社会人の一年目に絶対に行うべき3つのこと

仕事の疑問

社会人となると、学生時代とは違った戸惑いや不安も多いものです。社会人一年目ともなるとなおさらです

 

一般的に会社員は指示待ちではいけないと言われますが、最初は少し受け身でもOKです。

社会人としてのマナー、人間関係、仕事とすべてが初めての経験であり、そんな中で指示待ちではなく、自らの意思を出して働く事は無理なのです。

最初から気負って空回りし、落ち込んで自分にはこの会社は向いていないと言った悩みを抱えるより、まずは謙虚に学ぶ事からスタートすると言った意識で十分なのです。

今回は社会人一年目の方が絶対に行うべきことを3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク




 

1.まずはマナーを学びましょう!

マナー
社会人の一年目に、まず最初に学ぶべきは、社会人としての様々なマナーでしょう。

少し年月が経ってしまうとこんなマナーも知らないのかと思われ、またそうした事を聞くのもはばかれるようになる為、最初にしっかり身に付けると良いでしょう。

言葉遣い、名刺交換、宴席での座席位置等に関してマナーに適った行動を取れるように意識し、それが自然に出る所まで身に付けるのが良いでしょう。

特に言葉遣いは尊敬語や謙譲語や丁寧語の違いなど、改めて勉強する事も必要かもしれません。

こうした言葉遣いやマナーは、社内や取引先の方などの人間形成の基本となる為、しっかりと身に付けた方が後々役に立つと同時に、人間関係を損なう事も少なくなり、社会人が直面する人間関係の悩みを軽減する事にも繋がるからです。

社会人のマナーは、どこの会社に勤務していようが、どんな職種であろうが、一年目に身に付けるべき共通のスキルとも言えるのです。

関連記事→新入社員にありがちな会社の悩みについて

仕事に対する取り組み姿勢を考えましょう

 

冒頭に最初は少し受け身に取り組む事もOKだと記しましたが、これは謙虚に仕事を学んで欲しいと言う意味でもあります。

すべてが指示待ちではなく、分からぬ事はしっかりと理解できるまで聞き、指示された仕事が終われば、報告してそれで良かったのかの確認をしっかりとし、さらに次の仕事の指示を受けると言った積極性は持っていてほしいものです。

しかし、その単位業務の目的ややり方に様々な意見があっても、まずその会社や職場のやり方を受け入れて、1人立ちに向けて一通りの仕事を身に付ける事に集中すべきです。

社会人として一年目から課題意識を持つ事は大いに良い事です。しかし、場合によってはあなたの課題認識が全体最適から見れば誤りであると言った事も考えられます。

 

課題認識を持ちつつも、改善提案は少しタイミングを見て行う事とし、まずは教えてもらう事に徹する方が良いでしょう。

課題に対する提案は、一通りの仕事がこなせるようになってからでも遅くはないのです。

社会人としての一年目は、社会人、会社、仕事、人間関係すべてに対して慣れる事、馴染む事、学ぶ事に徹する事で十分です。

慣れ親しむ事によって、少しその仕事をかじっただけで、自分はこの仕事には向いていないと言った気持ちになったりする事も少なく、後々仕事の中でやりがいなどを見出しやすくなるのです。

しっかりと課題意識を持ちつつも、まずは受け入れてみると言ったスタンスが気持ちて気にも楽だと言えるでしょう。

関連記事→新社会人に伝えたいこと 会社を好きになる努力をすべし!

社会人としての読書の習慣づけも重要です

読書

先に記したように、課題意識を持ちつつも、まずは受け入れてみると言うスタンスは、安易に離職する事の防止にもなります。

大卒の30%が3年以内に転職すると言う時代ですが、この要因の中には、まずは辛抱して受け入れてみようと言う意識の欠如もあります。

会社での社会人としての生活は、35年以上も続くのです。

 

 

そんな中で、一年目で何かに付けてどこまで理解できるかはたかが知れているのです。

じっくりと時間を掛けて学び、その中で、着実にスキルを磨き、その過程で、自分のカラーを出していけば十分なのです。

会社側も、一年目の社員に過大な期待は寄せていません。良い会社であればあるほど、それよりもしっかりと学び、数年後に大きく成長してくれる事を望んでいるものです。焦って空回りし、悩んだりする必要はないのです。

その一方で、会社での社会人としての生活は学生時代に比べて遥かに長いため、毎日をただ流されて過ごすのと、意識して少しづつスキルを磨くための勉強を心がけるのでは、大きく成長に差が出るのです。

この勉強としてはビジネス関連と専門関連40%、小説などの文学30%、その他30%の比率で読書される事をお勧めします。

社会人なのだからビジネス書を中心にすべきと思われるかも知れませんが、人間形成の意味では文学や自然科学など様々な分野の読書をする事が重要なのです。

会社での責任が重くなると、こうした読書の時間が取りにくくなる為、若い間にしっかりと読書すると共に、余暇を無駄にしない習慣づけも必要なのです。

社会人の一年目は、まずは受け入れて学ぶ姿勢と、社会人としての基礎と習慣を身に付ける時期だと考えると良いでしょう。

関連記事→初任給で親にプレゼントすると喜ばれるもの3選

スポンサーリンク



ページの先頭へ