わっ寝坊した!実用性の高い言い訳集3選

寝坊の言い訳集
仕事の疑問

仕事をしていれば、一度は寝坊してしまうときがあるでしょう。

 

正当な理由があれば、それをそのまま説明すればそれですむでしょうが単なる寝坊など、「ちょっと正直には話しにくい」という理由の場合は、そうはいきません。

今回そんなときに使える遅刻の言い訳集を、3つのタイプに分けて紹介しましょう。

スポンサーリンク




 

寝坊の際の言い訳1.体調不良を起こしてしまいました

体調不良

最初のタイプは「体調不良」に関する言い訳です。

 

ポイントは、「あまり大ごとな、深刻な体調不良にはしないこと」

仮病を使って休む場合とは違い、遅れて出勤して、仕事をすることになるのですから、「一時的な、比較的軽い体調不良」にしなければなりません。

そうしないと、出勤してからめんどうです。

おすすめなのは、定番ですが「腹痛」です。

 

例示しますね。
「朝起きた時は何ともなかったんですけど、家を出たとたんに腹痛に襲われまして、一度家に戻って、トイレに駆け込みました。事なきを得て、再び家を出て、電車に乗っていたら、また腹痛が起きてしまったんです。仕方なく、途中下車して、駅のトイレを利用しました。そんなことをしていたために遅れてしまいました。本当に申し訳ありません。駅のトイレに寄ったおかげで、腹痛は今は完全におさまりましたので、いつも通り仕事します」

これなら「そういうこと、誰にでもあるよね」と思ってもらえるのではないでしょうか?

腹痛以外にも

 

「家を出たとたんに貧血を起こしてしまいました。家に戻って少し休んでいたので、遅れてしまいました」

 

「電車に乗っている間に、めまいが起こったんで、途中駅で下車して休んでいました」

 

といった言い訳も有効でしょう。

スポンサーリンク



関連記事→これなら怪しまれない!仮病のおすすめ言い訳集3選

寝坊の際の言い訳2.忘れ物をして、家に取りに戻りました

 

前項の体調不良は、使いやすい言い訳ではありますが、「その後の説明」が必要になります。

 

出勤してから、何事もなかったように元気いっぱいにしているわけにもいきにくいでしょう。

「めまいは、どうなったの?」と思われることもあるでしょうから。

そこでおすすめしたい言い訳集は、「忘れ物」に関するものです。

仕事に必要なものを家に忘れてしまい、途中でそれに気づいて家に取りに戻ったため遅れた、という種類の言い訳ですね。

これも例示します。

「午後のクライアントとの打ち合わせに必要な書類を家に忘れてしまいました。電車に乗って、書類の内容をチェックしておこうと思い、カバンの中を探して、忘れたことに気づいたのです。クライアントからいただいた書類ですので、それがないと打ち合わせが成立しません。それでやむなく家に取りに戻りました」

もちろん、そんなにタイミングよく、クライアントとの打ち合わせの予定が入っていることは少ないでしょう。

これは一例にすぎません。

 

ですから、自分の職種やその日のスケジュールに応じて

 

「今日必要になる契約書と、別の書類を取り違えて持って出てしまった」

 

「昨夜、自宅のパソコンで作ってプリントアウトした書類を、リビングのテーブルの上に置いたまま出勤してしまった」

 

というように言い訳するといいでしょう。

もっとシンプルに、「スマホを忘れた」という言い訳も考えられますが、スマホの忘れ物は家を出てかなり早い段階で気づくはず。

遅刻の言い訳としては、やや弱いかもしれませんね。

やはり「仕事に必要な書類」の方が、説得力があるでしょう。

関連記事→朝布団から出れない人の為の改善策3つ

寝坊の際の言い訳3.思わぬアクシデントに遭遇しました

遅刻のいい訳

体調不良や忘れ物もアクシデントの1つはありますが、もっと違う

 

「思ってもいなかったアクシデントに遭遇したため遅れた」

 

というのも、遅刻の言い訳集に含まれる、使える言い訳になります。

いくつか例示してみますね。

「家を出て、駅まで歩いているときに、道におじいさんが倒れていたんです。そこは狭い裏通りだったんで、自分のほかに人はいません。近づいて声をかけてみますと、反応はありますが、意識が混濁した状態なんですよ。それで、その場で救急車を呼びました。救急隊員に状況説明をして、おじいさんが救急車で運ばれるのを見届けたんで、遅れてしまいました」

人命救助をしたわけですから、上司は「そんな余計なことはするな」とは、口が裂けても言えないでしょう。

ただし、これは少々特殊な「大ネタ」ですから、一生に一度しか使えません。

 

そう何度も、倒れている人を助けるなんて経験はしないものですからね。

もっと日常的に使えるアクシデントとしては「落とし物」があります。

「駅について、何気なくポケットに手を入れたら、家の鍵がないことに気づいたんです。家から駅までの間に落としたに違いありません。それで、家に引き返しました。道に落ちていないので、どうしたのかと思っていたら、家の玄関ノブに鍵がついたままでした。玄関の鍵をかけて、そのまま抜かずに家を出てしまったんです」

「財布を落としてしまい、駅前の交番に行きました。お巡りさんとやり取りしていたら、そこになんと、私が落とした鍵が届けられたんですよ。届けてくれたのは高校生でした。そんなことがあったものですから、遅刻してしまいました」

いかがでしょうか?これなら、日常的に起こり得ることでしょう。

ただ「財布を紛失した」ということにすると、少なくてもその日は、財布なしの生活をしなければなりません。

 

それは面倒なので「落とした財布が、その場に届けられた」という説明にしたわけです。

 

どうだったでしょうか?自分は大丈夫だと思っていてもいざというときがありますので覚えて置いて損はないと思いますよ

スポンサーリンク



ページの先頭へ