仕事を辞めたいと言えない

仕事上での心の悩み

仕事を辞めたいのに言えない方のための対処法3選

投稿日:

「仕事辞めたいのに言えない」ということはよくある事ですよね?

 

仕事を辞めるというのはとても勇気がいることですし、人生を大きく変える出来事です。

 

今回はそんな方のためのおすすめの対処法を3つ紹介します

 

1.上司にメールでコンタクトを図ってみる

仕事を辞めたいと思ったときは、直属の上司に直接会って、口頭でその旨を伝えるのがルールでしょう。

 

それはわかっていても

 

「辞めます」

 

という言葉はなかなか口にしにくいものです。

 

上司との関係もありますし、ついしり込みしてしまうことも多いでしょう。

 

ではどうしたらいいか?

 

おすすめしたい対処法の1番目は「メールの活用」です。

 

退職の意思をメールで伝えるのはNGと言われます。

 

確かに、メールやラインではなく上司と直接話すのが原則ではありますが、メールが全面的にルール違反ということではありません。

 

直接話をするための準備段階としてメールを使うことは、まったく問題ないでしょう。

 

例えば、こういう内容のメールを、上司に送ってみるのです。

 

「私の人生の進路について、折り入ってお話ししたいことがあります。仕事に関係する内容です。少々お時間をいただきたいので、お手すきの時にお声をおかけください」

 

いかがでしょうか?このような文面にすれば、上司は「おそらく仕事を辞めたいという話だな」と察してくれるでしょう。

 

少なくても、かなり重要な話であることは、文面から読み取れます。

 

したがって、そのメールを無視することはまずありえません。まちがいなく、上司の方から声をかけてもらえるはずです。

 

こういう内容のメールをこちらから送ったのですから、上司と対面した時には、退職の意思を伝える以外ありません。

 

つまり「仕事辞めたいのに言えない」という気持ちに踏ん切りをつけるため、退職の話をせざるをえない状況をメールで作るわけです。
スポンサーリンク



関連記事→仕事をやめる勇気がほしい そんな方の背中を押します

 

2.職場内で弱音を吐きまくり、「辞めたがっている」という雰囲気を作る

 

直接上司に話をすることがむずかしいのであれば、職場内にあなたが辞めたがってるという共通認識を形成し、そうした雰囲気を作ってしまうという対処法もあります。

 

仕事を辞めたいと思っても、周囲にそれを伝えることをはばかり、平然と装う人が少なくありません。

 

しかし、それではいつまでたっても状況は変わりません。それどころかどんどん辛くなるばかりです。

 

おすすめなのは、愚痴を言い、弱音を吐きまくることです。

 

「辛い、もう続けられそうにない」

 

というような話を、折に触れ、同僚や先輩に話しましょう。

 

それが広まっていけば、やがて上司の耳にも、あなたが辞めたがっているらしいという話が伝わります。

 

部下の退職は上司にとって大変大きな問題ですから、それを耳にしながら放っておく上司は少ないでしょう。

 

おそらく、適切なタイミングで、上司の方から声をかけてくるに違いありません。

 

あなたが準備すべきことは、上司から「どうした?」と声をかけられたときにどう話すかを、しっかり整理しておくことです。

 

その時に、あいまいな答え方をしてしまうと、「仕事辞めたい」というあなたの意思をきちんと伝えることができません。

 

仕事上の悩み相談というレベルの話になってしまいがちなのです。

 

それでは、せっかくの雰囲気作りが水の泡になってしまいます。

 

この方法は、何度も使えるものではありません。

 

ですから、上司から声をかけられたら、まずはっきりと退職の意思表明をしましょう。

 

多くの場合、上司は引き止めます。それを想定した上で、その引き止めに負けない、強い意思伝達をする必要があるのです。

 

悩みの説明よりも先に、「お伝えする勇気がなくて黙っていたのですが、仕事を辞めさせてください。これ以上続けることは、もう無理です」と、冒頭に明言するようにしましょう。
スポンサーリンク



関連記事→会社が退職させてくれない場合に行うべき3つのこと

 

3.続ける方向で、仕事を見つめ直してみる

 

仕事辞めたいのに言えないという場合の対処法の3つ目は、これまでとは方向性の違う方法です。

 

今の自分の精神的状況を冷静に考えてみましょう。

 

「仕事を辞めたい」という気持ちがどれくらい強いものなのか?どれほどの緊急性がある状況なのか?

 

自己分析するのです。

 

おそらく、「今すぐ退職するしかないほど、せっぱつまった状況というわけではない」のではないでしょうか?

 

もし、それほど緊急性がある状況であれば、「仕事辞めたいのに言えない」と思い悩むこともないはずです。

 

辞めたいのに言えず、仕事を継続しているということは

 

「辞めたい気持ちではあるけれど、今すぐ辞めるしかないほどでもない」

 

ということにもなります。

 

であれば、このまま続ける方向で仕事を見つめ直してみるという選択肢もあるのではないでしょうか。

 

そのためには、辞めたいと思う理由、あなたの抱えている問題や悩みについてあらためて客観的に見つめ、改善策を考える必要があります

 

その際、一人で考えているだけでは、なかなか有効な改善策は見つからないもの。職場の先輩や上司に相談するといいでしょう。

 

退職を前提としない、あくまでも今の仕事を続けながら事態を打開するための相談です。

 

すぐに打開策が見つからなくても、上司や先輩に悩みを話すことで、改善の可能性は高まるものです。

 

今の状況でも、なんとか仕事を続けられているのですから、状況が少しでも好転していけば、より働きやすい環境に変わっていくにちがいありません。

 

道が開ける可能性を信じて、今の仕事を見つめ直してみてはどうでしょうか?

 

関連記事→今の仕事向いてないかもと思ったときに知ってほしいこと
スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.