仕事の失敗談を笑いに変える確実な3つの方法

仕事の失敗談
仕事上での心の悩み

仕事をしていると大きな失敗、小さな失敗、ほんとうに色々な失敗をします。

 

失敗をしたとき、笑える(笑ってもらえる)失敗談にするには、コツが3つありますので、そのコツを紹介します。

 

安心して失敗しろとは言いませんが、心がけでできることですので、是非、試してみてください。

 

1.抱え込まずにうまく人を巻き込むこと

まず、ひとつめは「抱え込まずにうまく人を巻き込むこと」です。

 

真面目な性格の人ほど、トラブルや困ったことが発生したときに、自分の力だけで解決しないといけないと責任感を感じてしまい、必要以上に頑張ってしまいますが、問題を大きくしてしまったり、複雑にしてしまうことが多いです。

 

自分ひとりで解決しようと青い顔をして頑張ったけど、問題がどんどん複雑になり、手に負えなくなってしまうというようなことがよく起こります。

 

「なぜ、もっと早くに相談しないんだ!!」

 

と怒られたことのある人は多いはずです。

 

そういう人は、色々な意味で損をしています。真面目な人ほど、陥りやすい罠です。

 

困ったことを他の人と共有し、他の人の協力を得ながら解決することで、それが一体感の醸成や事実の共有につながり、あとから

 

「~の時はほんと困ったね」

 

「よく乗り切れたよ」

 

など、思い出話ができるようになります。

 

「戦友」という言葉があるように、当事者として一緒に苦労したり、悩んだりした人間同士の間には、言葉にできない信頼関係が構築され、その中で起きた失敗を笑って話せる関係性が構築できます。

スポンサーリンク



困った時に、うまく人を巻き込み、信頼関係を作るチャンスにしましょう。

 

関連記事→明日から実践できる仕事のモチベーションのあげ方3選

2.できることをきちんとすること

 

ただ、困ったことに人を巻き込む場合、気をつけないといけないことがあります。

 

それは、自分のできること、すべきことが何なのかをきちんと考え、自分ができること、すべきことはきちんとするということです。

 

自分の責務を果たしていない人を助けてくれる神様のような人なんて、そうはいません。

 

仕事の失敗談を笑い話にする2つめのコツは、「できることをきちんとすること」です。

 

こういう話をすると

 

「そう言われるから、助けて欲しい」

 

と言えないんだと反論されそうですが、それは大きな誤解をしています。

 

私が言いたいのは、助けを求めるまでの過程(プロセス)をきちんと説明するだけでも全然違うということです。
たとえば、何か調べ物を頼まれ、いろいろ調べようとしたけど、思うように調査が進まなかった場合に

 

「調べろと言われたことが調べられなかった」

 

というだけでは不十分で、自分がどんなことをして調べたのかをきちんと整理したうえで

 

「~をしたが、結果が不十分である」

 

ということを伝える必要があります。

 

巻き込まれる人が求めるのは、そういう情報がなく、一から考えることになったり、一からやり直すことになってしまうのを避けることなのです。
ただ、このあたりの線引きは、人によって違いますし、難しいのは確かです。

 

1つめのコツと2つめのコツの線引きに迷ったら、とりあえず、相談してみて、人に頼った方が良い場合と自分で頑張った方が良い場合の線引きを体で覚えていくしかないのかもしれません。

 

当然、「それぐらい自分で考えろ」と怒られたり、嫌な顔をされることもあると思いますが、そこは我慢して下さい。

スポンサーリンク



3.できなかったことを正しく反省して次に活かすこと

 

最後に仕事の失敗談を笑い話にする3つめのコツですが、これが一番大切なコツになります。
3つめのコツは、「できなかったことを正しく反省して、次に活かすこと」です。

 

失敗談を笑い話にするには、その時の自分ができなかったことを今の自分ができるようになっている、少なくとも進歩していることが必要になります。

 

いつまでたってもできるようにならなければ、それは喜劇ですし、周りの人にとっては悲劇です。

 

いつまでも笑って許してもらえると思っている面の皮の厚い人もいますが、世の中はそんなに甘くありません。
ここで気をつけなければいけないのは、「正しく反省する」ということです。

 

反省というと、自分の現状とあるべき自分とのギャップを探し出し、自分を責めることが反省だと考えている人がいます。

 

「自分はなんてダメなやつなんだ」

 

「こんなこともできない自分なんて最低だ」

 

という風にどんどん凹んでいってしまう人がいます。

 

真面目だと言われる人ほど、こういう傾向にあり、失敗をすごく受け止めてしまい、次への一歩を踏み出せなくなってしまうようです。
私の考える「正しい反省」とは、今できないことを明日少しでもできるようになるためには、今、何をすべきなのかを考えることです

 

関連記事→ストレスを少なくするための仕事のミスでの謝り方紹介

 

考え方ややり方ひとつですぐに効果が出ることもあれば、長い時間をかけないと効果がでないこともあると思いますが、それらをきちんと考え、できる人(=自分が巻き込んだ人)にそれをレビューしてもらって確かめたうえで、真面目にコツコツそれらに取り組んでいくことです。

 

 

あなたのまじめさは、ここで発揮すべきなのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ