転職回数が多い悩み

仕事上での心の悩み

転職回数が多いことに悲観することはないと言い切れるワケ

投稿日:

自分ののやりたい仕事を探して、または仕事の環境が悪くて転職回数が多くなり悲観になっている方は多いのではないのでしょうか?

 

今回は転職回数が多いことは決して悲観になる必要はないといえるワケを書いていきます

 

昔は転職に対していいイメージはなかった

 

この数年、転職サイトがインターネット上で大いに盛り上がっています。

 

それは時代背景が、そうさせていることもあります。

 

昔は、仕事を変えるとか、会社を変わるということに、ある種の抵抗なり偏見があったかと思います。

 

しかし、この数年で価値観が変ってきたように思えるのです。

 

自分の目本当にやりたい仕事をあらためて考え直したり、自分への未来や将来を見据えて、次なるステージへチャレンジしようとする人が増えているのです。

 

そのことは若い20代、30代の人だけではありません

 

仕事のプロとも呼ばれる40、50代の人でも転職を考えているのです。

 

共通しているのは、自分の長年の夢を実現するためでもあります。

 

脱サラで、喫茶店を始めたり農業を営んだりする人も少なくありません。

 

それこそ自分へのこだわりであり、前向きにチャレンジする意志の表われとも言えるでしょう。

 

しかし、中には何度も転職を繰り返す人もいます。

 

彼らの中には、積極的に変わる人、消極的に変わる人がいるでしょうから、その価値観は人それぞれにより、考えや価値感が変わっているのかもしれません。

 

もし、新しい会社を受ける時に、転職回数が多い場合は、それなりの見方面接官なり人事から観られてしまうことは、否めません。

 

その時にどのような姿勢で望むかが、大きなポイントになると思われるのです。

 

仕事に対する考えや自分のビジョンをキチンと持っているのかを、問われることになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



 

何度ももがくことも必要であり大切

 

転職はもしかすると「天職」を見つけるための行動なのかもしれません。

 

それまで、自分に合った仕事に出会えるまでに、何度も仕事を変わることをすることが、決して間違いとは言えないかもしれないのです。

 

しかし、忘れてはならないことは、基本に戻ること。

 

それは、「初心に戻る。」と言っても、良いかもしれません。

 

元々、自分が何をしたかったのか、子供の頃の夢を今でも追い続けたいのか、ということを、もう一度考えてみて欲しいのです。

 

その時に、自分でも気づかなかった想いや考えなりが蘇って来ることでしょう。

 

そうなって、初めて自分の将来設計を作り直す事ことでも、決してすべて遅くはありません。

 

転職を考える人は、自分の将来に対して自己実現に向かって、必死でもがいています。

 

「今のままで、自分は埋没してしまうのではないか。」

 

「ただ、のんびりとしているだけでは、ダメになってしまうのではないか。」

 

そう、積極的な姿勢を持っている人でさえ、もがいているのです。

 

しかし、時間をかけて己の道を見つけると、それからは早いこうどうに移れます。

 

何をなすべきかを見つけたのですから、後はひたすらに真っ直ぐ走るだけなのです。

 

このように転職は、ある意味、人生における転機なのです。

 

そのために、今ままで自分が培ってきた知識や技を大きな舞台で披露することができるのかを、ためしてみたくなると思います。

 

貴方も転職回数がおおいのは、自分の「天職」に出逢うためだと、理解してください。

スポンサーリンク



 

今の仕事の中で自分を鍛える

 

自分の本当の遣りたいことを見つけるために、何度も転職を繰り返さなければならない。

 

そのようなスタイルでしか、貴方が行動できないのであれば、それは仕方のないことだと思います。

 

ただ、1つだけ忘れてほしくないこともあります。

 

それは、1つの場所で何かを学ぶこと。プロになることです。

 

会社を変わる度に、そこでしか蓄積できない技を磨いて欲しいのです。

 

よく考えてみると、大企業では、新入社員が入ってくると、まず、新人導入研修が始まります。

 

その後に営業研修や技術研修が行われます。

 

長いところになると半年もかける企業もあります。

 

その後にやっと、配属となるのですが、それでも見習期間としての配属です。

 

一人前になるのは、やはり数年かかってしまうのです。

 

この目的は、人材育成が一番の狙いです。

 

すぐに会社の経営に貢献できる戦力ではありません。

 

しかし、数年後を見据えての考えなのです。

 

このように会社にいるとなにかしら習得できることがたくさんあるものです。

 

したがって、貴方が本等の「天職」に出逢うために、何度も会社を変わろうとも、今いる会社で会社でできる限りの技やノウハウを蓄えてください。

 

そうすることで、転職を繰り返す度に1つずつ新しい技を身に付けることができます。

 

その時に貴方が本当に取り組みたかった真の仕事が見つかるはずです。

 

人生には「回り道」をしなくてはならない人がいます。

 

しかし、それはその人に合った道であり通らなければならない使命があるのかもしれません。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.