ボーナスない

仕事の疑問

今年のボーナスがないだって?!焦らない為に今出来ること

投稿日:

ボーナスがない企業は意外と多い

 

「働いている目的は何でしょうか?」
と聞かれて、どのような返答をあなたはするでしょうか?

  •  生活費をかせぐため
  •  世の中に貢献したいため
  •  自分の存在意義を認識するため

と色々な意見や返答が返ってきそうですね。
現実的な回答では、やはり「収入を得ること」が一番リアリティのある言葉かもしれません。
この報酬の中には、「賞与」があります。
いわゆるボーナスです
ボーナスは、企業の業績によって、大きく変化することがかなりあります。
業績が良ければ、その見返りとして多く還元されることがありますし、業績が悪いと前年より悪くなることもあります。

 
極端な状況だと、ボーナスがないという場合も少なからずあり得る話なのです。
この時にボ-ナスが支払われないと仕事に対するモチベーションが下がってしまう傾向があるのですが、それは家の購入のローンの返済や車の購入代の一部をボーナス時にまとめて支払うという時でしょう。
このような時にボーナスが下がった時に、かなり困ってしまいます。
もし、会社の業績が赤字に転落して、ボーナスが出ないということになってしまったなら、本当に路頭に迷うことにもなりかねません。
しかし、企業によっては、ボーナスそのものが出ない会社もあるのです。
大抵の企業は大なり小なり年2回のボーナスはあるものの、現実的にそのような企業があることを考えれば、ボーナスが下がってしまうことには我慢ができるのではないでしょうか。

 

また、その使い方も見直しが必要かもしれません。
スポンサーリンク



 

ボーナスの考え方

多くの企業はボーナスを支払うタイミングは、年2回ではないでしょうか?
夏と冬です。
世の中でも、ボーナスを当て込んで、「夏のバーゲン」や「クリスマスセール」があります。
このようにボーナスは月々の給料の2倍程度の金額が支払われることもありますので、どうしてもまとまった支払いが必要な時に、助かることと思います。
このボーナスも捉え方が色々あります。
給料の一部として支払われることもりますし、あくまで「一時金」として支払われることもあります。
これらの考え方は、企業によってマチマチですが、いずれにしても企業の業績の良し悪しによって、上下せざるを得ないことが事実でしょう。
このような特性のある一時金に対して、社員がどういう風に受け止め使うかが問題です。
あくまで、毎月の給料とは異なるもので、本当に「一時金」として受け取るものであれば、ローンの一部に充てることも低くなり、貯蓄に回ることができるでしょう。
「世の中はそんなに甘くない。支払いはボーナスがないとローンが組めないよ。」
現実的にはそうなのかもしれません。
しかし、世の中には「ボーナスない」という人がいることを考えると、まだ出るだけ幸せだという考え方をしていたほうがいいのかもしれません。

 

ボーナスは、確かに働く上で、社員の仕事に対するモチベーションを上げたり下げたりする要素があります。
それだけに、支払われることがない企業やそこに勤める人々にとっては、大変、苦しいことではあります。
スポンサーリンク



 

ボーナスが出ないことを想定した生活をしてみよう

 

多くのサラリーマンはボーナスを生活の一部として活用していることと思います。
一方で、自営業の人はボーナスという概念がありません。
「しかし、僕らサラリーマンより努力次第で、月々の収入がよいかも。」
一方でそのような解釈もあるでしょう。
しかし、企業の中でもボーナスを出さない企業や派遣社員さんはボーナスががありません。
彼らは収入としてボーナスがないことを前提に生活設計を作っています。
その生活レベルは極めて質素な上に、老後を考えて貯蓄も意識していいます。
このように苦しい人がたくさんいるのです。
ボーナスがない人々は、より多くの収入をかせぐために、色々な手段もつかっています。
休日や深夜にアルバイトをしたりインターネットを使って副業を取り組んだりしながら、少しでも収入を上げる努力をしているのです。
一定の年収が補償されている人は恵まれている方ですね。
ボーナスがない人が、このように自ら仕事を作ったり、掛け持ちの仕事をしながら努力していることを理解できれば、ボーナスが少なくなったと嘆くことができないのではないでしょうか?
仕事の業績は確かに個人レベルではどうしようもないことが多いです。
どんなに個人の業績・成績がよくても会社自体の経営が悪化すれば、ボーナスが下がることは当たり前のことです。
しかし、その中でいかに自分の収入の中で、生活設計を組み立てるかが重要になってくると思われるのです。
例えボーナスがない場合でも自分で生き抜ける方法を確立していることこそ、本当のビジネスマンかもしれませんね。

スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.