仕事上での心の悩み

ワーキングプアの実態と原因 抜け出すための3つの対策

投稿日:

ワーキングプアというのは、最近とても良く聞く言葉です。

 

具体的には、低賃金のためいくら一生懸命働いても、貧困から抜け出せないという実態にある人たちです。

 

ワーキングプアになってしまう人々は、決してそうなりたくてなってしまったわけではありません。

 

社会全体が、規制緩和により、派遣労働者、フリーターを増やす方向にシフトしていってしまっているという実態があるため、ワーキングプアという人々が増えてきてしまっているのではないかと思います。

 

そんなワーキングプアからどうすれば低賃金の状態から抜け出せるか、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




 

まずはビジネススキルを身につけることを最優先に

ビジネススキル

まず、より高い賃金の仕事に就業できるように、ビジネススキルを身に付けるということが大切なのではないかと思います。

 

いわゆる専門的な仕事であれば、その道の人にしか仕事ができないため、必然的に高い賃金で働くことができます。

 

具体的には、様々な資格を身に付けることが大切になってきます

 

電気関係や、土木関係などの国家資格を身に付け、専門職として働くことができるようになれば、ある程度高い賃金の職種につけるはずです。

 

資格を取ることはなかなか簡単ではありませんが、公的な補助も出る場合があるので、そういったシステムを極力活用していくことが大事です。

 

 

また、いわゆる「職人さん」というのは、希少価値が高く、食いっぱぐれることが少ないです。

 

ある程度の経験値を要する仕事というのは、簡単に他の人が変わることができないため、高賃金が期待できると思います。

 

 

いわゆる事務職や、お店の店員など、ちょっとやれば誰でもできるような仕事というのは、必然的に低賃金になってしまう可能性が高いです。

 

それどころか、これからはコンピューターに仕事を取って代わられていく可能性が高いため、リストラされてしまう危険性すらあります。

関連記事→自分に向いている仕事がわからない人がするべき3つの事

 

生活を見直してみる

 

また、次に考えられるのは、生活費を圧縮し、節約を行うことにより、安い賃金でもやっていけるような暮らしに切り替えていくことだと思います。

 

いわゆるスローライフと呼ばれる生活スタイルを実践していくことが必要になってきます。

 

身の回りに持つものは、必要最小限のものに抑え、極力お金を使わない生活を心がけていくことです。

 

時間に追われてあくせく働くより、賃金は低くてもお金をかけない生活を実践するというのが、ほんとうの意味での豊かな生活なのかもしれません。

 

ワーキングプアな状態にならないように

ワーキングプア

ワーキングプアという状態に陥ってしまうと、なかなかそこから這い上がっていくことが難しいと思ってしまうことが多いですが、意外に身近なところから道は開けて行く場合が多いです。

 

これからの社会においては、バイトや派遣で仕事をするにしても、ある程度専門性の高い仕事を 選んでおくべきです。

 

そうすれば、転職する場合も、仕事が見つかる確率が高くなってくるはずです。

 

 

たとえワーキングプアと呼ばれる状態に陥ってしまっても、希望を失わず、楽観的に生きていくこと、そういった気持の持ち方も大事だと思います。

 

 

これからの日本社会は右肩下がりと呼ばれる社会になっていくため、どうしても悲観的になってしまうことが多いですが、前向きな気持でいるだけで、良い流れを引き寄せてくることができるのではないかと思います。

 

最近は景気が改善してきており、大企業は賃金が上がってきているところが多いですので、いずれはワーキングプアの人たちにもその恩恵が回ってくるのではないかと思っています。

 

それまでは、なんとか今の状況を耐え忍んで、乗り越えていくことが必要なのではないかと思います。

 

フリーターや派遣社員というのは、どうしても立場的に弱くなってしまいますが、自分の仕事に信念を持って働くということがとても大切なのではないかと思います。

 

そして、好きな仕事をやること、それが、蹴結局は賃金以上に大切な、充実した労働環境というものを手に入れることに繋がるのではないかと思います。

 

仕事は多くの人生の時間を費やすので、たとえ賃金が低くても自分の好きな仕事であれば、それはそれで、良い人生を送っているということになっていくはずでしょう。

 

個人の考え方はいろいろありますが、自分は少なくともお金のためだけに働くという考え方は違うのではないかと思っています。

 

ワーキングプアと呼ばれる人たちでも、充実した人生を送っている人はたくさんいるはずです

 

関連記事→給料が安い・・・原因と今後 対応策を考えてみた

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.