残業の上手な断り方と必要な意識の持ち方

残業の断り方
仕事の疑問

残業したくない。一度は誰もが思ったことがあるのではないでしょうか?

 

断ることが出来たらどんなに楽だろうか?と考えている人は多いはずです

 

今回は残業の上手な断り方と意識の持ち方について記事を書いていきたいと思います
スポンサーリンク



 

残業をやらなければいけない時もあることは理解しよう

残業の断り方

 

どの仕事を進める上でも意識しなければならないことがあります。

それは締め切りです。

何事にも、必ずスケジュールはつきものです。

仕事では、何か成果=結果を出さないと仕事をしているとは言えません。

何故かというと、それで給料をもらっているからです。

 

そのためには、自分のやっている働きの中で、その仕事は何のために取り組んでいるか、また、何時までにしあげなければならないのかを常に意識しておく必要があります。

 

今、実行している仕事を期日までに完了させないと、いたずらに時間を浪費しているだけに過ぎません。

よって、時間感覚も持ちながら進めていくことが重要になってきます。

 

そのためには、必要に応じて残業を余儀なくすることもあるでしょう。

夜、遅くまで会社にいながら決められた期日までに仕上げていくことも必要です。

 

しかし、予定に完了するのであれば、例え上司から夜遅くまで継続するように言われても、受ける必要はないのです。

相手が納得できるような断り方があれば、周りとの波風も立つことがなくなることと思います。

 

必要以上の時間延長的な仕事はする必要がありません。

 

よって、日頃の仕事の進め方、スケジューリング、管理方法をあらかじめ決めておいて、1ヶ月、1週間という単位で進めていくことが、重要になってきます。

その結果、仕事が完了する過程において、ムダな時間がなくなるのです。

スポンサーリンク



関連記事→苦手な仕事を無難にこなすおすすめの3つの方法

 

相手を納得させる仕事管理ができれば断るのは簡単

「今夜は残業をしてくれ。」

 

と言われた場合に、相手の感情を逆なでしない上手な断り方があれば、それは職場にとっても決して悪いことではないと思います。

 

仕事を進めで出来上がりのメドが立っているなら

 

「明日の何時までには完了できるので、残業する必要はありません。余計に残業でコストをかけることもないですし。」

 

このような言葉は納得のいく説明ですし、上手な断り方ではないでしょうか。

 

しかし、これを言えるためには、キチンを正確な進捗状況を上司と共有化して、理解を得ておくことが必要です。

 

独りよがりの進め方で、期日までに完成できたとしても、それが会社や上司の考え方と方向性が違う内容であれば、仕事の完了とは呼べません。

 

このようなことから、仕事のあり方、意義、管理方法について、常に職場全体の理解を支援を得ることができるように、報告・連絡・相談という基本行動に乗っ取って、推進していくことが大事なのです。

 

これができてこと、自分が経過報告の中で

 

「明日までに完了できる見込みです。」

 

という言葉にも信頼性が出てくるのではないでしょうか?

 

もし、貴方が何時も1人で勝手に仕事を進めていくようでは、決して信頼されす、強制的に残業指示が来ることでしょう。

 

残業も「業務命令」なので、指示をして受ける義務があることも理解して、上司や同僚の理解を得ることができるかも十分に配慮しておく必要があります。

 

もし、このような行動ができなければ残業を断ることは難しいです。

関連記事→残業をしないための断り方と必要な意識の持ち方

 

コスト意識の高さが残業を断る説得性を高める

残業を断る説得力

昔は残業することが、評価の1つではありました。

 

夜遅くまで、仕事で頑張っているという会社に対する忠誠の証とも受け止められたのでしょう。

 

しかし、今の企業では、このような考え方は非常にナンセンスなことです。

 

少しでも、コストを削減し経営を健全化することが要求される時代です。

 

限られた時間内で、効率性の高い仕事ができる人が評価される時代ですし、それが当然のことだと思われます。

 

しかし、仕事には期日まで仕事をこなさなければならないということも現実的に存在していることです。

 

そのようなことから、仕事はやたら時間をかけるのではなく、決まった時間内で終えることが正しいのです。

 

このようなことから、残業要請があったとしても「コスト削減」を根底にした断り方は、ある程度、納得を得やすい言い方でしょう。

 

反面、自分のプライベートを優先させてしまうことについては、中々、断ることができないかもしれません。

 

それは、仕事管理ができていない中での発言と受け止められてしまうからです。

 

もし、プライベートなことでの断りでも、仕事の進め方~完了までの管理について、上司と共有化されているのなら

 

「アイツの言っていることは心配ない。」

 

と信頼関係が構築されているがゆえに、残業命令があっても、大きな支障にはならなりと思います。

 

上司も人間です。

 

自分の夜遅くまで仕事はしたくないでしょうし、部下とのいさかいも起こしたくはありませんので、仕事のあり方について、常に考えていることがともて大切なことです。

 

スポンサーリンク



“残業の上手な断り方と必要な意識の持ち方” への4件のフィードバック

コメントをどうぞ

ページの先頭へ