新入社員の悩み

初出勤の緊張を緩和する確実な3つの方法

投稿日:

初出勤の時には、誰でも緊張するものです。ぜんぜん緊張しないという人は、仕事自体も緊張感を欠くものになってしまいがちです。

ですから「緊張自体は悪いことではない」と考えたほうがいいでしょう。

 

その上で、当日に出来るおすすめの緩和法を3つ紹介します。

スポンサーリンク




 

1.早起きしてみよう

早起き

まずは、早起きすること。

 

初出勤で最悪なのは「遅刻」です。そうでなくても緊張している上に遅刻しそうになると、緊張を超えてパニック状態になりかねません。

万が一にもそういう事態にならないよう、想定時間より30分は早く起きましょう。

時間に余裕があるのですから、焦る必要はありません。

 

できれば朝ご飯をきちんと摂り、ゆっくり身じたくをしましょう。

時間をかけてきめ細かい身じたくをすることで、気持ちはかなり落ち着いてくるはずです。

身じたくを完璧に整えるには当然鏡に向かうことになります。

身じたくを整えたあと、その鏡に向かって、あいさつの練習をしましょう。

思いっきり笑顔を作って、「おはようございます」と大きな声で自分にあいさつするのです。

「子供っぽい」とか「ばかばかしい」と思ってはいけません。

 

これはあくまでも、初出勤の緊張感を緩和するための儀式なのです。

笑顔を作るだけで、気持ちは明るく前向きになるものです。その自分の笑顔を見ながら大きな声を出すと、さらにポジティブな気持ちになれます。

そして、家を出る直前に

 

「さあ、出発。今日一日、がんばろう」

 

と、これも声に出して言ってみましょう。

自分に自分でエールを送って、出勤のモチベーションをアップするのです。

歩くとき、背筋を伸ばした正しい姿勢を意識するのも、大切なポイントです。

 

関連記事→「わっ、寝坊した」そんなときに使える遅刻言い訳集3選

 

通勤途中は出勤後のシミュレーションをしましょう

 

初出勤の緊張を緩和しようとして、通勤途中、仕事とは全く関係ないことをして過ごす人が少なくありません。

 

スマホのゲームなどで気を紛らわそうとするやり方です。

しかし、これは逆効果。仕事のこと、会社のことを忘れることは不可能ですから、そのように逃げようとすればするほど、初出勤の緊張感はさらに高まってしまうのが、人間というものなのです。

では、どうしたらいいのか。おすすめしたいのは、出勤した後の行動のシミュレーションです。

会社や職場の建物を頭の中に思い描いてみましょう。

 

その会社に入っていく自分、エレベーターに乗る自分

「おはようございます」

と言いながらセクションに入っていく自分、というように細かく想像してみるのです。

また、初出勤の時は朝礼などで自己紹介をさせられる可能性もあります。

 

簡潔なほうが好もしく思われますので、名前と出身程度の内容の短いあいさつを考えておきましょう。

そして、明るい笑顔で自己紹介する自分、それを穏やかな微笑で聞く先輩たちの姿も想像しましょう。

コツは映像として思い描くことと、すべてポジティブな想像にすることです。

実際の仕事については、初出勤の段階ではリアルな想像はむずかしいに違いありません。

 

ですから、そこは省略し、「無事に初日を終えて、退社する自分」をシミュレーションしましょう。

「お先に失礼します」と言って、会社を出るところまで想像することによって、頭の中で今日一日が完結します。

「この一日を実際の行動でなぞればいい」と考えると、緊張はかなり緩和されるはずです。

 

 

関連記事→新社会人に伝えたいこと 会社を好きになる努力をすべし!

 

退社後のプライベートの楽しみを考えてみましょう

退社後

出勤途中に、初出勤の緊張を緩和するための方法がもう一つあります。

 

それは、退社後などのプライベートタイムの楽しみを考えるという方法です。

前項では退社シーンまでのシミュレーションを紹介しましたが、そのあとのことも想像してみましょう。

 

今日一日、仕事をした自分へのご褒美として、ちょっと贅沢な夕食をするとか、歌好きな人なら一人カラオケへ行くとか、何かほしいものを買うとか、自分にとって楽しいこと、うれしいことを考えてみるのです。

さらに

 

「社会人になって初めての休日はどんなふうに過ごそうか」

 

 

「初任給が出たら、何に使おうか」

関連記事→価値のある初任給の使い道ベスト3

 

「ゴールデンウィークや夏休みは誰とどこへ行こうか」

 

など、どんどん空想を膨らませていきましょう。

 

仕事をして決まった給料が入ってくれば、プライベートタイムをこれまでより充実させることが可能です。

 

もしかすると、これから働く職場で、素敵な異性との出会いがあるかもしれません。

 

そうなれば、その「新恋人」とさらに充実した楽しいプライベートを送ることも可能になるのです。

 

もちろん、これは空想や妄想の類にすぎません。しかし、そうした空想をどんどん膨らませていくことによって、初出勤の緊張は確実に軽減されます。

 

こうした空想は仕事と関連するものですから、スマホのゲームなどに逃避するよりも、ずっと効果的なのです。

 

仕事をきちんとするからこそ、充実したプライベートになるわけですから、「よし、がんばろう」という気持ちが生まれるのです。

 

これはつまり、前向きな気持ちになることによって、緊張を和らげるという方法と言っていいでしょう。

 

 

関連記事→「休日にやることがない」と悩む社会人のための3つの方法

 

以上、初出勤の緊張を和らげる三つの方法でした。是非お試しあれ

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-新入社員の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.