ボーナスない

仕事の疑問

今年のボーナスがないだって?!焦らない為に今出来ること

投稿日:

ボーナスがない企業は意外と多い

 

「働いている目的は何でしょうか?」
と聞かれて、どのような返答をあなたはするでしょうか?

  •  生活費をかせぐため
  •  世の中に貢献したいため
  •  自分の存在意義を認識するため

と色々な意見や返答が返ってきそうですね。
現実的な回答では、やはり「収入を得ること」が一番リアリティのある言葉かもしれません。
この報酬の中には、「賞与」があります。
いわゆるボーナスです
ボーナスは、企業の業績によって、大きく変化することがかなりあります。
業績が良ければ、その見返りとして多く還元されることがありますし、業績が悪いと前年より悪くなることもあります。

 
極端な状況だと、ボーナスがないという場合も少なからずあり得る話なのです。
この時にボ-ナスが支払われないと仕事に対するモチベーションが下がってしまう傾向があるのですが、それは家の購入のローンの返済や車の購入代の一部をボーナス時にまとめて支払うという時でしょう。
このような時にボーナスが下がった時に、かなり困ってしまいます。
もし、会社の業績が赤字に転落して、ボーナスが出ないということになってしまったなら、本当に路頭に迷うことにもなりかねません。
しかし、企業によっては、ボーナスそのものが出ない会社もあるのです。
大抵の企業は大なり小なり年2回のボーナスはあるものの、現実的にそのような企業があることを考えれば、ボーナスが下がってしまうことには我慢ができるのではないでしょうか。

 

また、その使い方も見直しが必要かもしれません。
スポンサーリンク



 

ボーナスの考え方

多くの企業はボーナスを支払うタイミングは、年2回ではないでしょうか?
夏と冬です。
世の中でも、ボーナスを当て込んで、「夏のバーゲン」や「クリスマスセール」があります。
このようにボーナスは月々の給料の2倍程度の金額が支払われることもありますので、どうしてもまとまった支払いが必要な時に、助かることと思います。
このボーナスも捉え方が色々あります。
給料の一部として支払われることもりますし、あくまで「一時金」として支払われることもあります。
これらの考え方は、企業によってマチマチですが、いずれにしても企業の業績の良し悪しによって、上下せざるを得ないことが事実でしょう。
このような特性のある一時金に対して、社員がどういう風に受け止め使うかが問題です。
あくまで、毎月の給料とは異なるもので、本当に「一時金」として受け取るものであれば、ローンの一部に充てることも低くなり、貯蓄に回ることができるでしょう。
「世の中はそんなに甘くない。支払いはボーナスがないとローンが組めないよ。」
現実的にはそうなのかもしれません。
しかし、世の中には「ボーナスない」という人がいることを考えると、まだ出るだけ幸せだという考え方をしていたほうがいいのかもしれません。

 

ボーナスは、確かに働く上で、社員の仕事に対するモチベーションを上げたり下げたりする要素があります。
それだけに、支払われることがない企業やそこに勤める人々にとっては、大変、苦しいことではあります。
スポンサーリンク



 

ボーナスが出ないことを想定した生活をしてみよう

 

多くのサラリーマンはボーナスを生活の一部として活用していることと思います。
一方で、自営業の人はボーナスという概念がありません。
「しかし、僕らサラリーマンより努力次第で、月々の収入がよいかも。」
一方でそのような解釈もあるでしょう。
しかし、企業の中でもボーナスを出さない企業や派遣社員さんはボーナスががありません。
彼らは収入としてボーナスがないことを前提に生活設計を作っています。
その生活レベルは極めて質素な上に、老後を考えて貯蓄も意識していいます。
このように苦しい人がたくさんいるのです。
ボーナスがない人々は、より多くの収入をかせぐために、色々な手段もつかっています。
休日や深夜にアルバイトをしたりインターネットを使って副業を取り組んだりしながら、少しでも収入を上げる努力をしているのです。
一定の年収が補償されている人は恵まれている方ですね。
ボーナスがない人が、このように自ら仕事を作ったり、掛け持ちの仕事をしながら努力していることを理解できれば、ボーナスが少なくなったと嘆くことができないのではないでしょうか?
仕事の業績は確かに個人レベルではどうしようもないことが多いです。
どんなに個人の業績・成績がよくても会社自体の経営が悪化すれば、ボーナスが下がることは当たり前のことです。
しかし、その中でいかに自分の収入の中で、生活設計を組み立てるかが重要になってくると思われるのです。
例えボーナスがない場合でも自分で生き抜ける方法を確立していることこそ、本当のビジネスマンかもしれませんね。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.