会社が退職させてくれない場合に行うべき3つのこと

退職させてくれない
仕事の疑問

勤務している会社の仕事などに大きな不満があり、会社を退職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

その場合会社に対して退職する旨を伝えることになるわけですが、会社によってはなかなか退職させてくれない、のらりくらりと逃げて退職を引き延ばすと言った会社も存在しています。

 

そういった会社の場合なかなか会社を退職することが出来ないままズルズルとその会社に居続けることになることもあります。

 

1.退職に関する法律に詳しくなりましょう

 

基本的に退職する際には会社に対して退職するという意思を伝えるだけで、その会社を退職することは可能になります。

 

法律上では、退職の意思を会社に伝えた場合、その日から2週間経過した時点で退職が可能になります。

 

これは会社側が引き留め工作を行った場合でも関係なく、法律で退職までの期間が決められているためそれに従い退職することは何ら問題が無いと言えます。

 

仮に退職させないと会社側が強硬手段に出た場合でも、その引き留めは一切効果がないため法律に従い退職した場合には何のペナルティなども課せられることは有りません。

 

その為なかなか退職させてくれない場合には

 

はっきりと自分の退職する意思を会社側に伝え、法律に則って退職を行なえば良いでしょう。

 

会社に退職の決まりがある場合でも、優先されるのは法律で定められた2週間での退職のほうが優先となりますので、どうしても会社を辞めたい場合にはきちんと法律に従い退職すると良いのではないでしょうか?
スポンサーリンク



関連記事→転職に自信がないと悩んだときに考えるべき3つのこと

 

2.円満退職したければトラブルは回避を

 

法律に従い会社を退職する場合、会社との間に遺恨が残る場合もありますし、それが原因で再就職が上手くいかないということも考えられます。

 

その為本来であれば会社と退職希望者が同意して円満に退職することが最も良い退職の行い方だと言えますし、その場合には再就職する場合でもスムーズな再就職が可能になるはずです。

 

そのためなかなか退職させてくれない場合でも、自分の意思をはっきりと会社に伝えて退職の意思が固いことを会社側に納得させる必要があります。

 

曖昧な態度で臨んでしまうと退職させてくれない可能性も高くなりますので、いかに自分の意思が揺らぎないものかを表現できるかが重要になります。

 

それと退職を考えている場合にはいきなり会社に退職の意思を表示するのではなく、上司などにそれとなく相談をして仕事の引継ぎ等をスムーズに行えるようにすることも退職するためには重要なこととなります。

 

会社によっては退職する際の日数が決められている場合もあり、それを守って退職をするのもトラブルにならない退職の行い方となります。

 

法律に従えば2週間で退職可能ですが、強行してしまうと引継ぎなども中途半端になりますし、それが会社に与える損害に繋がる恐れもありますので、出来るだけ穏便な退職を行なえるようにしましょう。

 

退職の意思が固ければ会社側も引き留めを諦めざる負えなくなりますので、会社に流されないようにすることも退職させてくれないといった状況を打破するためには必要になるでしょう。
スポンサーリンク



関連記事→仕事から逃げたいと思ったときの2つの対処法

 

3.退職届と退職願の違いを理解しましょう

 

勤務している会社を退職したい場合に提出するのが退職届や退職願ですが、この違いを正しく知らなければなかなか退職させてくれないと言う状況に陥ってしまいます。

 

退職届の場合は、退職する意思が固く退職しますという意志表示を会社側にする届けとなります。

 

その為退職届を提出した場合にはその撤回は出来ませんし、会社側も引き留めは出来ないことになります。

 

しかし退職願を提出している場合には、あくまでも退職したいけれどいいですかと会社に聞いているだけの状態ですので、会社側が同意しなければ退職をすることが出来ません。

 

その為退職届ではなく退職願を会社に提出している場合には、なかなか退職させてくれないという状況になる可能性が極めて高くなってしまいます。

 

その為もし退職願を提出している場合には一度退職願を撤回し、改めて退職届を会社に対して提出することで退職する意思が固いということを会社側に提示することが出来るでしょう。

 

一度退職届を提出してしまえば法律に則った退職が可能になりますので、会社側が無理な引き留め工作を行った場合でもそれは一切関係なく退職が出来ます。

 

その為退職願いと退職届の違いを正しく理解すること

 

退職願いは同意が無ければ退職できないが撤回可能、退職届は同意が無くても退職可能だが提出後の撤回は不可能ということを理解して提出を行うようにしましょう。

 

迷いがある場合にはしっかりと考えをまとめて提出を行なわないとトラブルになる恐れもあるので注意しましょう。

 

関連記事→絶対に知っておきたい転職の2つのメリットとデメリット 

スポンサーリンク



ページの先頭へ