やりたい仕事がない

仕事の疑問

やりたい仕事がないと思ったときの解決に必要な思考

投稿日:

自分のやりたい仕事がないと嘆く人も少なくないと思います。

 
しかし、仕事は選ばなければ、数自体はたくさんあります。

 
但し、働き甲斐を見出すためには、自分が今までどのようなことをしたいのか、どのようなことで社会に貢献できるかをじっくりと振り返ることをするといいと思います。

 
学生時代に就活をして、やっと就職できたにもかかわらず、自分の思い描いていたことと違っている時は、とてもがっかりとするかもしれません。

 
そのようなことのないように、就活する前から自分の意力を活かせる分野をイメージしておくことが大事です。

 
大學に進んでいる人は、じっくり専攻する分野で、将来、研究・開発・営業・サービスと多岐に渡る職種から活路を見つけ出すことが、就職後の活動に大きな開きが出てくるはずです。

 
そのようなことを考えると、高校を卒業した時点で、将来の展望を描き始めることが必要かもしれません。

 
専門学校に進んでいる人は、すでに就職する分野がある程度絞りこまれているはずですから、後は勉強中に自分の専門分野において知識・ノウハウを深めておくとよいでしょう。

 
その過程を踏まえて、就活をしていくと仕事に対する展望が具体化しやすいですし。途中で挫折することも少ないのではないでしょうか?

 
一方で、ただ漠然と学校を卒業して、

 
「ただ、どの分野でもいいので就職することが先決。」

 
ということでは、先が不安な場合があります。

 
このようなことを考えると、やはり明確なビジョンを持っておくことが重要になってきます。

関連記事→何がしたいのかわからないから脱出する仕事術

 

石の上にも三年

 
スポンサーリンク



就職ができてから、研修というステップを終えて正式に各部署に配属となります。

 
この時点では、新鮮な気持ちがまだ継続しているので、仕事に対する姿勢も前向きさがあることと思います。

 
しかし、一年が過ぎて「慣れ」が出てくると、自分のイメージした内容とは異なっており、職場に対する違和感を覚えてくることもあります。

 
この時点で自分の置かれた立場や役目を理解し自覚しておかないと

 
「自分のやりたい仕事がない。」

 
というジレンマに陥ってくることでしょう。

 

この時に意識しておくことは

 
「石の上にも三年」

 
ということです。

 

何事にも「慣れ」が必要ですが、一つの仕事をできるようになるには、三年は必要であるという感覚を常に持っておいてほしいのです。

 

もし、このような気持ちがなければ、どの職場・どの職種でも通用することは難かしいです。

 

理想的なビジネススタイルは、

 

・自分で考えてプランニングする。

・そのための課題、解決策をどのように取れるか?

 

といったことを具体的に計画化する必要がありますが、

 

まず、自分の仕事に対すビジョンを明確に打ち出すことが重要です。

 

しかし。ここまで到達するまでには、自分のよき理解者、支援者も必要となってきます。

 
それが、先輩社員であり上司なのです。

 
彼らは貴方の姿勢なり心構えなりを、じっくりを観察しているはずです。

 
仕事をやり始めた時は、まず、積極的な姿勢と食い持ちを保ちながら、継続していくことで、本当の自分のやりたい仕事を任せられるようになるのです。

スポンサーリンク



転職する時も同じ

 

不幸にして今の会社を辞めざるを得ない時、転職という選択肢を選ぶこともあるでしょう。

 
この時点でも、自分のやりたい仕事が見つからないというジレンマに襲われるかもしれません。

 
近年は、長らく勤めてきた会社を定年を待つことなく退職する人が増えています。

 

 
企業側も賃金抑制のために、退職金も積み増しをしてでも、早期に退職させることを進めている企業が少なくないのです。

 
早期に出ていく先輩の方々さえ、次の仕事が見つからないというのが、一般的です。

 
しかし、会社を辞めても、すぐに再就職できる人も実際にはかなりいらっしゃいます。

 
彼の姿勢は、「仕事はあれば何でもやる。」

 
という積極的な姿勢があるからかもしれません。

 
彼らの年齢になると、経験やノウハウ、そして人脈があるからこそ、今までとは違った職種でも仕事に就くことができるのでしょう。

 
若い人が、やりたい仕事が見つからないという悩みとは、また違った現象です。

 
しかし、自分がやりたい仕事がみつからないということは、本当は

 

「見つからない」

 

のではなく

 

「どのような仕事をしたいのか分からない」

 

ということもかもしれません。

 
このような状態では、いつまで経っても、心から楽しくなれる仕事に就くことは難しいでしょう。

 
選ばなければ仕事は、数多くあるのですから。

 
そういう意味でも、就活前から自分の考えをしっかりと持って、除くことが大事なのです。

 
再就職を探している人から比べれば、「若い」という武器は大変有利だということを忘れないでほしいのです。

関連記事→天職の見つけ方とその前に理解しておいて損はないこと

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.