仕事でミス連発

仕事上での心の悩み

仕事でミスを連発してしまったときの3つの対処法 

投稿日:

慣れない仕事をしていると、誰でも何らかのミスをするものです。そしてそこから運悪くミスを連発してしまうこともあります。

 

また、慣れてきた時が、かえってミスをしやすいということもあります。

よほどのエキスパートは別でしょうが、誰でも時にはミスをして、パニック状態になることもありうるでしょう。

そんなときはどう対処したらいいのでしょうか?今回はそんなミスを連発してしまったときの対処法を3つを紹介します。

スポンサーリンク




 

1.言い訳をしないで素直に謝り、深く反省する

素直に謝る
まずすべきなのは、「謝罪」と「反省」です。

 

ミスを連発してしまったとき、迷惑をかけた同僚や顧客、関係先などに謝罪し、反省するのは当たり前のことですが、実際にはこれがきちんとできない人が少なくありません。

自分の犯したミスについて、謝罪ではなく「言い訳」をするケースが大変多いのです。

ほかの人に責任転嫁をするという悪質なケースもありますが、そこまでいかなくても、つい言い訳してしまうのが、人間の弱いところと言っていいでしょう。

しかし、言い訳をして許されるものではありませんし、つまらない言い訳がいっそう相手の不興を買うことにもなりかねません。

また、言い訳は自分に対する甘さから生まれますから、それを繰り返している間は、自分に甘い体質から抜け出せないのです。

 

自分に対する甘さを改めない限り、ミスの連鎖は終わらないでしょう。

ですから、ミスをしたら一切の言い訳はせず、まず謝ること。

 

そして深く反省し「二度と繰り返さない」という意識を強く持つことが必要になるのです。

自分に厳しい人ほど、同じミスを繰り返すことがなく、仕事で早く成長することができるものです。

自分に厳しい体質を身につけるためにも、素直な謝罪と深い反省をしましょう。

要するに、「自分に厳しい体質」に生まれ変わるために、素直な謝罪と真摯な反省が必要ということになるのです。

 

関連記事→ストレスを少なくするための仕事のミスでの謝り方紹介

関連記事→仕事のミスを隠すことは絶対にしてはいけないその理由

2.1つ1つのミスを分析し、原因と改善策を考える

 

仕事でミス連発すると、どうしても頭の中が混乱してしまいがち。

 

「ミスを連発した」ということに意識が集中して、どうしていいかわからないまま、さらなるミスを誘発するということがよくあります。

それでは、いつまでたってもミスの連鎖は終わりません。そこでお勧めしたいのが、1つ1つのミスを分析するという方法です。

複数のミスを「ミスのかたまり」として捉えてしまうと、具体的な対策や改善策は思い浮かびません。

 

ですから、複数のミスを1つずつ、分けて見直してみるのです。

そのミスが起きた原因はどこにあるのか。仕事の進め方、段取りに問題はなかったか。準備に問題があったのではないか。

 

仕事に対する自分の意識の持ち方はどうだったかなど、そのミスの原因について精査しましょう。

1つのミスについて、徹底的に掘り下げて考えるわけですね。

それがはっきり把握できれば、改善策はおのずとわかってくるにちがいありません。

この作業を、1つ1つのミスについて行ってください。

 

「ミスのかたまり」として認識していた時にはわからなかった、ミスの真の姿が見えてくるはずです。

ここでは仕事でミス連発してしまった場合を想定して、このような方法をお勧めしていますが、もっと効果的なのは、1つのミスごとに対応するやり方です。

つまり、ミスを連発してから、こうした作業をするのではなく、1つのミスをした段階で、そのミスについての分析を行い、改善策を考えるのです。

 

そのことによって、その種のミスはなくなります。

1種類のミスが起こらなくなると、ほかの種類のミスが起こるリスクも、自然に減少するものなのです。

関連記事→仕事のミスで死にたいと思った時の対処法

 

ミスを連発したときこそしっかりと小休憩を取ってセルフチェックを

休憩を取る

ミスが続くと、誰でも焦るものです。焦って仕事をすれば、また違うミスを生みかねません。

 

ですから、ミスが続いた時こそ、焦らずゆっくり仕事に取り組む必要があるのです。

ミスを連発したときは「スローアンドステディ」の意識を持ちましょう。

目の前にある1つ1つの仕事を、焦らずゆっくり、確実にこなしていくように心がけるのです。

仕事の種類にもよりますが、できれば小休憩を取って、そこまでの仕事のセルフチェックを行うことをお勧めします。

自分でやった仕事の精度、正確さを自分で確認するわけですね。

学生時代の試験のことを思い出してみましょう。試験で問題を解いたら、時間が許す限り、自分でチェックしたにちがいありません。

試験でなくても、普段の学習でも、チェック作業を日常的に行っていたのではないでしょうか?

ところが、仕事になるとそのセルフチェックを忘れてしまう人が少なくありません。

試験や勉強は自分一人だけがかかわることですから、ミスをしてもほかの人に迷惑がかかることはありえません。

しかし、仕事は常に複数の人間がかかわって進めていくものです。

 

ですから、ミスは必ずほかの人に影響を及ぼしてしまいます。

つまり、試験や勉強よりも仕事こそ、セルフチェックが必要になるのです。

これは習慣にしてしまえば、誰でも自然にできるようになります。

 

小さな仕事、簡単と思える仕事でも、めんどうくさがらずに、必ず確認しましょう。

 

また、小休憩を取ることで気持ちがリフレッシュします。人間の集中力が続くのはは、せいぜい数十分と言われます。長時間、休憩なしに続けると、どうしても集中力がなくなり、結果としてミスを起こしやすいのです。

いかがでしたでしょうか?仕事でミスを連発してしまったときは今回の記事を是非参考にしてみてください

関連記事→仕事に集中できない ケース別の対策と解決法を考えてみた
スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.