仕事が飽きっぽいと悩む方が行うべきことと持つべき意識

仕事が飽きっぽい
仕事上での心の悩み

仕事をするということは、生活の糧を得るとこが一番の目的です。

 

しかし、それだけでは面白さを感じず、飽きっぽい人になってしまうことでしょう。

 

特に同じ仕事が長続きしない人や何度も転職で会社をコロコロと替える人にとっては、とても苦痛なのかもしれません。

 

厳しい言い方をすると、一つの仕事、職種に収まり切れずに他に目が移ってしまうのであれば、どの仕事に就いても何度も変わる可能性は高いでしょう。

 

このことから、仕事を継続する楽しみや奥深さを感じるにようにすることが計測させるためのポイントになりそうです。

 

就職する時のことを思い出して下さい。

 

おそらくその時は、将来に期待を膨らませて、会社に入ったことを。

 

自分の若い時に学んだ知識やノウハウ、専門性を活かして活躍できると考えたはずです。

 

仕事を通して、自分の特技を最大限に活かすことこそ、仕事の「やり甲斐」を感じる時なのかもしれません。

 

この感覚を持っている人であれば、仕事が楽しくてしようがないはずです。

 

よく言われることが、「仕事を通して、社会に貢献する」ということです。

 

最近の企業のほとんどが、「社会貢献」ということを企業の経営理念の中に盛り込んでいます。

 

それは、従業員の全てがそのような気持ちになり進んでいくことで、会社の業績の伸びてきますし、活気のある職場となってくるからです。

 

モチベーションが高まってくると就業もより高い段階に跳ね上がり、業績も段々と伸びてくるのですが、これには社員一人一人の意識向上が必要になってくるわけです。

スポンサーリンク



関連記事→仕事で嫌なことから逃げてしまうことの3つのデメリット

飽きないで仕事に集中できるためにはどうしたらいい?

 

一つの仕事に集中できない人。

 

飽きっぽい人の傾向とは、どのようなこどでしょうか?

 

恐らく仕事に思いがない人と考えられます。

 

仕事の中にも色々な種類があります。

 

身体を使う仕事。

 

創造性のある仕事。

 

あるいは、毎日、決まったルーチンワークを呼ばれる仕事です。

 

その中で、すぐに飽きてしましそうなのが、ルーチンワークです。

 

いわゆる単純作業の繰り返しになり、意識せずともこなすことができる仕事です。

 

このようなタイプの仕事は確かに、長い時間、続けていると段々と飽きっぽくなるのは事実です。

 

しかし、飽きっぽい前に「慣れ」からくる単純ミスが発生するリスクも潜在化しているのです。

 

したがって、ルーチンワークでも失敗しないような、チェックフローを作り上げる動きも必要になってきます。

 

このように、決めれた仕事においても現状の問題点を見つけたり、解決策を考えることも仕事の一つになってきます。

 

課題の明確化と対策の検討になるのですが、これに取り組むことで、仕事に対する「思い入れ」も強くなってくるのではないでしょうか?

 

ルーチンワークの仕事も一生続くわけではありません。

 

時代の変化とともに、仕事の見直しもしなければならないのです。

 

それも上司や組織に任せるのではなく、自分自ら参画してプランニングすることで、その仕事に対する「やり甲斐」が出てくるのです。

 

ルーチンワークをこなすことだけが仕事ではありません。

 

仕事の中で、常に工夫が必要なのかを考えて進めていくことが大事なのです。

 

そう考えることが出来れば仕事に集中することが出来るのではないかと思います

スポンサーリンク



関連記事→仕事に集中できない ケース別の対策と解決法を考えてみた

 

少しでもいいから今の会社に興味を持ってみることが大事

 

仕事に飽きっぽい人が変わるためには、やはり

 

  • やり甲斐
  • 社会貢献
  • 組織への参加意識

 

が生まれてくると、その仕事に気持ちが入ってきて働くことの喜びを感じるはずです。

 

そのようにすることが、仕事を長く継続させるポイントになるのです。

 

職種の中にクリエーターという仕事があります。

 

彼らは常に世の中の動きやトレンドを察知して、そのようなことを事業として具現化できるかを考えています。

 

このような仕事をしていると、「働き甲斐」があり毎日が充実していことでしょう。

 

このように創造性のある仕事は、常に身持ちは前進させ、心も明るく元気に働くことができるのです。

 

しかし、仕事の「やり甲斐」は創造性のある仕事だけではありません。

 

「社会への参加意識」を感じたり「社会貢献」ということが自覚でいきれば、その仕事を飽きることはなくなってくると思います。

 

どのような仕事においても、改善、改革、変化、見直しということが必要になる時が訪れるものです

 

この段階で、ただ漠然と働いている人であれば、仕事に変革が生まれないし、その仕事自体に魅力を感じることもないでしょう。

 

したがって

 

状況によっては仕事の改革を必要であること

 

働く人に教え自ら改革の中心人物になりえるという意識付けをさせること

 

がモチベーション向上になっていき

 

「仕事に飽きた」

 

ということは少なくなってくるものだと思います

 

関連記事→やりたい仕事がないと思ったときに考えておいて損はないこと

スポンサーリンク



ページの先頭へ