フルタイムで帰りが遅い夫と既婚女性の仕事と家事の両立のコツ

働く女性の悩み

 

既婚者の女性がフルタイムで働くことは難しいですよね。

 

 

パートやアルバイトのように、短時間勤務だったり、夕方までに仕事が終えるようなシフトにしていれば、随分違ってくるのですが、フルタイム=正社員なので、ある程度の責任もかかっているのです。

 

 

こんな不満ありませんか?

 

 

大抵普通の会社員の場合、定時は17時から18時。勤務先から近い会社であっても、電車通勤だと、ドアtoドアで、3~40分はかかってしまいます。それ以降に夕飯の買い出しに行き、家に着いた時には、会社を出てから1時間は消費していることでしょう。

 

 

ご飯をつくる準備の合間に、洗濯機を回したり、お風呂の掃除をしたりと、ご飯を食べるまで、座っている暇はないのです。ご飯を食べ終えても、その片付け、明日のお弁当の準備等、することがあり過ぎるのです。

 

 

本当に自分ひとりの時間を持てるのは22時過ぎ位になってしまう。

 

 

夫が手伝ってくれたとしても、食器の後片付けくらいで、料理が出来ない場合は、妻の負担が大きいのです。特に、夫の帰りが遅いとなると、自由な時間は、どんどん後ろになってしまいます。土日が休日でも、平日に出来なかった家事に時間を取られてしまう。

 

 

掃除機をかけたり、布団を干したり、平日の負担を減らそうと、まとめ買いにスーパーに行ったり。そんな事に疲弊して、せっかくのキャリアを捨ててしまう女性も多いのです。

 

是非、その仕事に少しでもやりがいを感じているのならば、続けていってほしいものです。

 

 

既婚ということは、年齢的にも20代後半か30代前半。再就職で正社員につける確率は格段と低くなる。それに「既婚」というと会社側としては、「妊娠するまでの腰掛」と思われて、採用してもらえないことも多い。

 

 

せっかく積み上げたキャリアを捨てないためにも、色々な打開策を提案していきます。

 

 

家事は少しでも楽にできるように工夫、投資する

スポンサーリンク



まずは、家事について。一番負担となっているのは、食事の準備。週末にまとめ買いするのもいいが、せっかくの休みにスーパーばかり行っていては、夫婦としての時間もときめくものにならない。休日位、デートに出かけてストレス発散をするのもいいでしょう。

 

 

そのためにも、食材の宅配をうまく利用してほしいです。今では色々な選択肢があるので、健康に気を付けた食材もあれば、食材以外の物も届けてくれるサービスも多いです。

 

 

業者によっては、保冷容器に入れて玄関先に置いておいてくれる所もあります。日用品もネットでまとめ買い。特に日用品のトイレットペーパーなど、かさばる物や普段使う常備品等は、一括発送で届けてもらえば、送料も安くて済む。水等の飲料水等も、買い物に行くと重いので、そういうものは、すべてネットで注文。

 

 

そして、掃除。ある程度の軽い掃除なら、自分ですればいいが、こちらも安い業者がたくさん出てきている。特に面倒な風呂場の排水溝とか、エアコンの掃除、台所の換気扇とかのみ、指定もできるので、数か月に一回依頼してみるのもよいですね。

 

 

一昔前までは、ハウスキーパー=お金持ち というイメージがあったが、今は手ごろな値段で頼むことができるのです。それか、年末の大掃除は業者に任せると決めてしまってもいいかもしれませんね。

 

 

それも、妻と夫の共働きの特権なのではないかと。食器の後片付けも意外に面倒な作業の部類に入るので、ここは、自動食洗機を買う事をお勧めします。

 

 

元々システムキッチンには設置されているが、賃貸マンションでも取り付けは可能。この電化製品、日本ではあまり使用率が高くないとか。

 

 

外国では8割、9割使用するのだが、日本では、3割程との調査もあります。これは、食洗機は贅沢品とまだまだ思われているから。しかし、買えば意識がガラリと変わるでしょう。手洗いよりも、綺麗に仕上がるのはもちろんの事、水道料金も節約出来るのですよ。

 

 

乾燥もしてくれますから、殺菌効果もありますし。さらに、食洗機を使用している間に、別の作業が出来るので、時間が買えるのです。これが一番重要なことです。それに、家事を手伝ってくれない夫でも、食洗機に入れるだけなら、やってくれる可能性もあります。

 

 

贅沢品と考えないで、時間を有効に使える素晴らしい電気製品と考え購入してほしいです。クリーニングにしても、こちらもまとめておいて、一袋で幾らという宅配で受け付けてくれる業者がありますので、いちいちお店に出しに行って、取りに行く無駄な時間を省きましょう。布団も丸々洗ってもらえるサービスもありますよ。

 

 

そして、フルタイムならではの急な残業があり、帰りが遅くなった場合は、思い切ってデート気分で夫と外食に行ったり、デパ地下でお惣菜を買って帰るのも、女性が家事と仕事を両立していくコツの一つです。

 

 

どれも、「贅沢」と取られがちですが、夫婦がフルタイムで働いている間に出来る「贅沢」と割り切って、ストレスを溜めないように、キャリアを積んでいって下さい。家事に押しつぶされると仕事にも影響します。

 

仕事で疲れて、家事で疲れると、家庭もうまくいきませんし。平日は仕事と家事、休日は2人の時間。使えるものは、うまく利用しながら、共働きをしていってください。

スポンサーリンク



ページの先頭へ