仕事の失敗が怖い

仕事上での心の悩み

仕事の失敗が怖いと悩むあなたに送る3つのアドバイス

投稿日:

仕事の失敗が怖いと思うこと方はほとんどだと思います。

 

ですが失敗をすることによって得られることが多くあるということに気づいている人は多くありません

 

今回はそんな仕事での失敗が怖いと悩んでいる方に3ほどアドバイスをしたいとおもいます。

スポンサーリンク




 

1.「失敗が怖い」という意識は、仕事に必ずプラスに働きます

失敗が怖い

仕事で失敗してもなんとも思わない人と、仕事で失敗することを怖れる人と、どちらが早く仕事で成長できるでしょうか?

失敗してもなんとも思わないタイプの人は神経が図太いと言いますか、無神経なところがあるわけですよね。

どんな仕事でも、無神経な人が良い成果を上げることは難しいでしょう。

 

無神経な人は自分に対してだけでなく、一緒に仕事をする同僚や顧客、取引先や関係者に対しても無神経なわけですから、どうしてもルーズな仕事になってしまい、結果、仕事で思うような成果を上げられないにちがいありません。

その図太い神経のために、仕事を始めた当初は人よりも仕事ができるように見えることはあり得るでしょう。

しかし、それは期間限定の、実態のない空虚なイメージにすぎません。長い目で見れば、そういうタイプの人よりも、神経が繊細で、仕事の失敗を怖れるタイプの人の方が、ずっと将来性があるものなのです。

仕事というものは、すべからくそういうものです。

ですから、あなたが今

 

「仕事で失敗するのが怖い」

 

と感じていることは、とりもなおさず、あなたに将来性がある証拠と言っていいでしょう。

「とはいっても、失敗を怖れて腰が引けてしまうのは、マイナスにしかならないのでは?」

 

と思うかもしれません。

 

腰が引けてしまうのは、確かに好ましいことではありません。

 

それに対する対処法は下記で紹介します。

 

とにかく、まずはあなたのその繊細さ、仕事に対する真摯な意識を

 

「自分の弱みではなく、むしろ強み」

 

として認識することをお勧めします。
そこから、スタートしてみましょう。

関連記事→仕事で嫌なことから逃げてしまうことの3つのデメリット

スポンサーリンク



2.取り返しのつかない失敗はありません 早い内の失敗はOKなんです

あなたが仮に社長だったとしましょう。

 

社長のあなたの犯した仕事上の失敗や判断ミスが、会社にとって命取りになるということはありえるでしょう。

テレビニュースなどで、謝罪会見をする社長を見ていれば、「命取りになる失敗」があることはわかりますよね?

しかし、それは仕事の責任を最終的に背負う立場にある人限定のことです。

 

最高責任者以外の人の失敗は、その上の人が頭を下げることで、たいてい補うことができるものです。

つまり

 

「取り返しのつかないような仕事上の失敗は、最高責任者でない限りありえない」

 

ということ。想像してみてください。あなたの仕事上の失敗が、会社の命運を左右するということがありますか?

経験の浅い段階でする失敗、早い段階でもミスは、必ずリカバリーできる種類のものなのです。

つまり、あなたが犯すミスや失敗は、会社にとって小さな傷にしかすぎません。

 

あるいは、傷にすらならない失敗も少なくないのです。

ところが、仕事の経験が浅いと、そんな小さな失敗を、あたかも重大事のように錯覚してしまうことになりがち。

 

そのため、失敗を怖れて気持ちが萎縮してしまうということになるのです。

一度、自分の犯すかもしれない失敗を、リアルに想像してみてください。

 

そして、その失敗やミスが、会社の命運にかかわるようなレベルのものかどうか、考えてみてください。

あなたのミスが会社を倒産に追い込むようなことには、なりようがないでしょう。

早い段階でのミス、経験の浅いうちの失敗は、まずまちがいなく「許されるレベルのもの」なんですよ。

関連記事→仕事の失敗談を笑いに変える確実な3つの方法

失敗を生かして成長するためには「復習」が不可欠

復習

 

仕事の失敗はあなたにとって「明日の成長のための糧」になるものです。

早い段階で失敗をいっぱいしたほうが、実は仕事での成長が早くなるという傾向があるのです。

ただし、「失敗しっぱなし」というのでは、成長は到底望めません。

 

失敗を糧にして成長するには、それ相当の努力が必要になります。

では、どんな努力をすればいいのか?

 

それは、失敗を振り返る、つまり失敗を「復習」することと、それによって、同じ失敗を繰り返さないための対処法を考えることです

しかし、これも、実はあなたにとって難しいことではありません。

 

というのも、あなたは「仕事で失敗するのが怖い」と感じる繊細な神経を持っているのですから、失敗をしっぱなしにするはずがないからなんです。

あなたなら、必ず失敗したことについて、反省もし、原因分析もするにちがいありません。

それがあなたの強みです。原因を把握できれば、同じ失敗を繰り返すことはないでしょう。

そのようにして、犯した失敗を1つずつ克服していきましょう。ある程度の時間はかかるでしょう。

 

しかし、そうした努力を重ねていけば、かならずすべての失敗についての改善がなされ、最終的には「できる人」になれるはずです。

繰り返しますが、あなたのそのまじめさ、繊細さ、もっと言えば「臆病さ」は、長く仕事をしていく上で必ずプラスに左右します。

そうです。あなたにとって「仕事の失敗が怖い」という臆病さは、むしろ強みにつながるんですよ。

社会的成功者の多くが、「繊細」「臆病」「怖がり」という属性を持っているものです。自信をもって、前進しましょう。

関連記事→仕事のミスで死にたいと思った時の対処法
スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.