仕事が認められない

仕事上での心の悩み

仕事が認められないと悩む新人の方におすすめの3つの改善策

投稿日:

学生時代の就活を乗り越えて、やっと希望する会社に就職できた人。

ホっとしたのも、束の間。仕事を認めてもらえないということで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな仕事が認められないことで悩むあなたにおすすめの3つの改善策を紹介したいと思います

スポンサーリンク



1.認めてもらえないことは成長するための試練だと思おう

仕事を認められない悩み

新人導入研修や専門職研修などを経て、やっと配属になったが、自分の思い浮かべていた仕事内容と少しばかり違っている気がすることがあります。

「配属されたばかりなのだから、しばらく慣れるまで頑張ってみよう。」

そう考えて、その職場で自分ができることを考え、努力するとよいでしょう。

その内、1年が経ち2年目、3年目となって、仕事に後輩も出てきて、自分の意志で仕事を創造し進めることができる力が出てくる年齢になるのですから。

しかし、先輩や上司が自分のやっている内容を理解せず、認められない、ということも体験することでしょう。

「どうして、自分の取り組んでいる仕事を理解してくれないのか?嫌われているのか?それとも、評価されるに値しない存在なのか?」

そのように焦り、苛立ち、ジレンマに陥るのかもしれません。

しかし、決して貴方だけが、そのような境遇にあると思う必要はないのです。

先輩社員も上司も若き頃は、同じような経験を何度も繰り返してきているのです。

社会人になって、初めてぶつかる壁かもしれません。

しかし、この壁は貴方を鍛えて成長せてくれる試練だと受け止めて欲しいのです。

壁を一つ一つ乗り越えていくことで、自分の経験となり知識となり、将来に対する力となることは間違いありません。

したがって、仕事で壁にぶつかった時は、めげずに真っ向から立ち向かう気持ちを持ってください。

スポンサーリンク



関連記事→社会人の一年目は慣れること学ぶこと馴染むことだけに集中すべき

2.仕事というものの本質を理解する

仕事が認められない

「自分の進める仕事が認められない。」

このようなことは、ビジネスマンの世界だけでなく、誰もが経験することです。

しかし、この壁を乗り越えなければ、明日の貴方がいないことも事実です。

このような壁を乗り越えるためには、どのようなことをすればいいのか?

まず、仕事を本質を理解することが大事になってきます。

仕事の本質とは、その仕事が会社の進んでいる自供の中で、どのような位置づけにあるのか?

 

今まで営んできた既存事業の継続。

新規事業の仕事。

大きくこのような2つに分けることができます。

特に新規事業分野においては、ありとあらゆる資源、資産を投入して取り組むことになります。

利益を出し、事業として成り立つかのマーケティング調査。

自社の技術力、開発力、サービス、ノウハウを投入して取り組むことができるのか?

そのような観点から、仕事が進んでいくことになります。

しかし、事業は一人では決してすべて成功するものではありません。

会社の経営陣岳で、物事が決まるわけでもありません。

基礎研究者、開発製造技術者、営業、サービス、そしてスタッフと多くの人達の結集があって、初めて事業が進んでいくのです。

その中で貴方が担当する仕事が、どのような位置付けあるのか?

その仕事に対して、自分の貢献できる部分は何なのか?

このように仕事の意義なり本質を理解することが必要なのです。

会社のトップの経営なり事業のビジョンを理解しつつ、自分のなし得ることを考えることが重要なのです。

関連記事→新社会人に伝えたいこと 会社を好きになる努力をすべし!

 

3.仕事の進め方を考える

仕事が認められない

自分の仕事の意義や本質を理解できれば、かなり精神的にも軽くなることでしょう。

後はどのように奨めることができるのがを検討していくことになります。

ここで大事なことは、スゲジュール感を持って進めることです。

事業においても、ブロジェクトにしても、全ての仕事に期限があります。

自分の担当する仕事においても、そのスゲジュールを意識しながら、進めていく必要があります。

一人では出来ないことであれば他の関係各所の支援も貰いながら、取り組む必要があるかもしれません。

但し、重要なポイントは貴方が行っている。仕事を理解できているかということです。

周りの理解を得られないと、一人で頑張っていても、どうすることもできないことがあります。

「アイツは何をしているのか、分からない。」

このことから、「仕事柄認められない。」というジレンマに陥ることになるのかもしれません。

周りの理解や支援を得るためには、常にコミュニケーションが必要になってきます。

「報・連・相」というキーワードは、ビジネス社会では必須です。

その中から、自分の進むべき方法が見えてくるのです。

もし、間違った方向に進もうとしているのであれば、上司からもアドバイスがあるはずです。

しかし、常に会話をしていないとこのような適切なアドバイスもうけることはできません。

したがって、仕事の進め方は、常に周りの考えも理解しながら、且つ、自主的名発想と行動力も併せながら、進めていくことが大事になってくるのです。

スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.