転職の悩み

40代のフリーターが正社員になるためのシンプルかつ確実な方法

投稿日:

ここ最近ニュースにもなってきている40代のフリーターについてですが、これは今や珍しい事ではなくなってきました。
 

本来40代といいますと会社の中堅にいる方が多いと思いますが、様々な事情によりフリーターになってしまっているという方は非常に多くいらっしゃると思います。
 

日本という国では一度レールの下に落ちてしまうとどうしても再度レールの上に上がるのがとても難しいという現実があります。

 

例でいいますと新卒を逃すと中途採用では即戦力が中心となるのでどうしても採用の難易度が上がってしまいます。
 

一応第二新卒や卒業後3年後は新卒と同様の条件で新卒求人へ応募できるというのもありますが、残念ながら日本は挑戦していく国民性ではありません。

 

リスクを避けて通る国民性です。

 

これは確かに正確さが重要視される仕事ではとても高い効果を発揮しますが

 

採用に関していいますと少しでも不安要素があった場合は何かトラブルがあった時に会社責任、採用担当者責任となるので、採用を見送るケースがとても多いのです。
 

例を挙げますと、一度新卒採用を失敗して浪人してしまった場合や、停学歴があったり、一般的なレール上を一度でも外れた人を指します。
 

勿論採用担当者や企業は不採用理由は一切明かしませんし、そういった差別的な事は絶対にいいませんが、企業の裏側を少しでも知っている方ならば理解できると思います。
 

企業は綺麗事だでではやっていけないのです。慈善事業ではなく利益を出す事が目的にしているお金を稼ぐ事が第一優先の組織なのです。
 

話が逸れましたが、40代のフリーターが増えてしまった理由はこうした理由がとても大きいです。

勿論就職するまで一度もレールの上を外れないで就職してその就職先での企業理念や考えに疑問を感じ転職をするという方法を選び、フリーターになってしまった方も当然多くいらっしゃりますが、それだけ中途採用というのは簡単に採用を貰える場では無いという事です。
 

それが40代ともなれば尚更です。企業が40代の採用に積極的では無いのには勿論理由があります。

 

関連記事→転職活動に疲れたあなたに送るコトバと確実な改善策

 

まず給料面の問題です

 

 

企業が大きくなれば大きくなる程、年齢給というものが存在し全く戦力にならない状態でもそれなりに高い給料で雇わなくてはいけない問題。

 

そうなりますといまから転職といっても動くのがおっくうになてしまうものではないでしょうか?

 

関連記事→ワーキングプアの実態 抜け出すための工夫三選

 

それ以外に人間関係の問題です。

 

一般的に新入社員を指導するのは主任クラスの方が多いですが、主任というと入社後5年~10年前後で昇格する役職です。

 

そうなると大卒で22歳から働いているとしましたら大体30歳前後の方から指導して頂く事になります。
 

これではお互いにやりにくいですよね。その人だけに特別な講師を用意する訳にもいきませんし、とても難しい問題なのです。

 

これらだけではありませんが、この理由が最も大きな理由だといえます。
 

ではどうやってフリーターを脱出するのかといいますと、答えはシンプルです。

 

関連記事→何がしたいのかわからないから脱出する仕事術

 

40代のフリーターからの抜け出し方はこれだ!

とにかく企業を沢山受けるのです。それだけと思うと思いますが、それが最も基本で最も重要な方法となります。

 

飛び込みの営業マンと同じです。100件駄目なら200件、200件駄目なら300件といった具合です。
 

単純かもしれませんがこれが最も確実なのです。
 

そしてそれ位の行動を起こす理由も勿論あります。残酷ですが、自分の身は自分で守らないといけないのです。
 

今の日本の借金事情は皆様もご存知の通りとても厳しい状況です。

 

国としてドンドン厳しい方向に動いていっているのは誰もが周知の事実でしょう。
 

なので国としては言い方は厳しいですが、一個人のトラブルに付き合っている暇は無い訳です。

 

そしてそもそもの考え方が違います。
 

そういった法律を決める方々は上記でいうレールを当然外れずに来ており、そのレールも一般の人とは違うルートのレールです。
 

なので一般の人が経験してきている事とは別の経験をしてきており、価値観も国民とはかなりかけ離れており、今現在の自分の生活も潤っているという状態ですのでどうしてもフリーターの方の気持ちを理解する事ができません。
 

言葉ではフリーターを減らす為にとうたっていますが、実際にフリーターの気持ちなんて分かるはずがありませんので、その問題を解決できる可能性はとてつもなく低いという事になります。
 

なので国に何かを期待する事は正しい選択とはいえないのです。自分の身を守るには自分で行動を起こすしかないのです。
 

40代でしたら当然世の中の原則も理解していると思います。行動しないと何も変わらないという事を。
 

いつかどうにかなるだろう、何とかなるだろう、何とかしてくれるだろう。

 

人間は誰しも楽をして生きていたい生き物なのでどうしても無意識にそう考えてしまいがちですが、残念ながら何とかならないのです。
 

だからもう行動するしかないのです。

 

自分の人生を救うのは紛れもなく自分なのです。

 

もう40代なのではなく、まだ40代と思ってとにかく下手な鉄砲数打てば当たるという戦法でとにかう行動あるのみです。
 

行動方法としてはじっくりと考えてから行動を起こす方法もありますが、この状況ではその方法では間に合いません。

 

正社員の就職は確かに若手に比べたら厳しいかもしれません。

 

ですが沢山受けれいれば必ず自分にマッチした会社が見つかります。それを見つけるまで動くのです。

 

日本は厳しい国ですが、正社員には比較的優しい国です。

 

なのでそのポジションを取ってからゆっくり休めばいいのです。
 

それまでは何としてでも内定を貰うんだという強い意思で頑張って下さい。

 

時間を使って物事を解決しているようなことは出来ません。時間には限りがあります。そして時間がたつほどやれることがどんどん難しくなってくるのです。

 

なので、時間よりも頭を使って行動する。ということをいつも頭の隅にでも入れてこれからの人生を謳歌できるようにしてください。応援しています。

 

関連記事→転職回数が多いことに悲観することはないと言い切れるワケ

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-転職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.