30代転職

転職の悩み

人に聞けない、30代で転職をするタイミングはいつ?

投稿日:

30代で自分の将来を考えた時に転職をしたいと思ってもどのタイミングですれば良いのか分からないものです。

今はまだそれほど仕事も忙しくなく、収入も安定しているのならばそのままの方が様でしょう。

しかし転職できる良いタイミングはいつ訪れるか分からないので、事前に心構えをしておく必要があります。

ですので今回30代の方が転職を考えたときにどのタイミングで行動を起こせば良いのか?について紹介していきたいと思います

スポンサーリンク



仕事の将来が見えない場合には早めに転職を

仕事の将来が見えない

仕事をするには目標を持つことが大切ですが、大規模な企業ほど横割りの部分的な仕事しか任せて貰えないものです。

今の自分の仕事を極めたら次にどんな仕事を与えて貰えるのかが見えなくなった時には、転職をするタイミングだと思って良いでしょう。

30代のサラリーマンが現在の仕事以上を求めても上にまだ先輩が多くいる場合には、やりたいことがあっても空きポジションを待つだけとなります。

早いうちに転職をしてやりたい仕事に就いていた方が経験を積むことができます。

今の仕事を3年続けてもこれ以上の仕事を任せて貰えない、職務の変更や異動の可能性がない場合には、時間が無駄になってしまいます。

収入アップができる転職を考えるならば30代半ばまでがギリギリのラインで、それ以上になると今と同じ給与か少し下がると思った方が良いでしょう。

転職先というのは中々見つからないこともあれば、探した瞬間あっさりと見つかることもあります。

今の仕事を続けてより上のレベルの仕事をしたいと思ったら、早目に職務経歴書を作成して転職の準備をしておきましょう。

 

関連記事→タイミングを見極めることが大切、仕事の3つの辞め時紹介

 

関連記事→転職に自信がないと悩んだときに考えるべき3つのこと

 

人間関係で辛いと思った時

 

 

仕事をする際には人間関係はとても重要になります。

会社に入っても人間関係をなるべくスムーズにする様に、できるだけ我慢をしている人は多いものです。

若い頃は会社では明るく挨拶をして自らのモチベーションを高めることができたり、多少理不尽と思っても黙って仕事をするものです。

しかし30代を過ぎるとあまりに人間関係が悪い職場にいるとストレスが溜まり、体調不良になってしまうこともあります

同じ職場での人間関係が辛いと感じて、歓送迎会や忘年会に出席するのが苦痛と感じたり、毎日出社して挨拶をするのもおっくうと思う様になったら、転職をするタイミングです。

人間関係が悪くなる原因は色々ありますが、人と接する基本となる挨拶ができないとなるとそれだけで精神的に辛くなります。

それ以上同じ職場にいても関係が改善しないばかりか、孤立してしまう可能性もあります。

職場で一度孤立すると再び輪に入るのは難しく、そのままにしておくと仕事上でのコミュニケーションも取りにくくなってしまいます。

メールが発達した現在でも顔を合わせて会話をしながら仕事を進めていくことは社会の基本なのです。

人間関係が悪くなると自分のパフォーマンスに影響してくるものと思い、早めに転職をしましょう。

但し30代で転職をする際に退職理由が人間関係となると、本人に何か問題があるのではと思われてしまいます。

転職をする際にはあくまで「自分の目標を達成する為」ということにしておくのが無難です。

 

関連記事→職場の人間関係に悩みを抱えた時の対処法

スポンサーリンク



 

具体的に転職するタイミング

転職するタイミング

転職をするには在職中に転職先を見つけて内定を受けておくのが理想的です。

そして転職をする時期にもタイミングがあるのです。

一般的な会社では夏と冬にボーナスが出るので、その時期に退職する人が多くなります。

企業の従業員募集もボーナス時期に出ることが多く、思わぬ良い求人が出ることもあります

転職先を探すタイミングはボーナス時期の前後が一番求人件数があります。

そして自分が転職するタイミングについてですが、ボーナス前に内定が取れれば折角ですのでボーナスを貰ってから転職したいものです。

ボーナスが支給される為には会社により条件があり、「○月○日まで在籍していること」「ボーナス支給日に在籍していること」等があります。

有給休暇が余っている場合には在籍日まで逆算して消化する人が殆どです。

ボーナス支給日ギリギリまで今の会社にいると、転職先の会社でのボーナス査定に響いてしまうこともあります。

今の会社で貰える金額よりも転職先で貰える金額の方がお得なこともありますので、退職日と入社日には注意をしましょう。
転職をする際には社会保険料が切り替わることになります。

 

 

ブランクが空いていると一度国民年金と国民健康保険に切り替える必要があります。

社会保険料は保険料を会社が半額負担してくれていて、サラリーマンにとってはお得なシステムです。

最近では正社員として入社しても3ヶ月は試用期間で社会保険に入れないこともあります。

試用期間中は国民年金と国民健康保険に加入しなければなりません。

転職をする際にはなるべくブランクの日を長く作らない様にして、試用期間が終了したら速やかに正社員になれる様にしましょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-転職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.