派遣社員のメリットとデメリットと特徴

派遣のメリットデメリット
仕事の疑問

世の中には大きく分けると3つの働き方があります。正社員や派遣、アルバイトやパートなどです。

 

どの働き方にもメリットデメリットはあります。

 

その人の生活スタイルに合わせて働き方を選べますが、状況によっては仕方が無く選択するケースもあります。

 

例えば正社員を希望してもなかなか採用に繋がらない場合です。

 

そのような時には派遣の仕事を検討する人も多いでしょう。

 

アルバイトなどよりも多くの収入が期待できますから、選択肢として考えやすいものです。

 

ではそんな派遣社員はどんな特徴があってメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか?紹介していきたいと思います

 
スポンサーリンク




 

働き方のひとつと言える派遣の仕事の特徴

派遣社員のメリットデメリット
派遣の仕事を始めるためには、まずは派遣会社に登録します。

 

履歴書などの書類を提出し、職種や勤務内容などの希望条件も登録します。

 

その後、希望条件に合った派遣の仕事を紹介してくれます。

 

その仕事を希望すれば派遣先との面接が行われ、問題が無ければ派遣雇用の開始となります。
派遣の仕事の大きな特徴は、雇用主が派遣会社にある点です。

 

勤務先の会社はあくまでも派遣先と言う扱いとなります。

 

また雇用期間が定められている点も大きな特徴で、正社員とは違い期間雇用のケースが多いものです。

 

一定の雇用期間を定め、その時点で終了というケースと、双方が希望すれば雇用の延長が続くケースもあります。

 

さらに派遣の特徴として、時給などの賃金が比較的高いという特性があげられます。

 

案件によって時給の差は大きいものですが、高い賃金の仕事もたくさんあります。

このような特徴をもつ派遣の仕事ですが、その特性上メリットとデメリットがありますので、次に詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



 

派遣の仕事のメリットとデメリット

派遣社員のメリットデメリット

派遣の仕事を検討するのであれば、事前にそのメリットとデメリットは知っておきたいポイントです。

 

まずはメリットを紹介しましょう

 

雇用期間や勤務時間が定められていることで、自分の生活スタイルに合わせた働き方が可能となります。

 

雇用期間がなく残業が発生しやすい正社員の場合は、そのようなことは不可能と言えます。

 

このスタイルは、人によっては大きなメリットとなります。

 

例えば資格をとるためにスクールなどに通いながら働くケースです。

 

夜間のスクールであれば、昼間の都合の良い時間だけ働ける派遣を選び、一定期間働くことが可能です。

 

資格を取得した後は、その資格を活かした正社員の仕事に挑戦と言ったライフプランが可能となります。

 

派遣の場合、アルバイトなどよりも収入的に安定できるケースが多いのもメリットのひとつです。

 

また概ね勤務時間がはっきり定められているため、都合に合わせて働きやすくなっています。

一方のデメリットについて

 

派遣先の会社から直接雇用されている訳ではないため、長く勤めても正社員のような待遇は望めません。

 

あくまでも派遣先である状態が続きます。

 

一定の雇用条件が満たされれば社会保険などにも加入しますが、在籍する派遣会社の取り扱いとなり、派遣終了で保険加入はなくなり、手続きが必要となります。

 

その他、特にデメリットと言えるのが、派遣先の業績悪化や都合になどによる、派遣雇用の停止です。

 

派遣切りと言う言葉をよく耳にしますが、そのような働き方としての不安定さが拭えないのが、派遣のデメリットと言えるでしょう。

 

また正社員の人と一緒に働くケースが多いため、職場環境によっては扱いの違いに、孤立感や不当感を感じるケースもあるようです

 

関連記事

正社員と派遣社員の扱いの違いに悩まなくてよい3つの理由

 

派遣で働く場合は派遣の特性を活かして働こう

派遣社員のメリットデメリット

このように派遣の仕事を正社員と比べると、仕事の内容は同等の場合でも、その雇用状態が大きく異なります。

 

そのため派遣の仕事を選ぶ場合は、雇用に関する特徴やメリットとデメリットをよく理解し、その特性を上手く活かして働くことが大切です。
派遣の仕事の特性を上手に活かして働く方法のひとつが、前述した自分の生活スタイルに合わせて選ぶケースです。

 

一時的に働きたい場合や、都合の良い時間に働きたい場合などです。

 

学校やスクールに通いながら働く、次の目標や就職が決まるまで働く、家事の空き時間を利用して働くと言ったスタイルがあります。

 

派遣のメリットを存分に活かして働けば、個々のライフプランを実現しやすいでしょう。
一方、就職が決まらない事情などで派遣の仕事を選んでいる人も少なくありません。

 

チャンスがあれば正社員の採用を希望している人は、派遣の仕事をしながら正社員採用への準備期間と捉えると前向きに働きやすいでしょう。

 

未経験の職種でも、資格が活きる仕事も多数ありますので、そのような道に進む準備期間にすることも可能です。

 

また、好きな仕事に挑戦するための準備期間にすることもできます。

 

あるいは、派遣の仕事の内容や職種によっては、その経験を正社員採用に繋げることが可能な場合もあります。

 

いずれにしても、目標があると派遣の仕事もやりがいを持って取り組みやすいと言えます。

 

雇用期間や勤務時間の自由が利き易い派遣の特性を活かして、自分のライフプランを実現するひとつの方法として、働くと良いでしょう。
スポンサーリンク



ページの先頭へ