出世したくないと考えている方が行うべき3つのこと

出世したくない
仕事上での心の悩み

かつて「出世」は組織や企業で働く人にとって、誰もが意識する、当然の目標でした。

しかし、昨今、「出世したくない。キャリアアップなんかしたくない」と考える人が増えています。

「出世したくない」という人が「出世したい」という人を上回ったという調査もあるくらいです。

では、「出世したくない」と思ったら、どのように対処すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク



 

今回はそんな悩みを解決するために行わなくてはならないことを3つ紹介したいと思います

 

1.今与えられている仕事はきっちりこなしましょう

出世したくない

「仕事の手抜きをすればいいのでは?」

 

と考える人もいるでしょう。しかし、それはNGです。

仕事の手抜きを早い段階ですると、「使えない人材」という評価を受けることになります。

その評価が上司や先輩、さらには同僚や後輩にまで広まると、その職場に居づらくなってしまい、精神的に追い詰められたあげく、結果として退職ということにもなりかねません。

いかに「出世はしたくない」と思う人でも、退職したいとは思っていないはず。

 

退職すれば、新たに仕事を見つけなくてはならなくなり、転職した先で、また一からやり直さなければならなくなるのです。

それは、どう考えても賢明な選択とは言えないでしょう。

 

あなたが今の仕事は続けながら、できるだけ出世しないようにしたい」と思うのであれば

 

「今の仕事」を継続できるだけの仕事は、しなければなりません。

特に早い段階では、「とりあえず、今与えられている仕事はきっちりこなう」という意識を持つことをおすすめします。

「居心地がいい状況で、出世しないで長く勤める」のが、あなたにとって最善の道なはず。そのためには、仕事はきちんとこなした方がいいのです。

関連記事→仕事よりも家庭を大事にしたいと思うなら実践してほしいこと

スポンサーリンク



2.「出世の許容範囲」を決めておきましょう

出世の許容範囲

念のために触れておきたいのですが、言うまでもなく、出世は人事異動の一つです。

 

そして、人事異動は会社や組織の正当な業務命令なのですから、正当な理由がない限り、それを拒否することは原則としてできません。

もちろん、何らかの正当な理由を作ることは可能ですが、ただ「出世したくないから」という理由で、キャリアアップを拒むことは、かなりむずかしいといっていいでしょう。

それに、いくら出世したくないといっても、「定年退職するまで平社員のまま」というのは、世間体もありますし、自分は良くても家族が肩身の狭い思いをするということもあるでしょう。

 

若い方が出世したくないというのと30代、40代が出世したくないというのでは相手に与える印象は全然違います。

実際に、生涯平社員であり続けるのは、至難の業です。どうしてもどこかで昇進ということになると考えたほうが、現実的です。

それを前提とした上で、「できるだけ出世しない方法」を考えたほうが賢明でしょう。

おすすめしたいのが、「ここまでの出世なら許せる」という出世の上限を決めておくという方法。

たとえば「部長までは何とか許せる。その上の取締役だけは絶対になりたくない」というように決めるのです。

そして、部長になったらその段階で、それ以上の出世をしないための「努力」をしましょう。

会社の人事の「ライン」から外れるとか、クビにならない程度の小さなミスをあえてするとか、あるいはこの段階で「手抜き」をして、社内的評価をあえて低めるという方法もあります。

この段階では、すでにある程度のキャリアにはなっているわけですから、もし降格ということになっても、社内で居場所を失うということはありません。

 

「細く長く生きる」ためには、ある程度の出世はしておいた方が、実はいいのです。

関連記事→出世する人の特徴と出世しない人との3つの違い

3.キャリアアップした段階で、自分と向き合ってみましょう

自分と向き合う

 

前項でお話ししたとおり、キャリアアップを完全に防御することは、現実的とは言えません。

「クビにならないように」という程度にでも、仕事を長く続けていけば、係長や主任、あるいはその補佐ぐらいの地位には上がるのがふつうです。

そこでおすすめしたいのは、人事異動で昇格したときに、改めて自分の気持ちと向き合ってみるというやり方です。

入社当初は「絶対に、出世したくない」と強く思っていた人でも、実際に昇格を経験すると、気持ちが変わってくるということが少なくありません。

突然、「どんどん出世して、社長を目指そう」というように、極端に変化することさえ、実際にあります。

そこまでいかなくても、「出世も悪くないな」と感じるケースが、大変多いのです。

もし、そのように気持ちが変われば、出世そのものが、あなたにとって悪いことではなくなりますよね。

そして、出世を望むようになれば、仕事のモチベーションが高まりますし、仕事自体が楽しく、やりがいのあるものに変貌するにちがいありません。

「楽しい、充実してる」と感じながら仕事をするのは、間違いなく幸せなことですよね。

つまり、もし、昇進によって気持ちが変われば、今とは違う人生観、今とは違う人生の喜びを手にすることも可能なのです。

ですから、もし心ならずもキャリアアップしたなら、その時の自分と向き合って、気持ちの変化を見つめてみることを、ぜひおすすめします。

見つめなおしてみて、それでも「やっぱり、どうしても出世したくない」というのであれば、前項を参考に、出世しない努力を続けるといいでしょう。

つまり、あなたには選択肢が複数あるということなのです。

スポンサーリンク



“出世したくないと考えている方が行うべき3つのこと” への1件のコメント

コメントをどうぞ

ページの先頭へ