言うことを聞かない部下に悩む人に教える3つの改善策

言うことを聞かない部下
仕事の疑問

社会人になって自分が指導する立場になった時、多くの人が言うことを聞かない部下について悩むと思います。

 

自分の指示に従わず反抗的な態度を取られると「どうしてあいつは人の話を聞かないんだ」と逆に指導する側が心身のバランスを崩してしまう状況も少なくありません。

 

そんな悩みを抱えないためにも今回はそんな言うことを聞かない部下に対しての改善策を3つ紹介したいと思います

スポンサーリンク



 

1.部下のタイプを見極めて対応する

言うことを聞かない部下

そこで大切にしたいのは、タイプをきちんと見極める事です。指導する自分にも性格があるように人には様々な性格があり、指導の受け止め方も異なります

 

大切なのは自分の意見を相手に理解してもらう事です。そのために相手に合った指導方法を考える必要があるのです。

 

人から指導されてすぐ落ち込むタイプには落ち着いた口調で、怒鳴りつける事は避ける必要があります。

 

反抗してくる人には

 

「君の考えはきちんと理解している」

 

と日頃の仕事ぶりを評価したうえで

 

「会社のために協力してくれ」

 

と頼りにしている事を示す態度が大切です。
このような事を聞くと面倒に感じる人もいると思いますが、人に仕事を教える立場になった以上指導も重要な仕事です。

 

自身の仕事を円滑に進めるために指導方法の工夫は必要なのです。
相手に合わせた指導法は時に「差別だ」と非難される事もあります。

 

しかし指導が伝わらず業務に支障が出る事は会社の利益を大きく損ないます。

 

相手が自分の指示に反した態度や行動を取っている現状を理解して、必要な工夫をする事は上司として大切です。

 

タイプを見極めた指導は、信頼関係やモチベーションの向上につながる重要な方法としてお勧めできます。

関連記事→ゆとり世代、新入社員の教育を私が? 上手い付き合い方教えます

スポンサーリンク



2.指導後のフォローをきちんと行う

フォロー

上司がまず理解しておく事は、部下の指導後のフォローが重要という点です。

 

誰でも人から何か言われれば落ち込んだりショックを受けます。

 

それはいくら正しい指導だとしても人によってはその内容を受け入れる事に時間がかかり、心の中に多くの不満を抱える恐れもあります。

 

その時に上司から

 

「さっきは言い過ぎた」

 

「いつも頼りにしてるよ」

 

等のフォローがあると救われたような気持ちになるのです。

言うことを聞かないという状況には、そのようなフォローが行われていない可能性があります。

 

以前私が勤めていた会社では上司が指導後、何のフォローも行わず放置していた結果

 

「あのような信頼できない人からの指導は受け入れられない」

 

と本社に多数の苦情が行きました。

 

自分自身にも間違っている部分はないか上司は考える必要があるのです。
フォローをする事によって

 

「私の事をしっかり考えてくれている」

 

「この人は信頼できる」

 

といった気持ちにつながり、その後はしっかりと上司の指示に耳を傾けてくる可能性は高まります。

 

言っただけで終わりではなく、指導後のフォローは絶対に欠かす事はできないのです。
苦情を受けた以前の上司はその後

 

「いつも頑張ってくれてありがとう」

 

等のフォローを必ず指導後に行い、職員の不満は少なくなりました。

 

仕事は自分1人だけで行っているものではありません

 

一緒に会社の利益のために取り組む仲間として大切にする姿勢が重要です。その姿勢を持つ事で、指導方法に悩む事が少なくなっていきます。

関連記事→使えないバイトを使えるようにするための3つの方法

3.部下をもっと頼りにして自らが楽しく仕事をする

楽しく働く

人を指導する立場になれば業務量も増大し、自身の心身の負担から指導方法にまで頭が回らない事態に陥る可能性があります。

 

それはあなたが悪いのではなく、人として当然の事かもしれません。

 

そこで大切なのは部下の力を積極的に借りようとする姿勢です。
何もかも「自分でやらなきゃ」と思っていると必ず限界が来ます。

 

そのような様子を見ると社員は

 

「どうして自分に仕事を任せてくれないのか?」

 

といった信頼関係の低下につながって、上司の言うことを聞かない状況を招く可能性があります。

 

上司が社員をまずは信頼して任せられる事はしっかり任せる態度が重要です。

上司が職場でイライラしながら仕事をする姿は必ず社員全体に広がります。

 

その結果職場全体の空気も悪くなり、それをきっかけに退職者が出る恐れが出てくるのです。

 

上司自身が心身にゆとりを持って仕事を楽しむ事が必要になります。

 

話しかけにくい状況を作らず何でも気軽に相談できる上司は、職場全体に明るさをもたらして社員が「頑張ろう」という意欲にもなっていきます。
指導とは人に分からせてやるといった考えでは通用しません。

 

大切なのは人に理解してもらうために何が必要か考える謙虚な姿勢です。

 

それを上司として理解する必要があります。

 

まずは社員の良い所を見つける努力と、能力を信用する気持ちを持って人と接する事をお勧めします。

 

自分が人を信用していないと人も自分を信用する事は無いと思います。悩みを解決するために、上司自身が日頃の自分自身の態度を改める事も重要なのです。

スポンサーリンク




組織も人も変わることができる! なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学

コメントをどうぞ

ページの先頭へ