仕事が長続きしない人が長続きするための考え方

仕事が長続きしない
仕事上での心の悩み

仕事が長続きしない人の傾向は共通しているものがあります。

 

気分にムラがあり飽きっぽい性格の人。

 

周りとの協調性がなく、上司や同僚とのいさかいを起こす。

 

決して、これだけが全てではありませんが、会社を変わったり色々な職種に移ったりする人の傾向かもしれません。

 

仕事はたしかに生活するために必要なお金の稼ぐ手段です。

 

しかし、それだけでは仕事の「やり甲斐」や「充実感」を得られず、ただボンヤリを時間を浪費させているに過ぎません。

 

また、そこには仕事に対するモラルもなくモチベーションを上がることは、よほどのことがない限り上がることはないでしょう。

 

職を転々とする人は、このように特別な目的意識も薄く、ただ身体を動かしているだけとなってしまいます。

 

これだとせっかく企業に就職じていても、何の意味も成しえないことになり寂しいことです。

 

また、このような方々は一度、職を失ったことで失業保険を受けながら毎日を過ごします。

 

保険も本来であれば、次の仕事が見つかるまでの一時的なつなぎなのです。

 

しかし、この期間中に楽することが身体に染み込んで、「働くこと」の意義や必要性が分からなくなるのです。

 

このようなことから、いかに仕事をすることが、自分の成長につながるのか、社会や周りの人々に貢献しているのかを感じ取れるようになると、就業意識を高まってくると考えられます。

 

働く素晴らしさを肌で感じとることができれば心配はありません。
スポンサーリンク



 

関連記事→何がしたいのかわからないから脱出する仕事術

1つの仕事に喜びを感じ取ることが必要

仕事をしていく中で、一番、心掛けておきたいことは、「貢献する」ということです。

 

「貢献できる仕事」とは、「人のために尽くす仕事」と置き換えても良いでしょう。

 

それは、人のためであり社会のためでありますが、ひいては自分のためでもありますし家族のためでもあります。

 

このように仕事をするということ、収入を得るということには間違いないのですが、それだけでは、成長することはできません。

 

自分の仕事を通して社会に貢献するという意気込みがあれば、どのような仕事でも、きつい仕事も耐えることができるのではないでしょうか?

 

ある学生の体験談です。

 

その学生は大学生になり、生まれて初めてアルバイトをすることになりました。

 

職種はファーストフード店の仕事です。

 

対面で接客するのですが。普通であれば、初めての仕事ということもあっては、気持ちは「稼ぐためのアルバイト」でした。

 

しかし、訪れる顧客と接することで、自然と笑顔で応対できるようになりました。

 

その時に本人が感じたのが、

 

「お客さんの笑顔が見れて、なお且つ、お金がもらえる。」

 

ということに感動したそうです。

 

このような心境になれたことに本人は感謝しているとのこと。

 

したがって、このような仕事に就けることができた人は、大変ラッキーとしか言いようがないのです。

 

しかし。ここには自分の仕事に誇りを持っているので、長続きしない仕事と感じることはないのです。

 

これこそが理想的な就業感だと思います。

スポンサーリンク



関連記事→自分に向いている仕事がわからない人がするべき3つの事

仕事のお金をもらうことはプロという意識を持つ

 

何でも、お金をもらい仕事をすることは、「プロ」を言っても差支えがありません。

 

「プロ」というと、何も野球選手やサッカー選手のみを指すのではありません。

 

ビジネスマンは、その道のプロを呼ぶにふさわしい存在です。

 

彼らは、自分のやっている仕事に「誇り」と「自信」を持って働いています。

 

そこには「社会貢献」という大きな意義も含まれています。

 

その中で、どんなにつらくてもいつの時代においても、仕事に関する考え方はブレてはならないのです。

 

そのような心境に至ってくると仕事に対して、長続きしないということは無くなってきますし、他人のためにも進めている仕事は自分だけのものではなく、多くの人々のためにもなることです。

 

長続きできない仕事は、何の意味もなく、活動の中で何もなし得えないことがジレンマになり落ちつかないことかもしれません。

 

継続できない仕事とは、本質的には多くの人の共感を呼ぶことが理想です。

 

このような業種・業態について実践することができれば、仕事に対する不安もなくなることでしょう。

 

「続けよう」という意識は常にある人であれば、職種に関係なく多くの仕事をこなすことができるはずです。

 

そうなると、仕事は長続きしないという悩みとは無縁となるのです。

 

最近の企業では、「社会に貢献する」、「お客様に喜んでもらう」ということは前面に企業ポリシーをして掲げられることは少なくありません。

 

よって、これからの就業意識の中では、「長続きできる」という心構えを自分の中に取り入れておくことも大事です。

関連記事→仕事が飽きっぽいと悩む方が行うべきことと持つべき意識

スポンサーリンク



ページの先頭へ