職場の飲み会が苦手というあなたに教えるおすすめ対処法

仕事の疑問

仕事そのものには悩みはなく、また、職場の人間関係にも大きな問題を抱えてはいないけれど、飲み会だけは苦手という人は少なくありません。

お酒が飲めないためにそう思うケースもありますし、お酒自体は嫌いでないのに、仕事関係の飲み会になると苦痛を感じるケースもあるでしょう。

 

では、どう対処したらいいのか?その対処法について紹介していきたいと思います

 
スポンサーリンク




 

まずは飲み会に参加してみることから始めよう

飲み会に参加

職場のふだんの飲み会なら、まず「断らずにつきあってみる」というのがスタートラインです。

 

「苦手だから」と避けてばかりいたのでは、いつまでたっても苦手意識はなくなりません。「とにかく、参加する」のが、最初の一歩です。

 

飲み会での苦手意識を無くす方法

 

参加したら、「店の従業員になったつもりになる」のがコツです。

 

注文取りをしたり、空いた皿の片づけをしたり(テーブルの隅に移す)、従業員がやるようなことを率先してやりましょう。要するに、「雑用係」になるのです。
自分で用事を作るようにすれば、その間は余計なことは考えずに動くことができます。

 

「じっと末席でおとなしくしている」から、苦痛を感じるわけです。自ら進んで仕事をすれば、そうした苦痛を感じることはなくなるにちがいありません。

 

とはいっても、常に仕事があるわけではないでしょう。手持ち無沙汰の時間も必ず訪れます。その時間は「人間観察」に充てるのがおすすめ。ふだんとはちがう、お酒が入った時の職場の同僚、上司の「顔」をしっかり観察しましょう。

 

その観察による人物評価は仕事に生かせますし、「細かい観察」をすることで、苦手な飲み会を「なんとなくやり過ごすこと」ができるのです。こうした対処法は、ふだんの飲み会だけではありません。

 

「忘年会」「新年会」「歓送迎会」「花見」など、欠席しにくい特別なイベントにも使えるテクニックです。

 

そうした大きな飲み会、イベントの時は、ぜひ早い段階で、幹事役の人に「お手伝いさせてください」と申し入れましょう。

 

幹事役の人は「アシスタント」を必要としています。大規模な会はもちろん、そうでなくても、「アシスタントがいてくれればなあ」と思っている幹事が少なくありません。というより、「自分一人ではしんどい」と考えている幹事がほとんどといっていいでしょう。

 

ですから、あなたが自ら「お手伝いを」と申し出れば、幹事役の人は喜ぶにちがいありません。幹事役の人の、あなたへの信頼度を高めることもできるのです。
忘年会や新年会では、ビンゴ大会などの余興やゲームが必ず用意されます。

 

その雑用係をすれば、「どうふるまっていいかわからない」と悩むことはなくなります。

 

人間、忙しくしていればいるほど、悩みを感じることはなくなるのです。「悩みを感じる余裕がなくなる」と言い換えてもいいでしょう。

 

ポイントは「飲み会の間は、できるだけたくさん体を動かす仕事をする」ということです。

参加しないと決断したときはどう行動すればいい?

断る場合

 

気持ちはものすごくわかります。自分が苦手な人も来るでしょうし、気を使わなくてはいけないし、仕事が終わった時間休みの日である時間をお金を出して嫌な気持ちにならなくてはいけないんですから。

 

 

飲み会自体は私は大嫌いです。どうせお金を出すなら仲の良い人たちだけで集まってのみたいです。私は会社の飲み会に一度しか参加したことがありません。その一度で見切りをつけました。

 

飲み会に参加しないことのデメリットとして

 

  1. 飲み会の次の日の話についていけない
  2. 上司からまありよく思われない

 

 

などがあります。どうしても日本というのはいかに会社のために自分の時間を使えるか?ということが評価につながるといった風習のようなものが残念ながらいまだに残っています。

 

もしあなたがそういった会社で働いているのだとしたら、正直は周りよりも仕事を頑張らなければ評価をしてもらえない可能性があります。

 

なのでその会社でずっと働きたいと思っている場合は3回に1回くらいは参加しましょう。私の場合はその会社で長く働く気がなかったので一度しか行きませんでしたが・・・

 

断るときも予定が入っている。それだけでいいです。大事なのは早めに断っておくことです。断るのが遅くなってしまうと、相手を不快な気持ちにさせてしまう可能性があるのでそこは穏便に行くためにも早め早めの行動をおこすことを強くおすすめします

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ