仕事についていけない

仕事上での心の悩み

仕事についていけないと感じた時にしてほしい3つのこと

投稿日:

新しい仕事についた当初は、なかなか仕事が覚えられなかったり、ほかの人のように仕事をこなすことができないということがよくあります。

そんな状況になると、生真面目な人ほど「仕事についていけない」と思い悩んでしまうものです。

仕事に対して不真面目であれば、そんな悩みを抱えることもないのですから、そう感じているということは、仕事に対して真摯でまじめな証拠と考えていいでしょう。

そう認識した上で、今の状況を改善するために、してほしいことを3つ紹介します。

スポンサーリンク



 

1.入社できたという事実から、正しい自己評価をしましょう

仕事についていけない

 

1つ目は、正当な自己評価です。「仕事についていけない」と感じると、どうしても自信を失ってしまいます。

 

「仕事ができない自分はダメだ」と思ってしまうわけですね。

こんな風に自分を低く評価し、自信を喪失してしまうと、ますます仕事に対してネガティブ思考になり、結果として、さらに良くない状況に陥るということにもなりかねません。

そうならないために、ぜひ自覚してほしいのが、「今働いているこの会社に入社できたという事実」です。

面接や筆記試験を通じて、会社はあなたについて「この人材ならうちの会社に貢献する働きをしてくれる」と評価したからこそ、採用したわけですよね。

そして、今のセクションに配属されたのも、「この人なら、この仕事ができるはず」と、人事担当者が判断した結果です。

あなたを採用し、配属を決めた人は「人材を見つけるプロ」と言っていいでしょう。

 

そのプロがあなたのことを認めたということは、つまり、今の仕事があなたにできないはずがないんですよ。

今はただ、仕事を身に着けるのに時間がかかっているだけです。

ですから、「いつか必ず仕事を覚え、ついていけるようになる」と考えてまちがいありません。

自信をもつことが、事態を打開するための第一歩と言っていいでしょう。

スポンサーリンク



関連記事→仕事が出来なくて辛いと悩むあなたはすばらしい人だといえるわけ

2.細かい仕事マニュアルを作ってみましょう

仕事マニュアル

仕事についていけない理由を、一度考えてみましょう。

いろいろな理由があるでしょうが、多くの場合、仕事を正確に覚えられていないことが「ついていけない」という結果を招くものです。

つまり、仕事を正しく理解することができれば、事態は改善されるわけですね。

 

「自分の場合は、仕事は理解できているけど、ほかの人のスピードについていけない」というケースもあるでしょう。

けれど、それも、仕事の段取りやコツが理解できていないことが原因になっていることが多いんですよ。

 

つまり、「スピードの問題」というケースでも、仕事をより正確に、より深く理解することによって、改善できるわけです。

そこでおすすめしたいのが、自分のための仕事マニュアルを作るというやり方です。

今、担当している仕事について、まずはすべて書き出してみましょう。

 

そして、その1つ1つについて、必要な準備や必要な資料や備品、段取りの仕方や仕事の進め方、注意点やポイントを、細かく書いていくのです。

こうすると、その仕事の「姿」がはっきり見えてきます。そして、「自分はどこがわかっていないのか」を自覚することができます。

それがわかったら、先輩や上司に質問して、疑問点、不明なところを解決すればいいわけですよね。

「わからないこと」がなくなり、さらには「コツや段取り」が理解できれば、必ず仕事の質もスピードも向上します。

 

もう「仕事についていけない」と悩む必要はなくなるわけですね。

そのためのマニュアル作りを、ぜひ実践してみてください。

 

「自分の後輩ができたと仮定して、その後輩に仕事をレクチャーする」という想定で作成すると、作りやすいはずですよ。

 

 

3.成果主義の業務日誌を作りましょう

仕事についていけない

仕事についていけないという自覚は、アセりにつながるものです。

 

それを防ぐためには、1つ1つの仕事を確実に積み重ねていくのが一番有効です。

「確実に、一歩一歩前進していく」という意識を強く持てれば、無用なアセりは生まれません。

とはいっても、なかなかそうはいかず、ついアセってしまうのが人間の心理というものですよね。

ではどうしたらいいでしょうか?

 

おすすめしたいのは、成果主義の業務日誌を、自分用に作ることです。

 
1日の仕事が終わったら、必ず業務日誌を書きましょう。

 

その際、ミスやできなかったことではなく、できたことや覚えたこと、あるいは周囲に褒められたことなど、ポジティブなことだけを書くのがポイント。

「今日、自分はこれだけの仕事ができた」

 

と確認することで、自信が生まれますし、仕事に対するモチベーションも高まり

 

「明日もがんばろう」

 

という気持ちになれるんです。

自信とモチベーションがアップすれば、当然、仕事に対して積極的になれますよね?

 

前向きに仕事に取り組んでいけば、必ず「ついていけない」という状況から脱することができるはずです。

これは、要するに

 

「一歩一歩確実に前進しよう」

 

という意識を、成果主義の業務日誌で可視化し、毎日自己確認する方法と言っていいでしょう。
考えてみてください。

 

「仕事についていけない」

 

というのは、その仕事を始めて早い段階で感じることですよね。

 

同じ仕事を10年続けている人が「ついていけない」と悩むことはありえません。

つまり、誰でも、仕事を続けていけばどこかで、それを完全に体得することができて、「ついていけない」という悩みから解放されるんです。

早く解放されるための具体的な方法、いかがでしたでしょうか?

 

是非、参考にしてみてください

 

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.