製造業の仕事を楽しむ方法

製造業の悩み

製造業で働いていると毎日同じことの繰り返しで自分は何のために働いているんだ?と思ってしまうことってありますよね?

 

今回はそんな製造業の楽しむ方法についてご紹介しましょう。

 

その部品1つ1つに愛情を込めて作れば楽しくなる

 

製造業をしていて仕事を楽しむ方法としては、その自分が作ったものにお金を出して買ってくれる人のことを想像するといいでしょう。

 

ただベルトコンベヤーに乗せられた部品をチェックしているだけでは、やはりつまらなく感じてしまいますしね。

 

でも、その部品1つでも商品にとっては大事な物なのです

 

その部品がちょっと傾いているだけでも、その穴には入らないのです。入ったとしても、使っているうちに外れてしまい、故障の原因になる場合だってあります。

 

 

せっかくお金を出し、「これが欲しい」と思って買ったお客様が、がっかりした姿を想像してみて下さい。

 

もしも自分だったら、「買わなきゃ良かった」と後悔することもあるでしょう。お金を出して買うということは、本当に大変なことですよね。

 

 

その人だってたくさん働いて、その商品は自分へのと褒美として月に1回、1年に1回しか買えない物かもしれないのです。

 

それが子供へのプレゼントであったり、可愛いペットへのおもちゃであれば、どう思うでしょう。

 

 

その子供でさえ、悲しい気分になりますよね?

 

 

毎日見ている物は小さなネジかもしれません。

 

でも、そのネジを「可愛いな」と思えばいいのです。

 

無機質なものも見る目線を変えれば可愛く思えることがあるんです。製造業の仕事を楽しむ方法は愛情を持つことで楽しくなりますよ。

 

 

その作業もあなただからこそできるんです。それが長く勤めることで、より腕も磨けて、ますます必要とされる人材になれると思えば、製造業というのはやりがいのあるとても楽しい職種なのです。

関連記事→製造業にやりがいを感じない|解決のカギはQCD活動にあり

休み時間に楽しいことを考えてストレスを解消

製造業の仕事を楽しむ方法では、ストレスを感じる時には休みの日に思いっきり楽しいことをやろうと考えるといいですね。

 

じっとその仕事を考えてばかりいるとストレスとなりますが、休憩時間には休みの日はスノーボードに行って思いっきり滑ろうとか、温泉に入って楽しもうと考えればいいのです。

 

 

温泉に行ったら美味しい地の料理を食べたり、温泉饅頭を食べ歩きなんてことを考えるのもいいですね。

 

色々な足湯に入ってみたり、観光地で自撮りなんてのも面白いものです。

 

 

1人旅なら自由気ままに時間を有意義に使っては遊べますね。気になる人がいたら声をかけてみれば、お付き合いができるかもしれません。

 

 

近くならカフェに行って美味しいコーヒーを飲んだり、スイーツの食べ比べをしてみるのもストレス解消になりますよ。

 

 

ランチにはちょっとリッチなお弁当を食べるのもストレス解消になります。お菓子を持って行って食べるとか、紅茶を飲んで癒すのもいいですね。

 

 

違う場所で働く友達に電話などをしてみて、楽しくお話をしてみましょう。仕事が終わったら食事に誘い、美味しい料理を食べたらますます仕事も頑張れますね。

 

 

何か楽しいことを考えるようにして、自由時間を有意義に使うのが仕事を楽しむ方法なのです。

 

 

外の景色を見るのもいいでしょう。工場の窓から見える景色を見ながら缶ジュースを飲むのも癒されますね。

 

遠くの山を見たり、空を見るのもいいですよ。白い雲や青空は人を幸せな気分にし、ストレス解消となりますね。

 

関連記事→「休日にやることがない」と悩む社会人のための3つの方法

 

人間関係に悩まないようにするのが大切

 

人間関係での悩みを抱えて働く製造業という仕事を楽しむ方法では、あまりその人間関係を考えないことがポイントですね。

 

 

どうしても色々な人が1つの工場に集まることでトラブルが起きることがあります。

 

 

特に、製造業では間違いや失敗は1つの工程を1からやり直さなければならないことにもつながります。

 

材料集めから始まり、失敗したものは捨てるか、また組み立てるという面倒さもあります。

 

 

イライラは時に人を罵倒したり、亀裂を生みます。連帯感のある製造業では、こういったことが製造する過程でとても問題になりますね。その分野は腕や知識のある人にしかできないからです。

 

 

1人でも欠ければ商品にはなりません。なのに、怒られてばかりいれば信頼も薄れ、仕事にも身が入らないことにもつながりますよね。

 

 

でも、それをいちいち気にしていたら仕事になりません。「ああ、また怒ったな」程度に考えて、やるべき仕事をやればいいのです。

 

逆らったり、文句を言うことで、より関係がギクシャクし、その職場を辞めなければならないことにもなりかねません。

 

 

ですから、人が噂をしているなと思っても、無視をしましょう。会社には仕事に来ていると考え、自分の割り当てあられた仕事に全力を注ぐことが仕事を楽しむ方法なのです。

 

 

ランチの時に孤立しても、その時間が過ぎれば自分の職場に戻ればいいのです。そして、時間になればサッサと家に帰りましょう。

 

 

感情的になるのがよくないので、冷静に物事を判断できるようにするのがポイントです。大人な考えを持つように努力するのが製造業で働く上で大切なことです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ