「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

仕事でわからないことが聞けない悩み
仕事の疑問

仕事がわからないけれども聞けない、聞きづらいといった経験はどなたにもあることでしょう。

今回はそんな悩みについて考えてみました

 

「そんなこともわからないのか?」と聞かれても…

 

「そんなことも分からないのか?」

 

と職場の上司から言われた経験がないでしょうか?

 

そう、このような言われ方は、かなりきついことかもしれません。

 

仕事を進める上で、一番、大事なことは、分からないままで済ましてしまうことです。

 

仕事の中では、失敗はミスは極力、避けなければなりません。

 

しかし、このようなミスが完全に防ぎきれることは大変、難しいことも事実です。

 

精度の高い仕事を行うためには、担当する人々の熟練度、ノウハウが結集されてかのうになってきます。

 

その過程において、業務の内容に疑問が生じたり、不明な点が出てくることを少なからずあります

 

ここでいう疑問点、不明点は明確点にしておき理解しておかないと、後々の仕事に支障が出たり、大きなトラブルにつながりかねません。

 

そのようなことから、即座に詳しい人に聞いたり、他部門の経験者などに確認することで、未然にトラブル発生要因を潰しておくことが大事なのです。

しかし、人によっては、このように言う人もいます。

 

「そんなことは常識だぞ。本当に知らないのか?」

 

確かに、常識レベルで知っておかなければならないことはあります。

 

ですが

 

「本当に知らないのだから、聞いているんだ。」

 

という姿勢は決して問題ではないと思うのです。

 

その人にとっては、常識レベルの知識かもしれません。

 

しかし、そのレベルで物事をさげすむように見下すことが、問題であり、そのような発言をする人の人間性、資質の方が問題と思います。

 

スポンサーリンク



関連記事→使えない上司と快適に働くためのケース別解決法3選

 

今さら聞けないことなんて1つもありません

 

仕事だけでありませんが、「今さら聞けない。」と言ったことは、絶対に避けるべきです。

 

この点をいい加減に流したり、問題の先送りをする方が、重大な過ちを起こしてしますのです。

 

その場の雰囲気で聞きづらいという内容は結構あるものです。

 

しかし、ここで曖昧にしたことで、万が一、生命にかかわる事件・事故が発生したなら、どのように責任を取るのでしょうか?

 

極端な例えですが、聞くことをためらったことで、重大事故を起こしたなら悔やんで悔やみきれないはずです。

 

社内で恥をかくことは、まだ、重症度が低く問題ではありません。

 

社内で問題を明確にして、対処できるからです。

 

これが外部で取引先で、知らないままでトラブルが起きる方が、もっと恐ろしいです。

 

仕事を進める上で、分からないことはすぐに明確にする。

 

少しでも疑問点があれば、責任者、上司の指示を仰ぐこと。

 

「報告・連絡・相談」が基本です。

 

よく過ちを犯しやすいのが、「分かりました。」という言葉を受けた上司の立場です。

 

部下が物事を理解していると上司は思うのです。

 

しかし、この点が曖昧に部下が理解していると大きなトラブルになってしまうにです。

 

ある職場で、事故が発生しました。

 

仕事を進める前に、チーム内で仕事の内容を上司が説明します。

 

その説明を聞いた部下に対し、上司は聞くのでした。

 

「何か質問がないか?」

 

「ありません。」

 

この流れが後々の大きなトラブルにつながってしまったのでした。

 

なぜでしょうか?
スポンサーリンク



関連記事→ミスの連鎖をストップ! 仕事でミス連発したときの3つの対処法

 

情報の共有化ができる関係作りが大事

 

上司が「分からないことがあるか?」

 

と聞かれ部下の人たちは

 

「ありません。」

 

と答えたのですが、やはり仕事の内容について、理解が不十分でトラブルが発生したのです。

 

この根本的な原因は上司と部下の人間関係というかコミュニケーション不足にあったのです。

 

日頃から部下からの質問が指示を仰ぐ段階で、常に彼の口癖は

 

「何だ、今さら、よくそんなことが聞けるな?」

 

と部下を罵倒するような口調で、厳しい言葉を返すのです。

 

このような状態が何度も繰り返されると、部下の人々も閉口してしまし、本音で話しをすることがなくなってしますのです。

 

この職場では、同様の問題が何度か発生したために、社内で調査委員会からの調査が入りました。

 

結果的には、この上司が不適格者として判断され、左遷させられたのです。

 

この事例から反省すべき点は、どのようなことでも、やはり情報の共有化を図ることなのです。

 

共有化とは、分からないことがあれば、即座に質問し分かる人の教えを乞うことです。

 

それは何ら恥じることではありませんし、仕事を進める上では、絶対にしなければならないことなのです。

 

今回は、部下からの仕事に対する真摯な設問を短絡的な判断だけで処理した上司にも問題がありました。

 

部下の人々も今一度、明確にさせるような動きも必要なのです。

 

仕事を進める上で、少しでも不安要因を感じるのであれば、その時点で解決するような姿勢を常に持ち続けないと企業として機能しきれなくなるのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ