくない影響を及ぼしてしまいます。その結果、居づらくなることも考えられるのです。

 

いつまでたっても成長できない人間になり、周囲からの評価を低めてしまうこと、これが、嫌なことから逃げてしまうことの、第一のデメリットです。
スポンサーリンク



関連記事→出世したくないあなたのための、おすすめ対処法3選

 

2.逃げ癖がついて人間的にも成長できない

 

嫌なことから逃げてしまうことのデメリットには、仕事上だけなく、人間的にも成長できないという大きな問題があります。

 

苦手な仕事、嫌いな仕事から逃げるのは、言うまでもなく人間的な甘さによるものです。

 

どんな人間にもそうした甘さはあるものですが、それを乗り越えて、嫌なことにも取り組むからこそ、人間的に成長できるわけです。

 

それを、その甘さに負けて逃げてしまうと、その弱さから「逃げ癖」というものがついてしまいかねません。

 

もともと弱いから逃げているわけですから、その弱さを解消しない限り、いつまでたっても弱い人間であり続けるということになるでしょう。

 

これは、仕事上のデメリットになるだけではありません。プライベートにおいても、そうした弱さ、自分に対する甘さは必ず良くない影響を及ぼすのです。

 

ですから、たとえば

 

「自分は仕事よりもプライベートの充実を人生の目的としている」

 

という人でも、逃げ癖が身に着いてしまっていては、思うようなプライベートの充実は図れないに違いありません。

 

関連記事→仕事よりも家庭を大事にしたいと思うなら実践してほしいこと
人生には必ず、さまざまな困難やアクシデントが起こるものです。それは仕事もプライベートも同じです。

 

その際、「嫌なことから逃げてしまう」という癖が着いていては、正しく対処することはできません。

 

仕事では嫌なことから逃げられても、プライベートでは逃げきれないということもあるのです。

 

「逃げ癖」のために、家族の信頼関係が壊れ、その結果、「築こうとしていた家庭を失う」というリスクも想定されるでしょう。

 

つまり、人生そのものに関わるデメリットがあるということなのです。

スポンサーリンク



 

3.仕事に対する恐怖心が芽生え、ますます消極的にになってしまう

 

一生、仕事で嫌なことから逃げ続けるということは、実際には不可能と言っていいでしょう。

 

長く仕事を続けていれば、嫌なことから逃げてしまうことがどうしても許されず、それに対処する機会も必ず出てくるものです。

 

その際、嫌なことから逃げてきた人は、その仕事に対する強い嫌悪感から、一種の恐怖を抱くということになりがちなのです。

 

一つの仕事に恐怖を感じてしまうと、やがて「働くこと」そのものに恐怖を抱くようになるということも少なくありません。

 

つまり「嫌なことをしなければいけない仕事というものに対する恐怖」です。

 

特定の仕事にだけ抱く恐怖であれば、まだ対処は可能でしょう。

 

しかし、仕事そのものが怖いと感じてしまったのでは、働くことが困難になりかねません。

 

そこまで深刻な事態に陥らなくても、仕事に対して消極的になってしまうことは避けられないでしょう。

 

もともと消極的だから、仕事の嫌なことから逃げてしまうわけですが、逃げることによって仕事に恐怖を感じ、それがますます仕事に対して消極的にさせてしまうのです。

 

これはまさに「負のスパイラル」、そんな状態に陥ってしまっては、仕事に生きがいを見いだせないことは言うまでもありません。

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

 

それどころか、長く続けていくこと自体が、かなり危うくなってしまうのです。

 

最初の項目では「職場に居づらくなる」というデメリットを紹介しましたが、こちらのデメリットは、仕事そのものの存続にかかわるリスクということができるでしょう。

 

そんな恐ろしい負のスパイラルから脱出するための方法はただ一つ。それは嫌な仕事でも逃げずに、むしろ積極的に取り組むことです。

 

一度でもそれができると、スパイラルからスムーズに脱出できることもめずらしくありません。

 

関連記事→仕事での失敗が怖い?そんなあなたに送る3つのアドバイス

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.