リーダーシップがない

就職の悩み

ブラック企業の見分け方の2つ重要なポイント

投稿日:

私たちが就職活動や転職活動をする際に誰もが気をつける点のひとつにあるのがその会社がブラック企業かどうかということです。

 

ブラック企業かどうかを見分けることが出来なければ、もしかするとうつ病になってしまったり過労死なんてことにもなりかねません。

 

今回はそんなブラック企業の見分け方を2つ紹介したいと思います

 

スポンサーリンク



まずはブラック企業がどのような企業を指すのかを理解しよう

ブラック企業とは?

ブラック企業とは残業時間が長すぎたり、過重な仕事内容、パワハラやセクハラが頻発しているような会社を指します。

 

従業員の働きやすさよりも会社の利益や表面の良さを示すために労働時間や無理な仕事量を押し付けるのです。
ブラック企業は中々自分たちのブラックな部分は表に見せないようにします。

 

会社説明会でも自分の会社は従業員を第一に考えているような言及をしたり、ネットなどでも社風が良いということをアピールします。

 

ブラック企業で働かないようにするにはこのような会社側の色々な嘘のアピールを見抜かなければなりません。

そしてもう一つ注意しなければならないのが就労している時に自分の会社がブラック企業かどうか分からずにそのまま過重な労働をしていたり、残業をすることが当たり前になっているということです。

 

感覚が麻痺してしまっており知らず知らずのうちに精神的にも体力的にも疲れ果ててしまうということになりかねません。

なので今働いている会社が優良な会社なのか、ブラック企業に当てはまるような不正をしていないかを今一度確認しましょう。

ブラック企業をしっかり見分けるということはあなたの人生にも大きく関わってくることです。

 

以下のブラック企業の見分け方を念頭に置いて今から就活する方も就労している方もブラック企業をしっかり見分けてみてください。

スポンサーリンク




 

ブラック企業はサイトで見分けることができる

ブラック企業かどうかを見分けることができることのひとつに企業のサイトをみるという方法があります。

 

サイトというのは企業のWEBサイトの他にも求人サイトの紹介ページでも見分けることができます。
まずはその企業にどんな社員がいるか、社風が見えるようなサイトでしょうか。
社員を大切にしている会社は社員も楽しく充実して仕事ができる環境が整っている会社であることが多いです。

 

そのような会社は社員のために同好会を設けたり、社員同士の交流を大事にします。

 

そのような会社のサイトはよく社員が紹介されているページが多いのが事実です。

 

逆に社員を大切にしていないようなブラック企業のサイトは社員の紹介ページが少なく、会社の実績などを前面に押し出しているサイトがとても多いです。

その光景は求人サイトに載っている紹介ページにも表れており、いわゆるホワイトな企業は社員を載せて会社の利益よりも社風などの良さをアピールしますがブラック企業はそもそも社員が載っておらず文字や会社のロゴだけを紹介ページに載せていたりします。

ここのを見極めるだけでもブラック企業に就労してしまうという危険性はかなり回避されますし、今現在働いている会社のWEBサイトや求人サイトの採用ページなどを見てみるのもいいかもしれません。

 

社員の有無の他にもサイトの作りが雑だったりあまり会社のことがわからないようなサイトだとブラック企業である可能性は高いと思った方がいいです。

 

関連記事→仕事から逃げたいと思ったときの2つの対処法

ブラック企業は残業代の計算など就業条件が曖昧

計算があいまい

ブラック企業は残業代の計算方法や日々の就業時間の計算方法が曖昧、有給の取り方がよく分からないなど色々な条件が曖昧なことが多いです。
まずは残業代ですがブラック企業は残業代を月給に見込みとして払っているケースがとても多いです。

 

これはイコールうちの企業は残業がとても多いから先に見込みで残業代を出しておくというブラック企業特有の計算方法でもあります。

 

なので見込みの残業代にそぐわないような残業を強いられたりします。

 

それがサービス残業といわれるものです。

 

またそれに関連して就業時間の計算方法も曖昧な場合が多いです。

 

優良な企業は残業代は残業した分だけしっかりと出しますし、そのための計算方法のシステムも持っています。

 

なのでそのような企業は残業が少なく、無駄な残業代は払わないようにしているのです。

また有給の申請方法が曖昧だったりして中々有給を取らせてもらえず気づいたら有給が消えていた、などということもあるようです。

なのでブラック企業かどうかを見極める際は必ず残業関係のことを調べるなり、面接などの時にしっかりと聞くようにしましょう。

 

調べてもあまりわからなかったり濁されたりしたらブラック企業である可能性がとても高いです。

また試用期間についてもしっかり調べましょう。

 

ブラック企業は試用期間がとても長いと採用せずに仕事をさせるだけさせて最終的には不採用にするという企業も中にはいます。

 

目安としては試用期間が6カ月以上の企業の場合はブラック企業の可能性が高いです。

 

今回紹介した2つのポイントをしっかり覚えて就職活動に励めばブラック企業で働くリスクは軽減されるかと思います。

関連記事→会社を辞めて良かったと思った3つの出来事の体験談
スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-就職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.