営業で辛いと思うときのケース別対処法

営業が辛い
接客業の悩み

営業の仕事に就いたはいいものの、月々のノルマや、また営業の仕事自体に辛いという感情が芽生えてしまい

 

「辞めてしまいたい…」

 

と悩んでいる方はけして少なくないようです。

 

スポンサーリンク



 

営業の仕事が辛いという悩み

 

営業の仕事は、成績を上げることが出来れば充実感もありますし、また臨時収入などがもらえるなど、業績をアップさせることができますが

 

反対に成績が上がらない場合、会社の方からプレッシャーをかけられてしまうケースも少なくありません。

 

また、会社にもよりますが、多大な営業ノルマなどを課せられるケースのなどもあり、ノルマのプレッシャーなどで身体や精神を壊してしまう方も少なくありません。

 

このため、「営業の仕事が辛い」ということで悩んでいる方もいまの時代は増えているのです。

 

しかし、営業の仕事が辛いと思っている場合、さらに仕事がうまくいかなくなってしまったり、負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

 

このため、営業ノルマを達成するためには、まずは営業の仕事のやりがいや、楽しさを見つけることが必要ですし、自分の気持ちを前向きに奮い立たせてみるという必要性があるのです。

 

最近では、営業に関連した書籍なども多数発売されており、さらに自己啓発本や、営業の極意といった本なども参考になることが多いです。

 

こういった営業に関する書籍などを参考にして、考え方を切り替えてみるというのも一つの方法です。

 

どのように営業という仕事に取り組めばいいのか、また楽しめるのか、こういった本を見て考え直してみましょう。

スポンサーリンク



 

営業のノルマが達成できないという悩み

 

営業のノルマが達成できず、悩んでいるという方は少なくありません。

 

会社によっては、ノルマの量が半端ではないところもあり、会社や上司からの無言のプレッシャーに悩まされているという方も少なくありません。

 

しかし、あまりにも自分がこなせないような多大なノルマを押し付けてくる会社は、少し考え物です。

 

営業に関するノルマというものは、会社の業績を上げるためには、ある程度必要とされているものではありますし、目標達成のために必要となるものとなっています。

 

たとえば、営業の仕事をこなすのは良いけれど、具体的な数値目標がないと、どこまで努力をすればよいのか分からないということになります。

 

このために、設けられているのがノルマというものです。

 

しかし、営業社員に、あまりにも無茶なノルマを課す会社というのはあまり良くありません。

 

あまりにもノルマのプレッシャーが高い場合、転職などを考えてみるというのも一つの方法です。

 

しかし、営業の仕事を辛いと感じる理由の一つに、ノルマがあるようです。

 

しかし、「ノルマ」というと、その言葉やイメージなどで重く受け止められがちですが、しかし、目安にしか過ぎないのです。

 

このため、営業の仕事が辛いからと言って、ノルマをそれほど重く受けとめなくても良いのです。

 

ノルマは、営業をするうえで、自分がどこまでやればいいのか示してくれる目標設定の様なものである、と受け止めるようにすると気持ちも楽になります。

 

営業で怒られるから辛いという悩み

 

営業の仕事では、お客様からお叱りを受けるケースなども多いですし、またクレームなども多い職種であるといえるでしょう。

 

営業の仕事は、直接お客様や、取引先と接する仕事になりますので、何かミスをしてしまったり、行き違いといったことで怒られてしまうというケースもあり、こういった怒られることに慣れないという人や、また怒られるから辛い、と言う方も少なくありません。

 

しかし、怒られるということは、相手の言っていることが正しいケースもありますし、まずは相手の話をしっかりと聞くことが必要となります。

 

どうしても自分一人で対応できないという場合には、上司に報告をして対応してもらうとよいでしょう。

 

また、営業の際にお叱りを受けるケースもありますが、お客様や取引先は、自分たちの至らない点を教えてくれている、と受け止めることも必要です。

 

「怒る」ということには、非常にパワーなどを使いますし、また本当に見限られてしまった場合には、何も言わずに離れて行ってしまいます。

 

しかし、意見を伝えてもらえているということは、まだ可能性があるということなのです。

 

営業をしていて、お叱りを受けると、つい凹んでしまいがちで、仕事を辞めたくなってしまったり、向いてないのかな、と悩んでしまうことも多いと思います。

 

しかし、営業で怒られているのは、至らないところを指導してもらえているのだと前向きに考えてみると、ポジティブに仕事をすることができるのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ