転職の悩み

仕事をやめる勇気がほしい方に知ってもらいたい3つのこと

投稿日:

仕事をやめる勇気がほしい。周りのしがらみで動けない。

 

ほんとうは辞めたいのにやめれなくてつらい。こんな気持ちの方が少しでも楽になれるような記事を今回は書いていきたいと思います。
スポンサーリンク



転職するということの本当の意味とは?

転職の意味

最近は、大卒の30%が3年以内に会社を辞めて転職すると言われています。

この原因としては会社が従来の様に若者を長い目で育成すると言う姿勢が薄れて来ている事と、ゆとり教育のせいで少し辛い事があると、我慢ができない若者側の両方にその要因があると思われます。
こうした状況に対して、様々な意見があるでしょうが、生涯1つの企業で勤め上げる事は決して美徳と言える時代ではありませんし、かといって少し意に染まない事項があるからと言って安易に転職する事も問題です。

 

転職するなら、本来はその会社でスキルを磨き、さらにステップアップする手段として転職すると言った前向きな転職でありたいものです。

 

ですがブラック企業が多いというのも事実

ブラック企業

しかし、残念ながら昨今の企業の中には、若者が誇張して表現しているのではなく、本当に労基法違反すれすれのブラック企業も存在します。

 

また、企業そのものには問題がなくても、本人の能力やスキルや希望と余りにもかけ離れてた仕事を選んでしまうと言った本人の職業選択のミスの場合もあります。

こうした場合には、会社に出勤する事が次第に億劫になり、頑張れ頑張れと発破をかけられると、毎朝の出勤時にお腹に激痛が走ると言った身体が拒否反応を示す場合もあります。
これは、うつ病の前兆現象と言えます。ストレスの要因が、一部の上司と会わない等の場合には、同じ会社で職場の配置転換などをしてもらう事によって課題が解決する場合もあります。

ですが会社や仕事内容と本人の適合性が無く、うつの前兆現象が生じるほどストレスが強ければ、場合によっては会社を辞める勇気も必要でしょう。

 

仕事は、収入を得るための手段ですが、身体を壊してまで働く事は、決して正しい事とは言えません

 

うつは本人が精神的に弱いからだとか、仕事を舐めており怠惰なスタンスだと誤解を受け、周囲の人が頑張れと励ます事も多いものです。

しかし、うつやうつの前兆がある人に対しては、この言葉は禁句なのです。収入を得る手段は決してその会社のみしか得られないものではありません。

ミスマッチがひどく、このまま行けば、精神的に持たないと判断するなら、周囲も転職を進めたり、本人も会社を辞める勇気を持つべきなのです。

身体の拒否反応は、会社を辞めると嘘のように現象は治まるものです。

こうして暫くゆっくりと今までの精神的ストレスから解放され、落ち着いて来れば、何がストレスの原因だったのかを良く自問自答し、収入が多少減少しようが、そうしたストレスの小さな職種や仕事に再就職活動を始めると良いでしょう。

 

関連記事→自分に向いている仕事がわからない人がするべき3つの事

大事なことはあなたがどうしたいのかということ

あなたはどうしたいか

繰り返しになりますが、怠惰な心で、安易な転職はお勧めできません。しかし、一方で辛い仕事にしがみつく事で、自分の心身を壊すまで頑張る必要もないのです。

 

仕事に生きがいがあり、自分の描くライフバランスが保てる会社や仕事と出会う事は中々難しいものです。しかし、多くの人は何がしかの我慢をすれば、頑張れる状態に居るのです。

しかし、こうした事が通用しない状況に追い込まれる事もあるのです。そんな時には、多くの人が我慢しつつ頑張れている状況に自分を転換するために、転職する事を恐れる必要もないのです。

 

世間一般で、良い会社と言われる一流企業であっても、自分にとっては合わないと言う事はままある事です。そんな時、親御さんは折角良い企業に入れたのだから頑張れと言うのが普通でしょう。

 

しかし、そんな時にも、自分を理解してくれる先輩などから説得してもらってでも、会社を辞める勇気を持つ事も必要なのです。

仕事は人生のすべてではありません。仕事の為に心身を病んで、自分の人生を大なしにする事ほど愚かな事はありません。

 

すべての仕事と名の付くものに拒否反応を示すほど重症にならぬ間に、ストレスの最大の要因から解放される転職をする事で、少々の辛さがあっても、我慢できるレベルの仕事に出会う方が良いのです。

 

そんな状況になったとしても、それは負け組などでは断じてありません。いや、そもそも仕事に勝ち組も負け組もありません。つましくとも、何とか生活ができる収入を得られ、そこに楽しみややりがいを感じられる仕事に就けているなら、収入や企業規模などは大した意味を持たないのです。

 

冒頭記載した3年で退職する大卒の30%の人が、そんな追い込まれた人達ではないでしょう。それでも何らかの理由で転職をするのです。

 

精神的に追い込まれ、うつの危険性に直面しているなら、即会社を辞めて、30%の人達の仲間入りする事を恐れる必要など無いのです。

 

頑張る事は良い事です。しかし頑張り過ぎる必要もないし、それが美徳でもない事は心に刻んでおいても良いでしょう。

 

関連記事→タイミングを見極めることが大切、仕事の3つの辞め時紹介

 
スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-転職の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.