転職のメリットデメリット

転職の悩み

絶対に知っておきたい転職の2つのメリットとデメリット 

投稿日:

転職をしたいと思っていても、転職というのが具体的にどんなとこなのかがわからず転職を思いとどまっている方はおおいと思います

ですので今回は転職したいと考えている人のために今回はその天職におけるメリットとデメリットを紹介します

 

転職のメリット1: 給与アップが期待できる

 

絶対に知っておきたい転職のメリットデメリットのうちでも、一番大きなメリットは給与アップが可能という点です。

 

新卒で入社した会社では、新人は学歴により一律の基本給から始めることになります。

 

ところが仕事をしていくうちにそれぞれの能力に差が出るものですが、昇給率もほぼ同じとなると同年代では貰える給与に大差がないのが現実です。

 

これが転職をするとなると、入社面接の際に給与の交渉を行うことができます。

 

採用側としては職種を絞って募集する訳ですから、本当に欲しい人材に対しては良い待遇で受け入れてくれるものです。

 

もしも自分のスキルや経験に自信があるならば、今まで貰っていた給与よりも高い金額で採用してくれる可能性もあるのです。

 

もちろん最初から提示された金額が今の給与より良いという恵まれたケースもあります。

 

逆に今までと同じ給与でも良い、それどころかやり甲斐さえあれば給与が下がっても良いという人だと、企業側も余程他に受け入れ先がなくて焦っている人なのだと思うでしょう。

 

ハードルを下げると能力がない人と見なされるので、自分に見合った金額で交渉をしましょう。

 

転職をするからには今まで自分が貰っていた給与を伝えて、それ以上は貰いたいと言うことが大切です。

 

それだけの能力があると判断される様に、面接ではしっかりと自己アピールが出来る様にしておきましょう。

 

基本給が上がればそれだけボーナスにも反映されますので、年間の収入が大きく増えることになるのです。

 

関連記事→給料が安い・・・原因と今後 対応策を考えてみた

スポンサーリンク



 

転職のメリット2: やりたいことに集中できる

絶対に知っておきたい転職のメリットデメリットを考えると、やはりメリットの方が多くあります。

 

若いうちはまだ自分の本当の適性や可能性が分からないので、会社から辞令が降りた部署での職務に励むものです。

 

しかし何年か実務をしていくと、自分が得意な業務や興味のある分野が見えてきます。

 

ところが新卒のまま同じ会社に勤務していると、自分が本当にやりたい仕事をするのは難しくなります。

 

会社の中では予算というものがあり、部署により人員数も決められています。

 

やりたい仕事があって能力があっても欠員が出ない限りは異動させて貰う訳にはいきません。

 

例え欠員が出たとしても、他にも能力がある人がいたり、異動の順番待ちリストに載っている人が優先されます。

 

転職の場合、企業は最初から募集する職種を絞ってきます。

 

その仕事に関して知識やノウハウのある人を募集するので、採用されてからは間違いなくその仕事に就くことができます。

 

会社としてもそのポジションの人材が欲しくて募集するのですから、即戦力として採用してくれた上に、研修を受けさせてくれるところもあるのです。

 

自分が本当にやりたい仕事があり、今の会社ではそれに打ち込むことが難しい場合には、将来のことを考えれば転職をした方が良いでしょう。

 

ひとつの仕事に打ち込むことで、今までより奥深く専門知識を身につけることができます。

 

興味を持って仕事に取り組むことでやり甲斐を感じますので、益々仕事が楽しくなるという相乗効果が期待できるのです。

スポンサーリンク



 

関連記事→働くのが嫌い?それって今の仕事が天職じゃないからでは?

 

転職のデメリットも抑えておこう

 

絶対に知っておきたい転職のメリットデメリットとして、デメリット部分も大切です。

 

転職におけるデメリットは、今の仕事で不満に思っていたことが転職により100%解決できる、とは限らないことです。

 

誰でも転職をする際には今の仕事に対して何かしらの不満を持っているものです。

 

一度会社を辞めたいと思うとどんどんその気持ちが強くなり、転職さえすれば解決すると思い込みがちです。

 

しかし会社というのはどこも似たりよったりなもので、転職しても結局同じだと失望するケースも多くあるのです。

 

仕事が忙しい、残業が多いなどは今の日本企業では普通なことで、残業がない会社を選ぶことの方が困難です。

 

会社は大勢の人が仕事をする場ですから、全てが自分の思い通り進められるとは限りません。

 

大企業に入ったらそれだけ何をするにも人を介するので時間がかかる様になってしまった、ということもあります。

 

当然人間関係も今の会社とはまた違ったトラブルが発生しないとも限らないのです。

 

そして一番の問題は、一度転職をすると癖になるということです。

 

嫌なら転職すればよい、そう思って転職を繰り返すと、キャリアが身に付かないばかりか社会的な信頼もなくなってきます。

 

転職してすぐはボーナスも貰えないので、短い期間で転職を繰り返すと収入も減ることになるのです。

 

転職をする際にはメリットばかりではなくデメリットも考えて、自分は何故転職をするのか、自分が会社に求めているものは何かを良く理解することが大切です。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-転職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.