配属先が希望した職種ではなかった時に考えてほしいこと

配属先が自分のしたい職種じゃなかった
仕事の疑問

配属先が希望した職種ではなかったということを経験した方は多いのではないでしょうか?
 
今回はそんとに考えてほしいことがあるので紹介したいと思います
 
就活を行っている人に対して、

 
「どの業界を希望していますか?」

 
と尋ねると、一番手は金融関係。

 
それに最近は、IT関係も多くなっているのが、この数年の傾向ではないでしょうか?

 
その次に来るのが製造業。

 
働いたことのない未経験者で製造業への志望動機を聞いてみると、

 
「作ることの喜び」や「作った物をお客様に提供する」ことで、社会に貢献るということに、やり甲斐を感じる人が多いことや、そのような先輩社員の声を就活中に聞いて

 
「その会社に入ってみたい。」

 
と思うのだと考えます。

 
製造業を希望する学生は、おそらく技術系の人が多く、学生時代に学んできたことを、製品開発や基礎技術に活かしたいという熱い思いがあるのでしょう。

 
このような若い人々を企業側も喜んで使えてくれるはずです。

 
しかし、実際に入社してみると

 
「自分の想像していた雰囲気ではなかった。」

 
「本当に自分が培ってきた知識をここで活かせるのだろうか?」

 
と疑問を持ったり、会社に対する不満、不信感というものが募ってくる人も少なくありません。

 
入社後、しばらくは研修が受けるのが、一般的な企業の流れです。

 
既に、この段階で疑問を感じてしまう新入社員もいるのではないでしょうか?

 
ここには、

 
「何故、このような研修を長らく受ける必要があるのか?」

 
という思いをプラスに切り替える必要があると思うのです。

 
誰しも入社して、即戦力になれることはありません。

 
研修を通して、その人に合った職種、職場に配属されるわけです。

 

いわゆる適材適所という考え方です。

 

会社はあなたのことをまず理解する必要があるのです。

 

配属後の経験蓄積が大事

 

スポンサーリンク




製造業を志望動機とする学生が無事、入社して研修を終えてから、配属となります。

 
しばらくは「見習社員」という扱いで、正式配属はそれから数ヶ月後というスタイルを取っている企業もあります。

 
ここで、不平不満が出てくるのは、本来、開発技術希望だった人がいきなり営業部門に配属されたり、営業希望だった人がSEの仕事をしたりという場合です。

 
この時は、本来の自分の特性が活かされていないと不満を漏らしたり、やり甲斐を感じなくなることが出てきます。

 
しかし、新入社員は誰しもが未経験者です。

 
ここでその人の仕事に対する姿勢を見られたり、特性を図られたりするのです。

 
企業側は決して無意味に、その部署に配属したわけでもありません。

 
その人の特性や本来の力を見越して、配属したに違いないからです。

 
人の特徴は自分では気付かないこともあります。

 
いくら自分の希望する職種ではなくとも、会社は人に合った部門に送り込むのです。

 
もしかしたら、将来に渡る成長を見越して、必要なノウハウや経験を蓄積させるために、その部署に配属させた可能性だってあるのです。

 
多くの企業マンは、始めから自分の目希望する部門に行ったり、分野を担当できることはごく稀だということを知っでおくと良いでしょう。

 
長いビジネスマン人生の中で、希望した仕事に就ける期間は短いのかもしれません。

 
しかし、その時点で自分の力を最大限に発揮刷るためには、抱負な知識や経験がも停められることが、あり、今はそのための修行と理解できると不満も小さくなってきます。

 

石の上にも三年という考え方

 

石の上にも三年」という言葉がありますが、未経験者にとっては、本当に大事で配属になったばかりの人に対する心構えとして送りたい言葉です。

 

あくまで心構えなので、それを完璧に実践する必要はありません。

 
製造業の志望動機を聞いてみると、具体的なビジョンを持てずに入社してくる人もいます。

 
しかし、極端なことを言うとソレでも構わないのかもしれません。

 
働くことで、多くのことを学び経験できる「人生道場」と例える人もいるくらいです。

 
何事も継続する中で、自分のスキルだけでなく、その仕事に対する価値観ややり甲斐を見い出せることが多いからです。

 
新入社員にとっては、憧れの職種があります。

 
それは企画であったり、SEであったりします。

 
一見、華やかに見えるのですが、その分野でも目に見えない努力や苦労かが必ず存在するものです。

 
憧れの職種に配属されるどころか、いきなり地方の小さな出張所に行かされて、本人のモチベーションが一気に下がってしまうということもあるのですが、ここで「石の上にも三年」という考え方が活きていくのです。

 
特に一人で何事もこなさなくてはならないような場所であれば、非常にスキルの高い人材に変貌してくることは間違いありません。

 
将来、そのような力を身に付けた人が大舞台に出てきた時は、それだけで注目されてしまうのです。

 
それだけに配属されて学び経験できる期間は入社してから数年経つと少なくともなってくるものです。

 
したがって、配属先で自分の理屈だけを押し通すのではなく、その部署にいる理由と将来性を見据えて、取り組むのもひとつの考えだと思います。

スポンサーリンク



ページの先頭へ