転勤したくない

仕事の疑問

転勤したくないなら 転勤の現実と対処法を考えてみた

投稿日:

転勤の命令と言うのは、突然来るものです。

職場で働くサラリーマンにとって、転勤と言うものは、非常にストレスや、負担がかかるものとなります。

 

特に家族がいて、子供がいる場合などは、引越しをせざるを得なくなってしまいますし、学校なども転校をしなければならないケースも多いです。

 

もしあながが転勤したくないと考えている場合、どのような行動をとればいいのでしょうか?今回はそんな転勤についてお話したいと思います

 
スポンサーリンク




 

突然の転勤の命令

突然の転勤

住み慣れた生活を、転勤となると、ガラリと変化させなければいけないため、場合によっては会社を退職しようかな、と悩んでしまう方もいます。

就職活動の際には、転勤をすることを厭わない、という形で採用されたけれど、いざ転勤を命じられると、こんなはずではなかったのに…転勤したくない、とためらってしまう方も少なくありません。

それぐらい、サラリーマンにとっての、転勤と言うものは、かなりストレスがかかるものであり、場合によってはそれが原因で退職を考える方も多いのです。

しかし、転勤の命令があれば、それには必ず従わなければいけません。

最初に、就業規則に、転勤に関する旨が書かれており、それを確認した形で入社しているのであれば、会社の命令には従わなければいけないのです。

このため、転勤をしなければいけない、と命じられた場合、就業規則などを確認してみることも大切です。

最初に、転勤をすることはない、と言われていたのであれば、それは会社の都合になりますので、拒否をすることも可能となっています。

このため、まずは就業規則などを確認してみたり、入社の際の契約書などを確認してみることも大切です。

関連記事→今の仕事がくだらないと感じた時の3つの対処法

スポンサーリンク




 

転勤をしたくないという気持ち

転勤したくない気持ち

サラリーマンにとってこのように転勤と言うのは非常にストレスのたまるものですし、転勤をしなければならないと命じれられてから悩んだうえ、会社を退職を考える方も増えています。

人間は、誰しもが変化を恐れるものであり、今までの職場から転勤したくない、というのは当然の悩みであるといえるでしょう。

しかし、転勤がもう決まってしまったのであれば、転勤をしたくない、と考えたり、悩んだりするのではなく、この機会に、それをプラスにとらえて、前向きに考えるということも大切です。

たとえば、転勤をすることで、もしかすると今までの職場よりも、人間関係が良い所かもしれませんし、職場での評価などがアップするかもしれません。

このため、転勤を必ずしもマイナスにとらえる必要はないのです。

確かに今まで住み慣れた家を離れなければいけないケースもありますし、始めのうちは慣れない職場に、不安やストレスなどがあるかもしれません。

しかし、もしかすると、今まで以上に、仕事で活躍することができるチャンスかもしれません。

せっかく転勤が決まったのであれば、それをチャンスに変えるようにしましょう。

そして、後ろ向きな気持ちではなく、ぜひ前向きな気持ちで、転勤をすると良いでしょう。

 

もしかすると、新しい生活では今まで以上に楽しいことがあるかもしれませんし、新しい職場では、もしかするととてもやりがいのある仕事が待っているのかもしれません。そう考えると気持ちも楽になります。

 

どうしても転勤が嫌ならば退職もあり

30代転職

入社をしたときには、全国に転勤する可能性がある、という条件で入社をしたけれど、いざ転勤を自分が命じられると、困ってしまうという方も多いです。

中には、転勤をしたくないから、会社を辞めたい、と悩んでしまう方も多いと思います。

 

家庭などがあると、引越しなども負担となることが多いですし、なるべく転勤したくない、と考える方は少なくありません。

あまりにも転勤そのものが苦痛で

 

  • 受け入れることが出来ない
  • 家族の生活
  • プライベートを優先したい
  • 今までの生活を変えたくない

 

と考えるのであれば、転勤を拒否するというのも一つの選択肢です。

しかし、サラリーマンの場合、転勤拒否=クビと言うことにもなりかねますので、転勤を拒否することで、退職を迫られることもあるということも頭に入れておきましょう。

最近では、転勤がない会社もありますし、こうした会社に転職をするという方法もあります。

どうしても転勤をすることが嫌だという場合には、会社にその旨を伝えるようにしましょう。

しかし、その際には、転職活動をして、転職先があるのかどうか、ということや、年齢的なことなども考えることが必要です。

やはり、今の時代は、正社員の中途採用はとても厳しい時代となっているため、望んだ会社に入社することができるとは限りません。

会社を退職するというのは、それなりにリスクを伴うものとなります。

転勤を拒否するのであれば、会社を退職するものである可能性が高いと考えましょう。
関連記事→必ず知っておきたい転職準備のノウハウ3つ
スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.