新社会人よ会社を好きになる努力をすべし!

新入社員の悩み

新社会人に伝えたいことは、新しく会社に入社する時には、まず人間関係を考えることになるでしょう。

 

大学や高校とは違い、その会社というフィールドには、20代から40代、50代という様々な年代の大人が集まるわけです。

 

同年代ではないからこそ、同じ価値観にならないのが会社というものです。

 

そこを踏まえて、上司や先輩と上手くやっていかなければならないのです。それを理解していないで、そのまま学校気分で会社での生活を始めてしまえば、トラブルになることがあります。

 

みんなが自分と同じ考えをしては合わせてくれるサークルとは違い、まったく自分とは違う考えをしている人々が集まるからこそ、色々な発想を生み出すことができるのが会社なのです。

 

自分の意見と先輩の意見は違うことが多く、やはり後から入ってきた後輩がその先輩の意見というものを尊重すれば、おのずとトラブルがなく話を進めることができますね。

 

先輩の話をよく聞き、良いところを見つけて、自分のプラスとなるように工夫をするのです。

 

そうすることで、よりその仕事というものが面白くなり、ますますその会社に入って良かったと思うものなのです。

 

 

新社会人というものは、1からスタートすることが大切です。

 

そのスタート地点から立ち、それをいかに快適に走ってはゴールまで辿りつけるかを考えるわけです

 

。新社会人はみんなが1から同じスタートを切ります。

 

それをいかに先輩や上司と上手くやっていけるか、仕事をどのように覚えてはこなしていくかを考えらえることが、より人よりも生き残れるポイントなのです。

 

 

新社会人に伝えたいことは、いかに一緒に働く人に気に入られるように接することができるかですね。

 

だからと言って、飾るのではなく、ありのままの素直な自分を大切にしましょう。

 

そして、やるべきことはやることで、その職場の人に好かれることとなるのです。

 

関連記事→新入社員にありがちな会社の悩みについて

 
スポンサーリンク



遅刻しないで会社の魅力を見つけて楽しく働こうと考えたい

新社会人に伝えたいことは、やはりきっちりとした生活をすることですね。

 

学校のように1日くらい寝坊してもいいやという気持ちを捨てて、絶対に遅刻をしないという姿勢が大切なのです。

 

仕事というものは、その人がいるからこそできるわけで、たった1人でもいなければ、トラブルが起きると考えましょう。

 

 

その会社を支えるのは、小さな力が集まって1つの力となり、その会社を作り上げるわけです。

 

会社を支えるには、その1つ1つの努力が大切なことなのです。仕事を覚えればますますその力も大きくなるわけです。

 

それを途中で会社が飽きたからとか、他に魅力的な会社が見つかったから辞めたいという人が増えれば、その会社にとって大きな負担になるのです。

 

たった1人が辞めてもなんでもないだろうと思っても、また新しい人を雇って仕事を覚えさせるとなれば、それは働く人にも負担がかかります。

 

ですから、新社会人に伝えたいことは、その会社に入ったからには、最後まで勤めあげるんだという気持ちが大切なのです。

 

最後までその新社会人は、自分でその会社を選んだのですから、最後までしっかりとその会社に向き合うことが大切ですね。その会社も少し経ては、だんだんとその仕事に飽きてしまうでしょう。

 

そんな時には、その会社の魅力を見つけてみましょう。おのずとその会社の魅力が見つかり、それを知れば知るほど、その会社に貢献しようと考えることになるのです。

 

まずはその仕事を任されることの大切さと意味を考え、自分が雇われているのはその会社にとって必要だからだと考えることが大事なのです。

 

自分もしっかりとその会社を好きになる努力をすれば、よりその会社で働くことの楽しさを見出せますね。

 

関連記事→「わっ、寝坊した」そんなときに使える遅刻言い訳集3選

 

進んで最後まで頑張る行動を見せるのが会社では大切なこと

 

その会社に雇われるということは、気に入られて雇われるわけです。

 

この人なら会社を魅力的なものにしてくれるだろうと考えて、雇われたわけです。でも、なかなか自分の個性や才能を活かせる機会というのはまわってくることがありません。

 

 

ですがそこで働く上司や先輩は、そんなことを乗り越えてその会社で働いているわけです。人とのトラブルを抱えても、それを乗り越え、上司に叱られてもそれをバネにして乗り越えてきたのです。

 

自分だけ怒られているような気がするとか、自分だけが何だか無視されているような気がすることがあり、悩むことがあります。でも、新社会人に伝えたいことは、それでもめげない根性を持つことです。

 

その根性を磨けば磨くほど、その根性も強くなるのです。

 

強くなることで、ますます人間関係にも強くなり、どう対処したらいいかを見出せることとなるのです。そして、その人間関係を磨けば、トラブルを自分から解決できるようになりますね。

 

また、残業ばかりであっても、それを乗り越えられる力も身に付きます。自分ばかりが辛いと思わないことが、その会社で最後まで残れるポイントなのです。

 

会社は個性を出しすぎても嫌われますし、意見を言いすぎても嫌われます。

 

最後までずっと働こうと考えるのなら、周りの人の話や雰囲気に合わせることも必要です。それも自然と長く会社に勤めれば、身に付いてくるものです。

 

 

成果を残そうとして焦れば、どうしても失敗することがあります。そんなことにならないようにするために、焦らずに仕事をすることが大切ですね。

 

新社会人に伝えたいことは、嫌でも色々なことをやろうという行動と姿勢を見せることです。進んでやることで仕事も任されるようになり、ますます大きな仕事も任されることになるんですよ。

 

文句は言わないようにして、最後までやり遂げましょう。

 

だけれども・・・・

 

もし本当に辛い気持ちになってしまった。会社の待遇があきらかにおかしい。ブラック企業なのではないか?と感じるならばすぐにでも退職を考えてください。

 

そこにいて学べることは反面教師以外は何もありません。職場の環境はいいか悪いかは正直運です。たまたま運が悪かっただけと思い、次の職場で花をさかせれるように頑張りましょう。

 

関連記事→入社しちゃだめ!ブラック企業の見分け方の2つポイント

 

スポンサーリンク



“新社会人よ会社を好きになる努力をすべし!” への4件のフィードバック

コメントをどうぞ

ページの先頭へ