仕事上での心の悩み

仕事のミスで死にたいと思った時の3つの対処法

投稿日:

どんな人でも大なり小なり仕事でミスをしてしまったことはあるはずです。

 

今回はそんなミスが原因で死にたいとまで思っている方のために対処法を3つ書いていきます
スポンサーリンク



まずは死んでも誰も得をしないと考えましょう

誰も得はしない

仕事で大きなミスをしてしまい、取引を打ち切られてしまい会社に大損害を与えてしまった、という営業マンはよくいます。
中には財務会計で予算編成ミスをしてしまい、役員会議で大騒ぎになった、という人もいます。
上司だけではなく社長にも怒られ、周囲の目が冷たい・・そんな時には死にたいと思うこともあるでしょう。
しかし一度冷静になって考えてみましょう。
あなたが死んでも誰も得はしません、保険金は悲しみにくれるあなたの遺族のものです。

 
それどころかあなたが死んだ翌朝も他の人達は普通に生活をしているでしょう。
自分が死んでも世の中何も変わらないということが分かると、死ぬのはバカらしいと感じる筈です。
まずは生きて朝日を浴びて、自分のミスは迷惑をこそかけたけれど、誰の命にかかわる様なものではないと思います。
あまりにショックで会社に行きたくないという気持ちがありますが、辛い時に一人になると余計に落ち込んでしまいます。

 

むしろ会社で余計なことを考えずにミスを挽回する為に頑張るか、関係者に謝罪して回った方がすっきりします。
会社はそもそも他人同士が仕事で繋がっている場所であり、ミスをしたからと死ぬ程の強い責任感を持つ程の場所ではないのです。
今は非常に辛いでしょうが、そのミスは必ず10年後には笑い話になりますよ。
10年後の自分をイメージして、お酒の席で今日のミスを笑い飛ばしている自分を想像しましょう。
今日も元気に、とは言えませんが、取り敢えず行動する気持ちになれますね。

 

関連記事→ストレスを少なくするための仕事のミスでの謝り方紹介

 

ミスをした後の行動で評価が決まる

仕事で死にたい程のミスをしてしまうと、その後何も仕事が手に付かなくなってしまうものです。
しかしミスをしただけで終わってしまえば、ただ

 

「ミスをした人」

 

「ツイていない人」

 

「仕事が出来ない人」

 

というレッテルを貼られて終わってしまいます。
あなただけではなく、社会人になってからミスをしたことのない人というのはまずいないでしょう。
大切なのはミスをした後にどの様な行動を取ったかなのです
自分のミスをカバーする為に奔走した接客スタッフや、取引先に土下座をして謝罪をして、もう一度チャンスを貰える様にお願をした営業マンもいます。
自分に今できることは何でしょうか、ミスを気にして死ぬことではない筈です。
そのミスによる相手への損害を少しでも少なくする方法があるのなら、すぐに実行しましょう。
もし何をしたら良いか分からないという場合には、上司や先輩に遠慮なく頼った方が良いでしょう。
ミスをして落ち込んでいるあなたを見て周囲は冷静にしていますが、もしも助けを求めれば誰かしら協力してくれる筈です。
ましてや上司はあなたの仕事に対して責任を持っています。
困った時やトラブルに遭遇した時には自らサポートをするポジションである筈なのです。
謝ることはまず最初に済ませてしまい、自分にできることを粛々と行いましょう。
ミスの処理はイレギュラーな分意外と面白く感じる場合もあり、作業ををしているうちに「死にたい」と思う気持が薄れてきます。
適切なミス処理をした場合には、周囲から評価されることにもなります。

 

関連記事→仕事のミスを隠すことは絶対にしてはいけないその理由

ミスをこやしにステップアップしてける

ステップアップ

仕事で取り返しのつかないミスをして死にたいとまで思っている人は、ミスをチャンスに変える気持ちになりましょう。
確かに今回のミスはあなたにとって大きなショックでしょう。
しかしそのミスはどうして起きたのかを考え、二度と同じミスを繰り返さない様に業務改善をしていけば、大きく成長できるのです。
周囲にかけた迷惑は、その後の仕事で挽回することで1年も経てば帳消しになります。
これからの自分を見てもらうという考えに切り替えて、今回はとりあえず終わったことにしましょう。
ミスを経験することでより仕事に対して注意力が上がります。
仕事というのは長く続けることで段々と飽きてしまい、集中力がなくなって辞めたいと感じてしまうものです。
しかしそのミスがあったことで仕事に対するモチベーションを維持することができるでしょう。
周囲の人のミスに対しても寛容になることが出来るので、人間関係もスムーズに行くようになります。
大きなミスをした貴重な経験は、転職をする際にも大きく役に立ちます。
面接で自己PRをする時に、ミスをしたことでどれだけ自分が仕事に工夫をして、改善していく努力をしていったのかを述べることで面接官に好印象を持たれます。

 

ミスをした経験を自分の強みに変えることができれば、将来的に打たれ強い人間になれるのです。
死んでしまったり退職をするのは簡単ですが、どうせならば人生をより良い方向に持って行くきっかけにするべきです。
このミスは自分の将来に役立つと考えて、前を向いて行動して下さいね。

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.