正社員を目指すなら知っておきたいメリットとデメリット

正社員のメリットデメリット
転職の悩み

働き方のスタイルは様々にありますが、雇用主から給与を得るサラリーマンとして働く場合、多くの人は正社員を希望します。

 

ですがその正社員にもメリット、デメリットがあるのです。

 

今回はそんな正社員のメリットデメリットを紹介していきたいと思います

スポンサーリンク



 

正社員とは!?その特徴について

正社員のメリットデメリット

正社員とは、企業などの雇用主から直接雇われる正規の労働者を言います。

 

これに対して非正社員となるのが、派遣社員やアルバイト・パート、契約社員などです。

正社員の大きな特徴は、雇用の期間が定められていない点と言えます。

 

本人が退職を希望しなければ、大きな問題がない限り定年まで雇われるのが基本となっています。

 

同じ会社で安定して長く勤められる点が、派遣や契約社員などと大きく異なる点です。

 

しかし正社員でも会社の業績などが悪化すると、法律にのっとって退職を求められる事があります。

正社員の給与面での特徴は、勤務年数に応じた昇給があり、毎月の給与の他に賞与が支給されるケースが一般的です。

 

また退職金が支払われるケースも多くあります。

 

年齢や業績に応じて昇格や昇進があるケースが多く、それに応じた役職手当なども支払われます。

 

一方、正社員の場合、会社から転勤や異動を求められる事もあり、それも特徴のひとつです。

正社員の待遇面での特徴をあげると、社会保険に加入でき、会社によって住宅手当や資格取得手当などの各種手当が受けられます。

 

さらに会社によって各種の福利厚生が用意されており、娯楽施設の優遇利用や会社の保養施設の利用などがその一例となります。

 

これらの各種手当てや福利厚生の内容は各会社で異なっており、大手の企業ほど充実している傾向があります。

 

以上が正社員の特徴ですが、このような特性を踏まえ、そのメリットとデメリットについて次に見ていきましょう。

スポンサーリンク



安定して働きやすい、正社員のメリット

正社員のメリットデメリット

正社員の大きなメリットは、安定して長く勤められる点があります。

 

家庭を持ったサラリーマンにとっては、何よりのメリットと言えます。

 

給与や賞与なども安定しているため、長期的な住宅ローンなども組みやすいと言えます。

 

仕事の長期的な目途が立っていることは、安定した生活にはなくてはならないもので、そのような環境を望んで多くの人が正社員を目指しています。

長期的に働くことができるため、仕事にも腰を据えて取り組むことができるメリットもあります。

 

同じ仕事でじっくりキャリアを積んで、業績などが上がればやりがいも増してきます。

 

仕事が認められて昇進などがあれば、大きな満足感も得られるでしょう。

 

年齢を増せば後進の指導などにも携わるようになり、新たな自分の役割に前向きな気持ちが湧きます。

正社員の場合、金銭的なメリットがある点も大きな魅力です。

 

昇給があるため年齢に応じた給与や賞与の増加が見込めます。

 

定年まで勤めあげれば、定年後の生活を支えてくれる退職金も手に入り、長く勤める程に正社員の金銭的なメリットを実感できます。

 

住宅手当や家族手当も収入面でプラスされれば、暮らしにゆとりが生まれるでしょう。

また福利厚生面での優遇は正社員ならではのメリットで、レジャー施設などを格安に利用できる特典などは、家族サービスとして利用できます。

 

このように正社員で働けば各種のメリットがあり、生活全体の質を向上させてくれます。

 

しかし、デメリットがあるのも事実ですので、次にご紹介します。

正社員にもある、そのデメリットとは?

正社員のメリットデメリット

 

メリットがいっぱいある正社員ですが、デメリットも当然あるものです。

 

正社員の場合、会社の定める勤務時間や休日に従って動くのが基本で、自分の都合などに合わせた自由な時間設計はできません。

 

有給があっても、仕事の繁忙度に応じて使用しづらいケースも多々あります。

 

毎年の有給を使わずに終わってしまう人も多いようです。

関連記事→有給が取れない・・・少しの工夫で有給が取れるテクニック紹介

 

また休日出勤の問題もあります。急な休日出勤の場合も少なくなく、要請されれば正当な理由がない限り応じる必要があるでしょう。

正社員の場合、残業の問題もデメリットとなるケースがあります。

 

忙しい職場などでは、自分の担当する仕事を消化するために、連日の残業を余儀なくされる場合も多くあります。

 

最近は過酷な残業が社会問題となっているため、会社をあげてノー残業に取り組んでいる事例もありますが、まだまだ問題も残っています。

関連記事→残業をしないための断り方と必要な意識の持ち方

 

残業代が支払われない会社もあり、正社員として働き続けるために過剰な労働にも苦言を呈すことができない環境に、苦しんでいる人もみられます。

 

残業や休日出勤が原因で家族サービスができず、家族関係が崩れると言った事例もあります。

また正社員の場合、会社の方針や業務命令には基本的に従わなければならない側面があります。

 

不当に感じる事や意にそぐわない内容でも、正社員で居続けるためには声をあげにくく従わざるを得ないと言った事情は、デメリットと言えます。

 

転勤や異動の命令もその一例です。

 

正社員で入った以上、各種のメリットと引き換えに、多少の犠牲はつきものなのがその特性と言えそうです。
スポンサーリンク



ページの先頭へ