キャリアウーマンの将来の結婚に対する不安を無くす考え方

将来の結婚が不安
働く女性の悩み

「いきなり仕事と結婚は両立できるか?」

と聞かれて、貴方はどのように感じるでしょうか?

 
これについては、男性と女性とでは、大きく違ってくるかしれません。

 
男性は、結婚ということについては人生のステップの一つであるという感覚があることでしょう。

 
しかし、女性にとっては、結婚することで将来に対する不安がつきまとう可能性があるのではないでしょうか?

 
これは性差によることですが、昔から女性は結婚したら、家庭に収まるという価値観はありました。

 
今でも、そのような考え方はあるかもしれませんが、女性も男性と同様、第一線で活躍している人もたくさん、いらっっしゃいます。

 
これが現実です。

 
しかし。男性を異なることは「出産」ということがあります。

 
この時は、どうしても「子育て」を避けることはできません。

 
男性でもある程度は「子育て」はできるのですが、女性でしかできないこともたくさんあります。

 
このようなことを考えると、仕事を中心にと考えている女性社員にとって、結婚は不安に感じるかもしれません。

 
近年は、多くの企業が「育児休暇」を充実させています。

 
出産後、一年は休暇を保障されていますし、その後の現場復帰もハードルが低くなっています。

 
これらの制度を活用して、仕事に対する思いを消す必要はないのです。

 
最近は、未婚に男性、女性が増えてきています。

 
しかし、結婚することで老後の生きがいを感じてはじめて

 
「結婚して家族がありよかった。」

 
と感じるものです。

スポンサーリンク



同じ会社で同期の人が、結婚していく。

 
学生時代の友人から、結婚の招待状は届いた。

 
そのようなことが続いてきたら、少なくとも穏やかな気持ちにはなれないものです。

 
この時にあらためて、結婚についても将来的な不安がつきまとうことでしょう。

 
しかし、焦ることはないのです。

 
中には、「結婚ありき」で人生のゴールを目指す人もいます。

 
しかし、それでは決して理想的な結婚とは言えないでしょう。

 
人とのご縁は、自然と訪れるものです。

 
そのように人生観を持っていると、結婚にあこがれるのではなく、一つのステップだとこころが穏やかになってくるものです。

 
一方で、キャリアウーマンの女性が、40歳になっても50歳になっても、仕事中心で、結婚は一切、無線だという人もいっらしゃいます。

 
これも人の価値観である以上、決して間違いだとが言えません。

 
しかし、老後になりふと一人になった時に、独り身の寂しさを覚えてしまうこともあるでしょう。

 
その時に結婚ということが、あらためで意識されるのかもしれません。

 
しかし。働いている以上、仕事中心な生活になっていることが仕方のないことです。

 
したがって、結婚することについては、自分の適したタイミングで考えればよいと思います。

 
結婚について焦ることは必要ありません。

 
但し、本当に信頼でき一緒に歩くことがえきるパートナーと出会えたなら、将来の家族のストーリーを進めていくことも素晴らしい人生を送れることとなります。

 
焦らず自分の人生を味わえるような出会いが必ずあります。

スポンサーリンク




 

気付かない所に本当のパートナーがいる

 

仕事中心で、人生も30代、40代を超えた時

 
「適齢期を過ぎたかな。」

 
と感じることがあるかもしれません。

 
仕事をメインに考えていると、結婚という将来に対する不安さえよぎることがないのかもしません。

 
そして、自分の足跡を振り返ると、「パートナーのと出会いがなかった。」と後悔する人も少なくありません。

 
しかし、意外な所に貴方の理想的なパートナー候補がいるものです。

 
同じ職場でバリバリと仕事をしているがゆえに気づかないのでしょうが、自分の先輩はおろか、部下である男性社員だったりすることもあります。

 
また、取引先の人ということもあるかもしれません。

 
仕事中心で生活することもいいでしょう。

 
しかし、たまに肩の力を抜いて、周りを見渡してください。

 
もしかしたら、貴方に熱い視線で応援している人が、身近にいるのではないでしょうか?

 
結婚は仕事と両立できるかという不安を覚える人や、結婚後、自分の確立してきた地位を失ってしまうという不安に駆られる人も少なくありません。

 
仕事は人生の中では、生活していく手段と同時に人生観でもあります。

 
この考えは間違いではないのですが、その気持ちが強ければ強いほど、結婚とは面の人になっていきます。

 
働くことの大事さと同時に結婚を通して、自分の家族を築いていってこそ生きる自信が生まれ、生きがいを感じるのです。

 
社会的地位にこだわることもいいでしょう。

 
しかし。長い人生の中で、何が一番、素晴らしいことなのかを理解できると結婚もいいことだと思えるはずです。

スポンサーリンク




 

結婚結婚と焦ることはない

 

ページの先頭へ