五月病の原因と対策

仕事上での心の悩み

新入社員の五月病の原因と気持ちを落ち着かせる3つの方法

投稿日:

五月病という言葉を聴いたことがあるという人は多いと思います。

 

今回は五月病になぜなってしまうのか?その原因と気持ちの落ち着かせ方についての記事を書いていきます

 
スポンサーリンク




 

五月病は自分だけと思わないこと

五月病

様々な気持ちを胸に入社する新社会人や、大学入試を経て入学した新入生によく見られるのが五月病です。

色々と仕事にも慣れ始めたころ、急に会社へ行くことが嫌になるのです。

毎朝同じ時間に起きて、同じ時間の電車に乗り、会社へ行けば少しの緊張感をずっと持っている状態です。

五月病の原因は、入社して1ヵ月後のゴールデンウィークの長期休みがほとんどです。

 

長期休みで、学生の頃の仲間とたくさん息抜きとして遊び、気持ちがなんだか社会人になる前に戻ってしまうのです。

そして、休みが終わるとまた緊張した毎日が戻ってきます。

すると、人間誰しも楽しいほうがいいので

「会社へ行く」それ自体がとても苦痛になってしまうのです。

新社会人になって、初めての壁かもしれません。

この五月病さえ乗り切ってしまえば、また会社へ行くことも苦ではなくなるのですが

どうにもこの五月病の間は辛いものです。

人それぞれ症状は違うと思いますが

  • 動悸がひどくなる
  • 頭痛や肩こり
  • 会社で笑うことすら苦痛に感じる
  • 何でもないのに泣きたくなる

 

などといった症状が現れるようです。

 

症状としてはうつ病に非常に似ていますが

五月病は、うつ病のように長期的に続くものではありません。

終わりが必ずあるものです。

うつ病は、その症状が何ヶ月と続きますが、五月病の場合は、気づくと会社へ行く日常に自分がまた慣れています。

自分を取り囲む環境が大きく変わるので、気持ちも落ち込みやすくなります。

新社会人にとって、五月病を乗り切ることが、社会人としての第一歩かもしれません。

新社会人でなくとも、五月病にかかる社会人はたくさんいます。

 

そうです。
五月病は特別なものではなく、誰もがなるものなのです。

 

 

では、五月病の対策はあるのでしょうか?

関連記事→眠れないし仕事に行きたくない もしかしてうつ病かも

スポンサーリンク



 

無理はせずにアフター5を楽しむ

アフターファイブを楽しむ

五月病になってしまうと会社にいるときは非常に苦痛です。

ですが、そんなとき、少しでも楽しいことを考えてみると一週間を乗り切ることが出来ます。

例えば、会社が終わったら近所のカフェで好きなことをしてから帰るとか、体力がある人は、同期同士で飲みに行くのもいいですね。

辛いとき、平日はどうしても退社時間になっても

「寝たらまた明日会社だ…」と気分が落ち込みやすくなります。

そこで、平日の五月病対策として、アフター5を無理せず楽しむことです。

誰かと話すのが嫌なら、本屋へ立ち寄って帰ることだけでもいいのです。

自分の苦痛にならない範囲で、ほんの少しガス抜きをしてあげましょう。

家に帰ってゲームをしたり、録画したドラマを見ることもいいですね。

そんな風に、ランチタイムにでも「今日会社が終わったら何をしようかな」と楽しいことを考えてみてください。

会社にいる時間は長いけれど、それが終わればご褒美タイムです。

風邪やケガと違って、これといって良い対策があるわけではありません。

それは症状がそれぞれだからです。

ならば、自分にあった五月病対策をまず見つけてみましょう。

五月病になってしまっても、なるべくやらないほうがいいのは原因探りです。

「なぜ自分はこうなってしまったのか」ということは、考えるのは辞めておきましょう。

「なぜ」と原因を探っても、わからないからです。

五月病とはそいういうものです。「なぜ」ではなく、長期休みのせいだなっと軽く捕らえるくらいにしておきましょう。

 

 

なので、どうせ考えるならば、会社以外の時間どんな風に自分を甘やかしてあげるかを考えたほうが楽しいですよ。

関連記事→「仕事を休めない」という人のためのお勧め健康管理術3選

 

週末は存分に楽しむ!

 

五月病の対策として、一番大切なのはスイッチの切り替えです。

会社から一歩外へ出たら、会社のことは忘れましょう。

怒られてしまったことも、週明けやらなければいけないことも全部忘れましょう。

会社のこと全部を頭から離すのです。

そして、これから迎える楽しい週末を存分に楽しみましょう。

私の知人は東北に勤めているのですが、毎週末東京へ帰ってきては友達と飲んで騒いで日曜に東北へ帰って行きます。

毎週なのが驚きですが、自分なりの息抜きが出来ている人だなと感じます。

会社の話は一度も聞いたことがありません。

それだけ、意識的にでも会社のことを頭から話しているのでしょう。

週末にそんなに楽しんでしまったら、週明けまた辛いのでは?と思いますよね。

しかし、この平日と週末のバランスや温度差に徐々になれることも大切です。

五月病の原因は長期休みにあると書きましたが、

普通の一週間、自分なりのリズムを少しずつ構築していくことでいつの間にかそれが当たり前に変わっていくのです。

そうなると、五月病で現れていた様々な症状が治っているかと思います。

 

 

五月病には特効薬もないですし、これといった対策があるわけでもありません。

しかし、はっきりとした原因はわかっています。

環境が変わってすぐに長期休みがあることです。

五月病の最中は非常に辛いと思いますが、終わりがありますので日常を過ごすことでいつのまにか治っています。

つまり、気張らずに楽しいことを考えて、週末は思いっきり遊ぶことが、一番の五月病の治療法だと思います。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.