三交代がキツイと思う方に三交代のメリットデメリットをまとめてみた

三交代がキツイ
仕事の疑問

三交代勤務というところは近年増え続けています。そんな三交代勤務がきついという方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな三交代勤務のメリットデメリットを実際に三交代勤務を経験した方の体験談も交えてまとめてみました

 

デメリット1.三交代制の工場ではあまりコミュニケーションが取れない

製造業

以前、印刷工場に勤務していた時に感じたことです。

印刷工場でも、どこの工場でも流れ作業が基本になります。

その流れ作業は24時間フル稼働で、作業する人員が時間になって交代していくというシンプルな流れです。

ほぼ同じ作業の繰り返しで、考え方によってはマンネリ化そのものです。

そして交代勤務である以上、引き継ぎの作業も必要ですが、ほぼコミュニケーションは取れませんでした。

 

 

作業の内容から、要望、特になにもなしなどの業務的な会話しかしないため、コミュニケーションを取る機会がほとんどありません。

 

工場にはそうした、何かの作業を集中して淡々と同じことができる作業員が多いように感じました。

 

いろんな仕事をしてみたい、外で働く事も経験してみたいと常から思っている方にはなかなか工場勤務は務まらないように思います。

 

その会社が好きでも仕事が嫌になってきたと感じる方は、違う部署に移動することを伝えるほうが良いと感じます。

 

というのも、人間はいろんな経験をしないと刺激を受けないからです。

 

もちろんその作業に誇りを持ってしている人や、スキルの向上、腕を磨くのも1つの方法だと思います。

 

これは個人によって考え方はさまざまなんですが、少なくとも僕はいろんな仕事やいろんな場所、経験、未知なる事を体験したいと日頃から思っていました。

 

少しでも変化を感じたいと思っている方は、違う職業を経験するのも経験値が増えていいと思います。

 

違うところにいくと必ず違う人と会います。

 

いろんな人と会うことでコミュニケーション能力も向上していくので、いろんな経験をするのが良いと思います。

関連記事→毎日同じことの繰り返しと思わないで!製造業の仕事を楽しむ方法

デメリット2.生活リズムが変わるので健康面に問題がある

三交代の現場は多数ありますが、工場がまさにその典型です。

 

機械は立ち上げてから電源を落とさずに動き続けるため、作業する人が交代して行わなければいけません。

 

夜勤や日勤があり、生活リズムもそれに対応させるために努力を強いられます。

 

慣れてきた人や、夜勤が好きな人もいて、それぞれのライフスタイルに合ってると言う方もおられますが、人間的には昼に働いて、夜は寝るというサイクルを乱しているように思います。

 

こんな世の中だから寝ずに働かないとという気持ちもありますが、効率的に良くはありません。

 

以前同じ工場で働いていた夜勤のみバイトをしている40代の男性がいましたが、半年ほど夜勤のみの生活をしていて体調を壊し、退社してしまいました。

 

いろんな要因での体調不良だったそうですが、一部では夜勤だけの生活は太陽に当たらないので健康面にそれが影響したとも聞きました。

 

それだけ、日に当たることは大切なんだと実感しました。

 

おそらく、ほとんどの人はそれほど気にしていないことですが、日に当たることでセロトニンが活発になり心が豊かになります。

 

そうすることで楽しく毎日を送れるとの話もあります。

 

夜勤が続くと、日中はほとんど睡眠に時間を使われてしまいます。

 

そのため、生活リズムが狂うのと同時に、健康面を悪化させる原因になります。

 

理想は、日中に業務はある仕事、トラックの運転手や公務員など、いろんな仕事がありますので、健康を意識しながら仕事をするのであれば、夜勤がある仕事よりも日中をメインにしている職業が良いと思います。

 

関連記事→夜勤が眠くて辛い 私が夜勤を反対するワケと夜勤時の無難な過ごし方

 

そんな三交代だがメリットもある

三交代のメリット

交代制のメリットはなんといっても時間をたくさん使える点だと思います。

 

24時間を3で割ると8時間の勤務になります。

 

24時間のうち8時間は仕事で8時間の睡眠をとっても、8時間は自分に時間を使えることになります。

 

時間をなにも考えずに過ごすのは非常にもったいないことです。

 

8時間もあれば、自宅で副業なんかもできます。

 

副収入を得ることは何も悪いことではなくむしろ歓迎されることです。

 

自分でそうした時間を有効活用できる時間がたくさんあるので大きなメリットだと思います。

 

僕の場合は、工場での勤務が終わればすぐに帰宅して、パソコンを使っての小遣い稼ぎをしていました。

 

工場の給料だけでは満足したものが買えなかったからです。

ある友人は、工場から帰ると、ひたすら寝る、パチンコに行くなどの生活を5年以上続けています。

人それぞれですが、会社のみに依存するのはけっこう危険だということをいち早く気づいた方は、報われると思います。

 

給料が少ないと嘆いているだけで、普段の生活は寝るかだらだら過ごすかで何も変化や向上心がない方もおられます。

 

それが悪いというのではなく、何か変化したいなら、時間がたっぷりあるんだから何かしていこうというのが僕の考えでした。

 

昼間時間が作れるので、自動車系の免許を周りよりも早く取ることが出来ますし、なにより周りが働いている時間に動くことが出来るというのは何をするにも都合がいいです

会社の給料はもちろん大事ですが、僕の場合は自分でなにかしたい、自分で商売がしたい、何かに縛られず生活したいと思い始め、20代を超えてから勉強する時間を作りました。

 

工場の勤務であればしかも三交代であれば8時間以上は学びや経験に時間を使えるので、給料をもらいながら、副収入を得ながら、さらに学べるという理想ともいえる生活が送れます。

 

帰って疲れたから寝るのはもったいないと気づいた人は、今後良いことがあると思います。

 

時間は有限なので、ぜひ有効活用していきましょう

もしも三交代が苦手だと思うのなら

どうしても三交代が苦手だと思う方もいるはずです。

夜勤が苦手だったり、普通の常日勤の仕事をしたいと思う方もいることでしょう

 

そんなときは転職というのも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

三交代ということで時間をある程度自由に使えることができると思うので、その時間をうまく利用して自分が希望する職種を探すことがきっとできるはずです

 

DODAという求人サイトがあるのですが、そちらですと実際に転職のプロの方に相談できますし支援もしてくれます。そしてあなたの条件に合った仕事を一緒に探してくれます。

 

搭載求人数も100.000万件以上と豊富で、一般には公開されていない非公開求人というものを転職のプロの方たちが紹介してくれます。

 

もしも三交代に疑問を感じているのならばこういったサイトに登録しておいて空いた時間に相談に乗ってもらうことで自分の希望した仕事が見つかるはずです。

 

そんなDODAさんのメリットをまとめた記事を書きましたのでぜひこの記事をあわせてご覧になってください

 

あわせて読みたい→求人サイトDODAの何がいいの?7つのメリット教えます

 

DODAさんのサイトはこちらになります



三交代ですと製造系の仕事をしている方が多いと思うので、その経験を生かせるように製造関係での求人に優れている求人サイトも紹介します。製造業に強い転職サイトはこちら

ページの先頭へ