辛くて眠い夜勤はやめたほうがいいというワケ

夜勤が眠い
仕事上での心の悩み

現代の日本では夜勤という仕事の形態は国で認められています。

サービス業、製造業などは夜勤が当たり前の仕事場です。

これらは会社という組織の命令で行われているものです。

デザイナーやライターやアーティストの夜勤は自主的なものです。言葉がまず違います。

 

これらの職業の人のものは徹夜と呼ばれます。

ここら辺りも不自然な現場の仕事の形態に疑問を感じても当たり前です。

人間の体の中には体内時計という新陳代謝の一つの作用があります。

 

夜勤はこれを180度逆回転させるのですから、肉体的に眠いとか疲れるとか頭がぼーっとする等は当たり前なのです。

人間が生活してゆく上で、夜勤は極度の負担を体に与えます。眠いという作用は特に顕著です。

会社は夜勤をする人に十分な休養または仮眠を与えるべきです。眠い人には休憩を与えるべきです。

夜勤の時に必要以上に頑張らないでください。

 

眠い時にガムとか目薬とか栄養剤などで体にダメージを与えるのをやめましょう。

仕事場の責任者にはっきり発言するべきです。恥ずかしがる事はありません。弱い人間だとか考える事はありません。ましてや、絶対にさぼっている訳ではありません。

夜勤は眠いのが当たり前なのです。会社が仕事のシステムとして24時間労働を推進している事が大きな問題なのです。

ここに個人の責任はまったくありません。根性とかやる気の問題ではありません。そこから考えてみてください。

あなたの体はあなたのものです。会社のものではありません。

 

もちろん、会社と問題を起こす必要はありません。話し合えばいいのです。

 
スポンサーリンク



夜勤の人間関係について考えてみた

人間関係について考えてみると、夜勤は日勤と比べるとはるかに関係を良好に保つのが難しいです。

友人とお酒を飲みたくても時間が会いません。夜勤同士としか付き合えないなんて寂しいではありませんか。

彼女も夜勤が影響して出会いがなくて出来ないのかもしれません。

彼女と言ったのは、製造業では夜勤に女性の姿は見られません。

 

会社が女性を夜勤の仕事に就かせないのです。眠い顔した女性なんか見たくありませんよね。女性の体力では夜勤は辛いです。眠い体で仕事なんかしたら事故の元です。

会社も知っているのです。

夜勤で友人関係を諦めたり、好きなスポーツを我慢している人もいると思います。

 

夜勤にも有給はありますから、自主的に有給を活用しましょう。
不満を蓄積しない方がいいのです。不満で昼間に眠れなかったりしたら、眠い気持ちが不満に拍車を掛けます。これも事故の元です。

ご夫婦で旦那さんが夜勤の家庭は、奥さんが肉体的にも精神的にも辛い目に合う事が多いです。

 

特に子供がいたり、まだ小さかったりすると奥さんの負担は大変なものです。夜中に子供の具合が悪くなっても、一人で対処しなければなりません。

 

勇気を持って救急車を要請していいでしょう。

 

旦那さんの会社に連絡を取り、夜勤の旦那さんを家に帰って来てもらってもいいでしょう。

 

遠慮する必要はありません。

母親と子供が二人で風邪などひいたら、旦那さんに夜勤を休んでもらいましょう。それが最善の方法です。

友人関係や自分の趣味や夫婦の生き甲斐を、夜勤で台無しにするのはやめましょう。

工夫すれば、楽しい生活が送れるはずです。

関連記事→転職に自信がないと悩んだときに考えるべき3つのこと

 

眠い時の対処。これからの夜勤の心構えについて考えてみた

 

眠い時の対処なんかはありません。眠気は気合なんかでは消えません。

 

もちろん自分を駄目な人間なんて思わないでくださいね。
あなたに眠い時間という睡魔が襲ってくるのは、はっきり言って、昼間の睡眠が原因です。

 

ゆっくり寝ろといっても無理です。

 

自然な人間の行動を壊しているのですから。

 

それに、太陽は顔を出しているし、世の中の人はほとんど起きているのですから。ついつい自分もその生活のリズムに乗ってしまいます。

 

長くテレビを見たり、本が好きなら読み続けてしまう事もあるでしょう。でも、あなたに必要なのは睡眠です。何が何でも眠るのです。眠りを減らすと必ず体を壊します。
これは、会社も知っています。

 

だから会社の健康診断は日勤者は年一回、夜勤者は年二回なのです。自分の部屋を持っていればそこで眠れますが、子供がいたりしたら、絶対に眠らしてもらえません。

 

あなたも子供と遊びたくて、ついつい子供の相手をしてしまうものです。ですがそこは奥様に協力してもらって睡眠は十分に取ってください。
夜勤の一番いい薬は睡眠です。

 

時間の使い方を研究しましょう。夜勤の人は無理出来ません。

 

友人が日勤なら少し友人に無理をしてもらいましょう。
夜勤明けの休日は大切です。体は辛いですが、気持ちは晴れ晴れとしているはずです。

 

この日だけは無理しても遊んで楽しんでください。子供と奥さんにもサービスしてください。

疲れているからとだらだらと一日を過ごすと、疲れは消えずにストレスが溜まったり、来週の仕事にも影響します。

夜勤は眠い気持ちとの戦いです。休日の有意義な活用が元気の源になります。

夜勤という仕事は決して賛成できませんが、あなたの時間の使い方と、夜勤の合間に楽しいアイデアを入れてください。

あなたが明るく仕事をしていれば、まわりの人間はあなたを助けてくれるでしょう。世の中、捨てたものではありません。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ