仕事に集中できないを解決するケース別対処法

仕事の疑問

だれにでも色々な問題が重なって仕事に集中できないときというのは良くあることです。

 

集中が出来ない状態になってしまうと仕事に対するモチベーションが下がってしまったりとデメリットしかありません。

 

今回そんな集中できない悩みの対策や解決方法などをケース別にご紹介します。

 
スポンサーリンク



仕事の量が多すぎて集中できないとき

仕事の量が多い

頼まれた仕事の量が多すぎて集中できないときはありませんか?

 

事務員の場合のケースでいうと例えば

 

「明日までにすべてのデータの入力ををお願い」

と頼まれたり

「もう一度、ホッチキスを外してすべての書類に追加で一枚、挟みこんで欲しい」

 

など一枚なら簡単にできるでしょうが数が多いと大変です。仕事では大量だったりすることも多いです。

 

仕事に集中できないのはいつまでに頼まれた仕事が完了できるのか自分でもわからないからです

 

果てしない仕事に自分の頭が混乱している状況にあります。また上司も頼んだ仕事の手順までは明確に指示しないものです。

 

頼まれたらあとは自分の裁量で作業をしていくことになります。

 

なので例えばデータ入力の仕事がおよそ1000件程度あるのならその分量を勤務時間で割って、1時間で作業可能な件数を出して計画を立てます。

 

そうすれば計画的に作業がしやすくなります。

 

そしてこのペースなら何時までに終われそうと予想できます。また大切なのは残業してもいいと自分の中で決めておくことです。

 

時間外はなるべくしたくないので勤務時間内にぜったいに終わらせたいと思えば思うほど集中できなくてミスをしてしまいがちになります

 

そう思わないで仕事をしていると、意外と時間内に終わるものです。

 

このように仕事の量が多いときはまず最初に計画を自分で立ててコツコツと行えばよいです。

 

そうすると仕事を集中して行うことができます。途中まで作業をしてみて、期限までに仕事ができないときは早めに上司に相談することも大切です。

 

朝や昼の集中できないときのやる気UP術

 

毎日、だいたい定型の業務を行っているけど仕事に集中できないときってありませんか?

 

特に朝、朝礼が終わって1時間くらいは頭がすっきりしないので集中できない。

 

昼ごはんのあとの1時間もやはり眠気が来てあやうく居眠りをしそうになる。このように生理現象である眠気などの場合はどんな風にしてその眠気に打ち勝って集中して仕事を行えばよいのでしょうか?

 

一般的に朝に弱い人は多いと思います。

 

会社に遅刻せずに10分前には到着はできていても頭は完全に目覚めていなかったりします。

 

きっと遅刻せずに早起きすることが現段階の精一杯なのかもしれません。

 

だいたいの人は同じだろうと思います。そのため会社も朝礼でラジオ体操をしたりという工夫をしています。しかしこの程度のことでは頭がすっきりしない場合もあるでしょう。

 

 

要は頭をシャキッとさせるには緊張感を持たせることです

 

朝、一番で取引先やお客様へ電話をしなければいけないような重要な用事があれば眠くないはずです。

 

昼も大切な仕事や会議を控えている場合なども同様です。

 

ということで難しい仕事を朝一番、昼休みあとに持ってくると緊張できて集中力が増しそうです。

 

緊張する仕事は日頃の業務におけるやる気のUPにもなります。

 

 

このように仕事に集中できない理由は頭がまだ仕事をする状態ではないからである場合もあります。

 

なので意識的に自分で頭をすっきり、シャキッとさせる方法を確率させられると仕事の能率も上昇します。

 

関連記事→朝布団から出れない人の為の改善策3つ

 

デスクワーク中心の仕事場での気分転換の方法

デスク仕事

仕事場で何時間もパソコンに向かって作業をしていると肩も痛くなりますし眼精疲労も起こります。

 

そうすると集中力も低下することになります。こんなときに仕事場で気分転換するにはどうすればよいのでしょうか?

 

 

よく言われるようにデスクワークでも1時間に1度は席を立ってみることです。

 

ずっと座りっぱなしだと肩も硬直します。姿勢もきっと悪くなってます。

 

そして一生懸命に画面を見ようとして目を細めて眼精疲労やドライアイの原因になります。必然的に集中力は低下します。

 

そのため1時間に一度はトイレ休憩、お茶を入れ替えたりするために給湯室へ行ったりもよいかもしれません。ものすごく忙しいときはまた別ですが。

 

 

また人と話をすることも気分転換になります。

 

となりの同僚と仕事のことで話しかけてみたり、わからない点を上司にたずねたりすると頭も活性化されます。

 

 

一日中、仕事に打ち込んでパソコンの画面ばかりを眺めていては疲れます。適度に人と会話をすることで気分転換になります。

 

 

このように現代のオフィスワークでは集中力が低下しやすいことが多いです。

 

そのためアナログに切り替えて人との会話を増やしたり、ちょっと席を立ってみたりすることも大切ではないでしょうか?

 

 

仕事で集中できないというケースはいろいろ考えられます。

 

仕事の量が多すぎていつ終わるかわからないとき、朝や昼のまだすっきりと頭がしていないとき、デスクワーク中心の仕事場の場合です。

 

集中力をUPさせる方法は身近にいろいろありますので気軽に試してみてください。

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ