仕事のミスの謝り方

仕事上での心の悩み

仕事でミスをしてしまったときの正しい謝り方

投稿日:

仕事で発生するミスは、小さなことや大きなことを含めると、とてもたくさんあるはずです。
そうしたミスが発生した場合、どのような謝り方をするかによって、今後の上司や部下などとの人間関係が決まってくるとも言えるでしょう。

 

ではそんなときにどのように謝ればよいのでしょうか?

正しい謝り方を身に付けるようにする

起こってしまったミスは、基本的にはどのようにその失敗を自分が認めるかによって、周りの見方が変わってくるものです。

 

重要なことは、いち早く失敗を認め、さらにいち早く謝ることです。

 

しかし、どのようなスタンスで謝ればよいかという知識を持っている人は少ないでしょう。

 

そのまま、謝ることを行わないままにしてしまうことで、人間関係にヒビが入ってしまい、その人間関係から、強いストレスへと発展することも珍しくありません。

 

まずは、少しでも早く謝ることです。

 

方法としては、必ず言い訳を行わないようにすることです

 

弁解をするのは謝って相手がなぜこうなったのか?ときいてきたときに言いましょう。決して自分から先に言ってはいけません。

 

言い訳をしてしまうことで、責任転換を行っているように感じてしまい、良い人材だとは感じられないように思われてしまうでしょう。

 

とくに、まだ入社をして数年しか経っていないような状況の場合は、こうした失敗への対応は注目されることになります。

 

どのような方法でも構いませんので、まずは迅速な対応を行うことで誠実な人材だと判断されるでしょう。

 

また、社内だけのフォローに留めておくこともよくありません。

 

社外にも関わってくるような失敗の場合は、必ず社外に対しても、迅速に対応を行うことが重要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク



関連記事→仕事のミスで死にたいと思った時の対処法

後輩をかばうようにする姿勢も大切

 

仕事でのミスは、どうしても自分が関わっていないことをアピールしてしまうものです。

 

とくに、人間関係を重視しているような人であれば、まずは自分のせいではないという行動に移す傾向にあるでしょう。

 

もし、本当に自分のせいでその失敗が発生したのではない状況にあっても、自分が関わっている業務内容であれば、連帯責任感を持つことは大切なことです。

 

とくに、自分の後輩の失敗などに対しては、後輩をかばう姿勢は重要なポイントになるでしょう。

 

そうした行動を起こさなかったために発生してしまう人間関係のトラブルは必ず起こってしまいます。

 

自分が失敗をしてしまったときのことを想像してみてください。

 

その失敗に対して、上司などがかばってくれるような行動を起こしてくれた場合、そうした行動は記憶に残っているものです。

 

後輩であれば、自分も連帯責任があるという意識を持ち、後輩と同じように謝る姿勢を取ることが重要です。

 

その場合の謝り方は難しく感じるかもしれません。

 

後輩をかばうように謝ることは、後輩にとってもあまり良いことではないかもしれません。

 

重要なポイントは、その業務内容は自分が関わっており、自分に責任があるということに対して謝ることです。

 

後輩の失敗というわけではなく、自分の失敗で発生したトラブルだということを強調することで、後輩も傷つことはないでしょう。

 

こうした行動は必ず後輩は覚えておいてくれるものです。いざというときに行動に移せる先輩だからこそ、人間関係は良い方向に向いていくと言えます。

スポンサーリンク



誠実な姿勢は今後の人間関係に大きな意味を持つ

 

もし、本当に自分が悪くないような仕事上でのミスをした場合、どのような謝り方をするでしょうか?

 

当然、言い訳をしてしまうこともあるでしょう。自分が起こしたトラブルではない状況で、謝らなければならないことはとても辛いはずです。

 

状況によっては、低い査定を受けることになるかもしれません。

 

しかし、こうした行動は常に誰かが見ているものです。誠実な姿勢は、上司だけではなく部下に対しても重要な行動となります。

 

人間関係で大切なことは、いかに信頼関係を築くことができるかということです。

 

こうした信頼関係は、当然家庭内でもあることですが、業務を行っている仲間ではとくに大きく現れることです。

 

業務の中では、人間関係を築くことが最大の楽しみになるはずです。ストレスなどは、こうした人間関係の崩れから発生してしまうことはほとんどなのです。

 

トラブルが発生したときに、自分自身が進んで誠実な行動を起こすことで、間違いなく信頼される人間になっていくことでしょう。

 

少しでもストレスを感じることなく、今後も業務を行っていくのであれば、上司や部下を大切にすること、またトラブルが発生した場合に素直に謝り、さらに迅速で誠実な行動を起こすことです。

 

こうしたことを常に意識をしておくことで、人間関係にヒビが入ることなく、さらに良い状態を保つことができるはずです。

 

一度壊れてしまった人間関係を取り戻すことは難しいことです。誠実さをしっかり意識をして行動するようにしましょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.