通勤時間が長い

仕事の疑問

通勤時間が長いことで生活に支障をきたしている人の為の3つの改善策

投稿日:

通勤時間の平均は1時間~1時間30分程となっていて、長いと言えるのは2時間以上の場合です。

毎日往復で他の人より2時間近く長く移動時間があるのですから、1ヶ月、1年となると何十時間、何百時間の差が出てきます。

通勤時間が長いと朝は早起きしなければならなかったり、夜は残業が続くと帰宅が深夜になるなど、身体が辛く感じるものです。

その為に仕事に集中できないと悩む人もいるでしょう。

 

今回はそんな通勤時間が長いと悩んでいる方のための改善策を3つ紹介したいと思います

 

自分なりの楽しみを見つけよう

通勤時間が長い

通勤時間が長い為に毎日疲れが溜まってしまい取れないという人は、平日は自宅でインターネットや読書などのインドア趣味は控え、早くお風呂に入って就寝した方が良いでしょう。

その代わりに朝は早めに起きて、電車に座れる様にします。

通勤時間が長い人のメリットは大体始発に乗れますので座れる、という点です。

電車で座れれば朝の通勤時間の疲れ具合が違います。

座りながら自分なりの楽しみ方を見つけておくと、通勤時間の長さを紛らわすことができます。

現代ではスマホが普及していますので、メールやインターネットは全てこの時間に楽しみましょう。

また、ポイントサイトに登録しておき小遣い稼ぎをするという方法もあります。

普段欲しいものがあれば通勤時間を利用して、ネットで情報を集めておけば、目当ての品物をスムーズに購入できます。

但しスマホでの読書は目に悪いので、文庫本を持ち歩くことがお勧めです。

早い時間の電車に乗ればそれだけ会社に早く着きますので、朝早くから仕事を始めればつきあい残業をせずに帰宅する口実にもなります。

スポンサーリンク



 

家族と話し合って引越しを検討してみよう

通勤時間が長い

通勤時間が長い人は、それだけで人生の大切な時間を損している気持ちになります。

会社としても通勤費の支給額をなるべく抑えたいと思っていることでしょう。

会社によっては交通費は1ヶ月2万円までと制限を設けているところもあります。

もしも交通費が支給額を上回っていて自腹を切っている状態ならば、改善した方が良いでしょう。

どうしてもその場所に住まなければいけないという場合を除いては、引越しを考えた方が良いかも知れません。

引越すことで通勤時間の長さというストレスがなくなれば、毎日仕事に集中できて将来的にもキャリアップが望めます。

独身者ならばすぐにでも通勤に便利な場所で一人暮らしができますが、家族がいると簡単に引越しという訳にはいかないものです。

しかし生活費としての収入を得ている人が毎日通勤時間が長いことで肉体的に披露したり、精神的にストレスが溜まる様では家庭が円満になるとは言えません。

よく家族と話し合って、妥協のできる場所に引っ越すことも検討しましょう。

子供がいる場合、学校のことを考えて引っ越したくない、と思う母親も多くいます。

その様な場合には、学年が変わってクラス替えの時期や、幼稚園から小学校に上がるタイミングなど、人の移動が多い時期を狙って引越しをすると子供も転入先に馴染み易くなります。

家族の為に働いている訳ですから辛いと思ったら相談して協力を仰ぐのは当然のことです。

もしかしたら家族もすんなりと引越しに賛成してくれるかも知れません。

スポンサーリンク



 

今の会社に勤めながら転職先を見つけよう

通勤時間が長い

通勤時間が長いのは、念願のマイホームを購入したことが理由であり、引越しは不可能という人もいます。

殆どの人の場合マイホームローンを組んでいることから、辛くても会社を辞めることができません。

しかしローンがある人程考えてみましょう、

 

通勤時間が長いことで疲れてしいまい仕事に集中できないと、それだけ上司からの評価も下がります。

通勤時間が長いからと他の人よりも早く退社しているのならば、残業代も少なくなってしまいますね。

もしも今の会社にいれば異動や転勤で近くの支店に勤務できる可能性があれば、早めに上司に異動願いを出しておきましょう。

早めに上司に伝えておけば、ポジションに空きが出た時に推薦して貰えます。

しかし異動の可能性がなく将来的にもメリットがないのでしたら、速やかに転職を考えた方が良いでしょう。

但し現在の仕事を続けながら転職活動をすることが大切です。

転職をする際にはブランク期間があると「何か問題がある人なのだろうか」と思われます。

通勤時間中に転職サイトを有効利用して、急がず、焦らず根気よく交通アクセスの良い求人を探しましょう。

通勤時間が長いというのは立派な転職理由になります。

「通勤時間として毎日無駄になっている2時間程を仕事に使いたい」と言えば良いのです。

転職サイトならば面接の時間をアレンジしてくれたり、良い求人を優先的に紹介してくれます。

面接に落ちても今の会社があると思うと安心できますし、毎日良い刺激にもなります。

関連記事→タイミングを見極めることが大切、仕事の3つの辞め時紹介
スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.