転職に自信がない

転職の悩み

転職に自信がないと悩んだときに考えるべき3つのこと

投稿日:

進学、卒業、就職、結婚、出産と必ず人生の中で節目があります。

 

その中で、もう一つ転機があるとしたなら、それは転職かしれません。

 

その転機にも色々な理由や事情があることでしょう。

 

就職したものの、自分の理想といた仕事ではなく、満足感やじい充実感がない。

 

職場の人間関係が良くなく、職場に行くだけでも息苦しくなってしまう。

 

実家の両親が押しおいて、介護のために戻らなければならない。

 

人それぞれの理由があるはずです。

 

転職は誰でも不安があります

どのような事情であれ、会社を変わることは一大決心であることは間違いありません。

 

ある大手の外資系コンピューターメーカーの幹部が自社の将来性を憂い、転職を考えました。

 

彼の会社における立場は、営業責任者で収入も、一般企業の中でも恵まれていた内容でした。

 

しかし、自分の理想とする事業観をここでは、描くことが難しなったこtもあり、他の企業に転職したのです。

 
転職先は、メガバンクの情報システム部門です。

 

先方からは、彼の実績が評価され迎えられ、そこでも大きく実績を伸ばすことができ、今まで以上の充実感を味わうことができたのです。

 

しかし、実力を持っていたけれでも新たなステージに移る時に、不安がありました。

 

「今度の会社で自分はやっていけるだろうか?」

 

他人から見ると、そのようには感じられないのですが、本人は不安と期待が入り混じった心境で次の世界に飛び込んでいったのです。

 

このように新しい場所に向かう時は、誰でも不安があるものなのです。

スポンサーリンク



 

転職の動機を十分に考える

転職する時、まず何を考えるでしょうか?

 

「どんな会社や業種の世界に行けるか?そこで自分は通用するか?」

 

このように考えれば考えるほど、不安が募り行動が鈍くなるのではないでしょうか?

 

大事なことは、何故、転職をする必要があるのかを自分の中で、十分に熟慮することが重要です。

 

転職の理由が何であれ、その理由を明確にすることで、気持ちの切り替えができるからです。

 

チャレンジ精神旺盛で、自分のキャリアアップを事故の理想を現実化させる積極嗜好であれば、そんなに心配はありません。

 

しかし、人間関係の悪化や家庭の事情で、転職さざるを得ないという消極的な理由であるなら、本当にその事実を客観的に分析・認識することで、次の打つべき手が見えてくるはずです。

 

もしかすると、転職という大きな転機まで踏み込まなくても済むかもしれません。

 

仕事を変わるということは、積極的思考の人でも心身ともに多大なエネルギーを使うものです。

 

そのようなことから、転職することを頭の中でよぎった時点で、

 

「なぜ、自分はそのようなことを考え始めているのか?」

 

という根本的なことを自問自答することで、自ずから取るべき行動が見えてくるはずです。

 

その過程の段階では、信頼できる友人や家族と十分に話し合うことも、必要かもしれません。

 

第三者の人に自分の悩んでいることを聞いてもらうだけでも、貴方の置かれた立場や状況が客観的に判断されて、本来の道が見えてくるはすなのです。

スポンサーリンク



 

関連記事→絶対に知っておきたい転職の2つのメリットとデメリット 

 

自分の履歴書を書いてみよう

 

転職したい理由が自分の中でハッキリと理解し納得できたなら、転職は必ず成功します。

 

但し、この段階でやらなければならないことは、今までの自分の力と武器を再確認すすことです。

 

力や武器とは、今、勤めている会社で経験したことやスキル、ノウハウと具体的に整理して明確にすることです。

 

言わば、「自分の歴史の棚卸し」になります。

 
この「棚卸し」ができて初めて、次の履歴書を描くことができます。

 

技術部門にいた人であれば、要素開発から製品化までの技術的なノウハウやスキルが養われていることでしょう。

 

営業部門にいた人であれば、顧客開発や商談の進め方、クロージングということを熟知していることでしょう。

 

あるいは人脈をたくさん持っているかもしれません。

 

このように自分の持っている武器を明確にすることです。

 

おそらく、棚卸しをすることで必ずや自分らしい特技が出てくるはずです。

 

これが整理できれば、次のステップで考えることは、どのような企業で通用するのかを考えることです。

 

しかも、漠然と探すのではなく具体的な企業名、部門、職種まで明確にすることで、転職のターゲット化ができるわけです。

 

ここまでこと細かくすることで、その企業での取り組みたい内容をかなりビジョン化することができるのではないでしょうか。

 

そうすることよって、転職の面接段階もおいて、自分の考えを明確に相手に伝えることができるのです。

 

転職は確かに大変な勇気と行動力が必要です。

 

しかし、自分の心の弱さを克服することで、必ず成功するのです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-転職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.