転勤したくない

仕事の疑問

転勤したくないなら 転勤の現実と対処法を考えてみた

投稿日:

転勤の命令と言うのは、突然来るものです。

職場で働くサラリーマンにとって、転勤と言うものは、非常にストレスや、負担がかかるものとなります。

 

特に家族がいて、子供がいる場合などは、引越しをせざるを得なくなってしまいますし、学校なども転校をしなければならないケースも多いです。

 

もしあながが転勤したくないと考えている場合、どのような行動をとればいいのでしょうか?今回はそんな転勤についてお話したいと思います

 
スポンサーリンク




 

突然の転勤の命令

突然の転勤

住み慣れた生活を、転勤となると、ガラリと変化させなければいけないため、場合によっては会社を退職しようかな、と悩んでしまう方もいます。

就職活動の際には、転勤をすることを厭わない、という形で採用されたけれど、いざ転勤を命じられると、こんなはずではなかったのに…転勤したくない、とためらってしまう方も少なくありません。

それぐらい、サラリーマンにとっての、転勤と言うものは、かなりストレスがかかるものであり、場合によってはそれが原因で退職を考える方も多いのです。

しかし、転勤の命令があれば、それには必ず従わなければいけません。

最初に、就業規則に、転勤に関する旨が書かれており、それを確認した形で入社しているのであれば、会社の命令には従わなければいけないのです。

このため、転勤をしなければいけない、と命じられた場合、就業規則などを確認してみることも大切です。

最初に、転勤をすることはない、と言われていたのであれば、それは会社の都合になりますので、拒否をすることも可能となっています。

このため、まずは就業規則などを確認してみたり、入社の際の契約書などを確認してみることも大切です。

関連記事→今の仕事がくだらないと感じた時の3つの対処法

スポンサーリンク




 

転勤をしたくないという気持ち

転勤したくない気持ち

サラリーマンにとってこのように転勤と言うのは非常にストレスのたまるものですし、転勤をしなければならないと命じれられてから悩んだうえ、会社を退職を考える方も増えています。

人間は、誰しもが変化を恐れるものであり、今までの職場から転勤したくない、というのは当然の悩みであるといえるでしょう。

しかし、転勤がもう決まってしまったのであれば、転勤をしたくない、と考えたり、悩んだりするのではなく、この機会に、それをプラスにとらえて、前向きに考えるということも大切です。

たとえば、転勤をすることで、もしかすると今までの職場よりも、人間関係が良い所かもしれませんし、職場での評価などがアップするかもしれません。

このため、転勤を必ずしもマイナスにとらえる必要はないのです。

確かに今まで住み慣れた家を離れなければいけないケースもありますし、始めのうちは慣れない職場に、不安やストレスなどがあるかもしれません。

しかし、もしかすると、今まで以上に、仕事で活躍することができるチャンスかもしれません。

せっかく転勤が決まったのであれば、それをチャンスに変えるようにしましょう。

そして、後ろ向きな気持ちではなく、ぜひ前向きな気持ちで、転勤をすると良いでしょう。

 

もしかすると、新しい生活では今まで以上に楽しいことがあるかもしれませんし、新しい職場では、もしかするととてもやりがいのある仕事が待っているのかもしれません。そう考えると気持ちも楽になります。

 

どうしても転勤が嫌ならば退職もあり

30代転職

入社をしたときには、全国に転勤する可能性がある、という条件で入社をしたけれど、いざ転勤を自分が命じられると、困ってしまうという方も多いです。

中には、転勤をしたくないから、会社を辞めたい、と悩んでしまう方も多いと思います。

 

家庭などがあると、引越しなども負担となることが多いですし、なるべく転勤したくない、と考える方は少なくありません。

あまりにも転勤そのものが苦痛で

 

  • 受け入れることが出来ない
  • 家族の生活
  • プライベートを優先したい
  • 今までの生活を変えたくない

 

と考えるのであれば、転勤を拒否するというのも一つの選択肢です。

しかし、サラリーマンの場合、転勤拒否=クビと言うことにもなりかねますので、転勤を拒否することで、退職を迫られることもあるということも頭に入れておきましょう。

最近では、転勤がない会社もありますし、こうした会社に転職をするという方法もあります。

どうしても転勤をすることが嫌だという場合には、会社にその旨を伝えるようにしましょう。

しかし、その際には、転職活動をして、転職先があるのかどうか、ということや、年齢的なことなども考えることが必要です。

やはり、今の時代は、正社員の中途採用はとても厳しい時代となっているため、望んだ会社に入社することができるとは限りません。

会社を退職するというのは、それなりにリスクを伴うものとなります。

転勤を拒否するのであれば、会社を退職するものである可能性が高いと考えましょう。
関連記事→必ず知っておきたい転職準備のノウハウ3つ
スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.